東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬用歯周病予防歯磨
英国系製薬企業グラクソ・スミスクラインが新たな薬用歯槽膿漏予防用ハミガキブランド『カムテクトTM』を発売。
及川光博氏がブランドキャラクターを務める、CMが全国オンエアされており、興味を持った方もいることと思います。


 プレスリリース
 
 「カムテクト」 グラクソ・スミスクライン - 薬事日報


同社は知覚過敏抑制効果を謳った「シュミテクト」ブランドで一定の評価をうけ、シェアを広げているところですが、味については賛否分かれるところのようです。



s-カムテクト1      s-カムテクト2


先般、「カムテクト」の試供品を入手し使用してみました。
塩味で甘みはなく、タ○ガー○ームを思わせる刺激的な香り、しかも色は真っ赤。
やや草っぽい味であまり評判の芳しくない「シュミテクトの歯周病ケア」も何のその、個性的な味付けが受け入れられるかどうかは、微妙なところです。
継続して使用すれば一定の効果は期待できそうですが、歯周病ケアにはブラッシング方法によるところも大きく、一度かかりつけ医による指導を受けられることをお勧めします。


 人気ブログランキング参加中・・・私は3日降参してしまいましたが…、こちらもヨロシク→ 人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト
鳥インフルエンザに耐性変異
中国で多数の感染者を出しいるH7N9型の鳥インフルエンザで、上海の患者2人のウイルスが治療薬「タミフル(一般名:オセルタミビル)」が効かない耐性を持っていたことが専門家の臨床調査で判明。
28日、上海と香港の研究チームの論文が英医学誌ランセットに発表されています。



  Association between adverse clinical outcome in human disease caused by novel influenza A H7N9 virus and sustained viral shedding and emergence of antiviral resistance


今回の研究結果によれば、上海市公共衛生臨床センターでH7N9型鳥インフルエンザに感染した患者14人にタミフルを投与し病状を監視したところ、 3人はウイルスが増加し続け症状が極めて重くなりました。
このうち88歳と56歳の男性のウイルスはタミフルが効きにくくなるよう遺伝子に突然変異が見られたとのこと。

結局3人のうち2人が死亡し、残る1人も血液の再酸素化のため複雑な治療が必要になったとしています。

14人の患者全員が肺炎を併発しましたが、他の11人についてはタミフルを含む「ノイラミニダーゼ阻害薬」に分類される 抗ウイルス薬による治療でウイルス量が減少一定の効果は認められているとのこと。
しかし、28日のプレスリリースでランセットは、 研究グループはH7N9型ウイルスがこうした抗ウイルス薬により耐性を持ったと考えているとし、大流行に備える際、考慮する必要があるとコメントしています。


2008年に欧州で流行しタミフルが極めて効きにくいAソ連型(H1N1)インフルエンザや、変異耐性化のメカニズムについては以前ブログでも紹介したように、これまで日本や韓国、台湾など東アジアでは検出されていませんでした。

  タミフル耐性の仕組みを解明


タミフルへの耐性を持つH7N9型ウイルスが臨床調査で確認されたのは今回が初のこととなります。
しかもこの3人の患者のうち1人は、タミフルの投与後に初めて薬剤耐性を示したとされています。

H7N9型の治療には、今のところタミフル、リレンザ、ペラミビル(peramivir)といった、ノイラミニダーゼ阻害薬だけが有効であることが分かっています。
しかし、今回の発見によりその唯一有効な治療薬への耐性が、治療によって引き起こされてしまうのではという懸念が高まります。

何時その威力を増して急襲してくるやも知れぬ新型インフルエンザに対し、タミフルの大量備蓄が逆に耐性異変に拍車をかけるようなことにならぬよう願うばかりです。

なお、同研究チームでは早期治療が最善の対応策であることに変わりはないと強調しています。


 人気ブログランキング参加中・・・何より手洗い・うがい、予防が第一、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


勤務医の負担深刻
全国医師ユニオンが勤務医約2000人を対象に行った労働実態調査によれば、半数近くが健康に不安を持ったり、業務負担が増えたと感じたりしていることが分かりました。

勤務医アンケート

  勤務医労働実態調査2012 シンポ後の声明 最終 pdf


アンケート調査は今年6月~10月、小児科学会など4学会や医療団体を通じ、大学病院や公立病院、診療所などの医療機関で働く勤務医を対象に実施。
男性医師1661人、女性医師447人の計2108人からの回答を集計しています。
回答者の勤務地域は、都市部が55%、過疎地域が4%、その他の一般地域が41%。
勤務形態は、常勤が82%、非常勤が8%、初期研修医が5%でその他は大学院生などでした。

それによれば、この2年間で業務負担が増えたかの問いには、44%が「増えた」と回答、「減った」は17%にとどまっています。
健康状態については、「不安」38%、「大変不安」5%、「病気がち」4%と、半数近い47%の勤務医が何らかの不安や問題を抱えていることが分かりました。

またストレスについては「強く感じている」13%、「感じることが多い」54%、「ストレスのため投薬などの治療を受けている」4%と、合わせると71%を占めていました。

また、「最近職場を辞めたいと思うことはあったか」との質問には、「いつもあった」8%、「ときどきあった」26%、「まれにあった」28%と全体の6割以上が、少なくとも一度は「辞めたい」と考えたことがあるなど、勤務医が身体的、精神的な負担を抱えながら勤務を続けている深刻な実態が浮き彫りになっています。

回答者の83%は、勤務先の病院での医師不足を感じていると答え、医師の偏在についても68%が都市生活の利便性と大きく関係していると回答。
当直明けにそのまま終日勤務している人も79%に上るなどの実態も明らかになっています。


一方、患者側との医療トラブルをめぐっては「診療に支障を来すストレスがある」とした医師が18%、「かなりストレスがある」41%、「多少ある」41%で、「ない」は0%でした。


背景には、医療技術と高齢化の進行から業務量が増え、医師1人当たりの労働量が増加したことが挙げられます。
負担軽減が進んでいない状況はますます深刻となり、医師の養成数を「増やすべき」との回答も半数以上を占めました。

さらに、軽症なのに時間外に来院する「コンビニ受診」や、理不尽な要求をする「モンスター患者」への不満も多く、「ストレスで寿命が縮まっています。自殺してもおかしくない状況」、「このままでは過労死する」、「友人の研修医が過労で鬱病に」といった切実な回答も寄せられています。

さて、医療崩壊にもなりかねない医療の現状を踏まえ、新政権には一刻も早い対応が望まれているところです。


 人気ブログランキング参加中・・・医療過誤の原因は負担増も、こちらもヨロシク!→ 人気ブログランキングへ 



横浜市妊婦歯科健診
横浜市では10月1日から、市内在住の妊婦を対象に歯科健康診査を開始しています。

正常な妊娠であっても、母体には様々な生理的な変化が起こり、口の中においても女性ホルモンの増加や、つわり、食生活のパターンの変化などが、環境を悪くし歯肉に炎症を起こしやすい時期でもあります。

重症化すると歯周炎に進行し、歯を失うばかりでなく、全身的な影響を与えることもあり、早産・低出生体重児などを含む妊娠出産合併症の発現率のリスクが高まるといった報告もあります。


また、生まれて最初に生える下顎乳中切歯は胎生7週から、第1大臼歯(永久歯)も胎生4ヶ月には既にでき始めています。
丈夫な歯をつくるためには、カルシウムやリン、タンパク質、ビタミンA・C・Dなどの栄養素を含む食品をバランス良く摂取することが重要です。

お母さんの栄養が、自身の健康を保つと同時に赤ちゃんの歯の正しい発育を促しており、かかりつけ歯科医のもとで歯周病の早期治療と継続的な口腔ケアの大切なことが分かるかと思います。



妊婦健診


横浜市に住民登録がある妊婦の方は妊娠期間中に1回、市内の歯科医院にて無料で健診を受けることができます。

指定実施医療機関には横浜市発行の証票(プレート)が掲示されているほか、こども青少年局のHPからも検索できます。


   妊婦歯科健康診査(こども青少年局こども家庭課)



受診の際には「妊婦歯科健診受診券」「母子健康手帳」「かかりつけ産婦人科の診察券」が必要となります。
受診券をお持ちでない場合には、お住まいの区の福祉保健センターにて事前に交付を受けて下さい。


健診は予約が必要で、受診券記載の項目に基づいて、現在歯の状況(健全歯、むし歯、処置歯)、歯周病の状況(歯石の有無、歯肉の炎症の有無)などについての口腔内診査及び歯科保健指導を行います。

受診の時期はおおむね妊娠12週~27週(安定期)とし、歯科健診にあたり心配なことがありましたら、かかりつけ産科医療機関でご相談ください。




なお、原則として治療が必要な場合には、検診当日には行わず後日となり、通常の保険診療の一部負担金がかかります。
また、出産後の受診券の利用はできませんのでご注意下さい。


 人気ブログランキング参加中・・・歯周疾患検診・口腔がん検診も行っております、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


亀田メディカルセンター
メディアでも取り上げられ話題となっている、千葉県鴨川市の亀田病院に、先日、父(一郎)が入院していたことから、見舞いがてら見学に行って来ました。
昨年末、検診で肺に影が見つかり、複数の病院にて処置方法を検討、体力も十分にあり手術で摘出するのがベストとの結論に達したものです。


亀田メディカルセンター


病院は、イルカのショーなどで知られるの鴨川シーワールドの斜め向かいに位置し、東京駅八重洲口より高速バス(アクシー号)が玄関前まで1日20往復運行されているほか、 外房線特急「わかしお」を利用すれば安房鴨川駅まで2時間弱で到着します。

同病院は、1948年に有限会社亀田総合病院として発足し、54年医療法人鉄蕉会(てっしょうかい)亀田病院となりました。
さらに64年、総合病院の認定を得て、現在の「亀田総合病院」に改称、病院グループの経営は亀田ファミリーによって運営されてきました。


鴨川随想2


今回、父が入院していたKタワーは13階建ての新病棟で、350床のすべてが外房の海を望むオーシャンビューの個室となっており、これまでの病院のイメージとはかなり趣を異にしています。
各階のフロアは病院が交付するICチップ付きカードを入り口でかざさないと中に入ることができません。
カードは一般ビジター用と家族など患者の看護に当たるサポーター用に分かれていますが、ビジターは1階のサービスセンターでの手続きが必要となります。
認証を受けてフロアの中に入ると、絨毯を敷き詰めた通路に病室が並んでいる外観、また、ソファベッドやシャーワールームを備えている室内も病院の雰囲気はなく、ホテルそのもの。
空調・換気設備を徹底するなど、病院独特の臭気の排除にも気を配っているほか、廊下にアンテナを設置し、病室内での携帯電話の利用も可能となっています。
影響を受ける可能性のある医療機器については、病院側が適切な対処を行っているとのこと。


廊下


最近では他の病院でも珍しくなくなりましたが、1階ロビーにはギフトやサプリメントショップ、シアトル系コーヒーショップ、コンビニといったテナントが入居。
さらに、女性専用フロアの4、5楷にはリラクゼーションサロン、ビューティーサロンなどが。
また、別棟にもベーカリーや、愛犬のお預かりサービスや、シャンプー・トリミング、ペットとカフェタイムが楽しめるペットラウンジなどもあり、至れり尽くせりといった状況です。


最上階はおしゃれなレストランフロアになっていて、外房のダイナミックな海岸風景を楽しみながら、旬の地場産の素材を使用した和食、イタリアンといったメニューを堪能、鉄板焼きコーナーも完備されています。
もちろん、ビール、ワインなどのアルコール類もあり、特に焼酎は様々な銘柄が揃っているのには驚きました。
入院患者であっても、主治医の許可があればお酒を楽しむことができます。


霊安室入口


霊安室1      霊安室3


今回、口腔外科の外来など病院内を一通り見学させてもらいましたが、Kタワー13階の絶景のポジションにある霊安室には驚きました。
当初反対意見もあったものの、天国に一番近い場所へとの院長のこだわりからとのこと。
同業者からの批判も少なくない同病院ですが、患者やその家族など病院を訪れる人たちをまず第一に考えた徹底したサービスぶりには、他には真似できないだろうとの自信さえ感じられました。


ところで、多くの方々にご心配をおかけしましたが、お陰様で父の手術も無事に終わり2週間ほどの入院で自宅に戻ることができました。
病理組織診断の結果はもう少し先になりますが、今週からは休んでいた教室の方も再開、精力的に活動を始めていますのでご安心下さい。


 人気ブログランキング参加中・・・医療もサービス業、こちらもヨロシク!→ 人気ブログランキングへ 


ピーナツの渋皮がアルツハイマー病抑制
岐阜薬科大学分子生物学研究室の古川昭栄教授(神経科学)らのグループによれば、ピーナツの渋皮にアルツハイマー病の進行抑制が期待されるポリフェノール成分が豊富に含まれていることが分かりました。


同教授と特殊高機能性化学品メーカー「岐阜セラツク製造所」の森大輔主任研究員ら4人のマウスを使った共同研究により有効性が確認され、成果が26日岐阜市内のホテルで開かれる同大の機能性健康食品研究講演会で発表される予定です。


アルツハイマー病は、アミロイドベータ蛋白と呼ばれる異常な蛋白質が脳全般に蓄積するために、脳の神経細胞が次第に萎縮し、知能や身体全体の機能が衰えていく進行性の疾患です。
これまでにも紹介してきたように、そのメカニズム解明や新薬開発に向けて、多くの研究成果が発表されているものの、残念ながら根本的な治療法が確立されていないのが現状です。


古川教授らはアルツハイマー病の治療方法を研究する中で、老化やストレスなどで脳の機能を正常に保つのに必要なたんぱく質(神経栄養因子)の機能が低下したり産出量が減ったりして、記憶力が衰えることに注目。
神経栄養因子の機能を高める効果のある植物成分を探しました。

野菜や果物など60種類の成分を調べたところ、中国で不老長寿の豆と呼ばれるピーナツの渋皮に含まれるポリフェノールに神経栄養因子と類似の働きがあることを確認。
アミロイドベータ蛋白質をマウスの脳に投与してアルツハイマー病の状態を引き起こし、渋皮から抽出したポリフェノールを食べさせると、食べさせないマウスよりも記憶力が高く保たれることが判明しました。

しかし、なぜピーナツの渋皮のポリフェノールだけに神経栄養因子とよく似た働きがあるのかについては分かっていないとしています。
古川教授は「神経細胞が活性化するメカニズムを解明するのが今後の課題。予防薬として活用できるように努力したい」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・ピーナッツの渋皮はむかずに食べよう、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 


チョコレートが心臓病のリスク軽減に
欧州心臓病学会(ESC)で発表された新たな調査によれば、チョコレートの摂取により、心臓疾患の発症リスクが3分の1減少する可能性があることが分かりました。
これまでにも、カカオ豆をベースにしたダークチョコレートにはポリフェノールが含まれており、強力な抗酸化作用があるほか、脂肪燃焼を促進する効果、血栓を予防して血液をサラサラにする効果、血管を守る作用、血流を改善する作用などさまざまな健康効果があることがわかっています。

特にポリフェノールの中でもフラバノールは、心代謝障害の発症リスクを減少させる効果があるとの複数の研究結果が報告されています。


ケンブリッジ大学のオスカー・フランコ氏とその調査チームは、チョコレートの摂取と心臓血管病に対するその健康効果との関連性を調べるため、計10万人を対象にこれまで実施された7件の研究結果を分析。
調査結果が英医師会誌(BMJ)の電子版に掲載されています。

  Chocolate consumption and cardiometabolic disorders: systematic review and meta-analysis


それによれば、7件中5件の研究でチョコレートの健康効果が示されたものの、残り2件では示されなかったとしています。
総合的な結果では、チョコレートの消費水準が最も高い状態と最も低い状態を比べた場合、消費水準の高いほうが、心臓血管病のリスクが37%、心臓発作のリスクが29%低かったことが明らかになっています。

フランコ氏によれば、7件の研究をまとめた今回の調査は完全なものではなく、ダークチョコレートとミルクチョコレートの区別をつけていないほか、健康効果がチョコレートの摂取だけによるものなのか、他の要素が関係しているのかを調べるには一段の調査が必要だとコメントしています。

ただし、健康に良い成分はビターカカオに含まれており、砂糖や脂肪分に含まれているのではないことから、市場に出回っているチョコレートの多くは非常にカロリーが高く、食べ過ぎは肥満や糖尿病ばかりか心臓病のリスクをも上昇させる恐れがあるとの注意も促しています。


リラ君はお嫌い!カラフル・マンスとバウム・ラスク      カラフル・マンス 2



ところで、先日長女が北海道へ行った折りに六花亭のチョコレート「カラフル・マンス」を買ってきました。
マンスショコラとは、フランス語で薄いチョコレートの意味らしいですが、厚さ2mm程のおしゃれな手作りチョコで8種類の味が楽しめます。
内地の物産展などではまだ見かけませんが、いずれ人気が出るのは間違いなさそうです。

すべて食べ比べてみましたが、やはり私の好みとしてはビターでしょうね。


 人気ブログランキング参加中・・・猫にチョコを与えてはいけない、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。