東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスプレゼントは自分に
今日は24節気小雪(しょうせつ)
まだ本格的な冬の訪れではないものの、北国からは雪の便りが届く頃とされています。


雪不足のためオープンが待たれていた道内のスキー場も、ようやく滑走可能なゲレンデが出てきたとのこと。
また、街中ではやや控えめながらもイルミネーションが輝き、恒例のクリスマスセールが始まっています。


プランタン銀座が、同店メールマガジン女性会員を対象に実施したオンラインアンケート「2012年版 クリスマスに関する女性の意識調査」の結果が発表されていました。


  デパチカドットコム


それによれば、今年のクリスマスプレゼントには期待せず「自分へのご褒美」としての予算が大幅アップしているとのこと。

「恋人やパートナーからのプレゼントを期待するか」との質問には、「期待する」56%、「期待しない」44%。
期待するプレゼントの金額は平均3万2783円で、昨年比約300円マイナスに。
一方、「恋人やパートナーにプレゼントを贈るか」という質問では、「贈る」64%、「贈らない」36%となっており、予算は平均1万9820円と、こちらは昨年よりも約200円アップしています。

最も高額だったのは「自分へのご褒美」で、平均予算は4万2586円と、昨年比で約3500円のアップ。
そのご褒美の具体的な内容については、「洋服」が1位、次いで「コスメ」、3位には「スイーツ」がランクインしています。


ところで、プランタン銀座では11月26日(月)~12月4日(火)、本館5階エースパース・プランタンにてネコアート&グッズフェア、ねこ展の開催が予定されています。

「来場プレゼント引替えチケット」をプリントアウトして持参すれば、先着1000人に、アイシア「猫の王国ロイヤルブレンド」(猫缶)がもらえるそうです。



 人気ブログランキング参加中・・・忘年会の案内もちらほら、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
生活用品、おもちゃも手動回帰
東日本大震災以降、手動の生活用品や電気を必要としないアナログのおもちゃが人気を集めているようです。
停電した時でも使うことができる便利さに加え、電力不足による節電意識の高まりも追い風となっていることが窺われます。

震災直後に電池の品薄状態が続いたこともあって、電池がなくてもハンドルを回して充電できる多機能ラジオが脚光を浴び、量販店や通販などで大きく販売を伸ばしています。
1分間ハンドルを回すと60分程度ラジオを聞くことができ、懐中電灯としての使用や携帯電話の充電も可能としています。


多機能手回し充電ラジオ

こちらネット通販でも品薄気味で、実勢価格は6000円前後といったところのようです。

また、コーヒー豆を粉にするコーヒーミルも、手動の商品が電動よりも量販店などで注目されています。
手動コーヒーミルを製造する京セラの営業担当者は「電気を使わないことをセールストークに使っている」とコメントしています。


アナログおもちゃ

一方、玩具大手のタカラトミーでは、ボードゲーム「人生ゲーム」の販売が震災以降好調で、売上高が前年より2割以上多い月が続いているとのこと。
広報担当者は、節電で1つの部屋に集まることが増えたため、家族で遊ぶことができるゲームが人気となっているのではないかと分析しているようです。

玩具メーカーのビバリー(東京)でも、ジグソーパズルの売上高が前年より2割以上増加。
中でも透明のピースを組み立てる「クリスタルパズル」は見た目が涼しげで夏場からよく売れているとしています。
ただし、ピースがすべて透明なだけに組み立てに暑くなりそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・スローライフを見直す機会にしたい、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


LEDの売れ行き急増
東日本大震災の影響から電力不足が懸念される中、白熱電球に比べ消費電力が少ないLED(発光ダイオード)電球を始めとする省エネ家電の売り上げが好調なことは先日も紹介してところです。

  節電家電が好調


節電意識の高まりからこれを機に買い換える動きが加速し、先月下旬の民間の調査ではLEDの販売が初めて白熱を抜いたことも明らかになっています。

東京の調査会社GfKジャパンによれば、先月の電球全販売個数に占めるLEDの割合は42.3%と前年同期比2.9倍になり、白熱39.0%を大きく上回りました。

省エネ・超寿命が売りのLEDですが、価格がネックとなり全体に占める割合は10年夏ごろから20%前後で推移していたものの、震災後の4月には月刊ベースで29.6%、5月は37.2%と急拡大を見せています。


また販売数量の増加に伴い価格低下が進み、5月の平均販売単価は約2300円と、前年同期からおよそ2割値下がりするなど、この2年で半値以下に。
さらに、プライベートブランドの新製品を期間限定ながら980円で売り出す家電量販店も現れています。


 人気ブログランキング参加中・・・ネットでは激安700円台を発見、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


買いだめで売り上げ増
日本フランチャイズチェーン協会の発表によれば、主要コンビニエンスストア10社の3月の既存店売上高(速報値)が前年同月比7.7%増となる6465億円と大幅なプラスとなったことが明らかになっています。

前年実績を上回るのは5ヶ月連続となりますが、東日本大震災の影響で東北を中心に多くの店舗が休業したなかで、清涼飲料水やカップ麺などの買いだめが売り上げを押し上げたものと見られます。

1回の買い物での1人当たりの購入額を示す客単価も8.3%増の614円と大幅な伸びとなり、店頭で深刻な品薄を招いた震災後の需要急増を裏付けた形となっています。

一方、来店客数は0.6%減と5ヶ月ぶりのマイナスなり、津波の被害により岩手、福島の各県などで休業が長引いた店舗があったほか、外出を控える動きが全国的に広がったのが響いたものと思われます。


ビールやペットボトル飲料、ヨーグルトなどは供給不足から品薄状態が現在も続いており、スーパーの店頭にない商品をコンビニで見つけて購入することもしばしばです。
買いだめする気はないものの、見つけたと時に購入しておかかいと、今度いつ出会えるか分からないといった焦りも手伝ってついつい手が伸びてしまいます。

自粛ムードから消費意欲の低下も懸念されており、今後はさらに厳しい状況も見込まれそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・500ml入りの缶飲料が品薄、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


年末恒例の「だいく」
先週、ベートーベンの第9交響曲のチケットを頂いたことから、新日本フィルの特別演奏会を聴きに行ってきました。
今や「だいく」は年の瀬には欠かせない音楽となっていますが、単に演奏を聴くだけではなく実際に合唱を行う、参加型のコンサートも増えているそうです。

ところで、名曲といわれる交響曲第9番はドボルザークをはじめ、ブルックナーやマーラー、シューベルトなど数多くありますが、なぜベートーベンだけがこぞって演奏されるのでしょうか。
この時期に国内で演奏されるベートーベンの9番は1000を数えるともいわれていますが、日本特有の現象のようです。
母国ドイツでも年末恒例としているオーケストラは数件あるものの、第9の演奏自体がそう多くはないと聞いています。

そもそも、日本で年末に第9が頻繁に演奏されるようになったのは、戦後間もない1940年代後半、オーケストラの収入が少なく、楽団員が年末年始の生活に困る状況を何とかしようとしたのがきっかけでした。
第9は合唱団も含めて演奏に参加するメンバーが多く、しかも当時クラシックの演奏の中では、確実に客の入りが見込める曲目であり、NHK交響楽団の前身、日本交響楽団が年末に演奏、それが定例となったようです。
60年代以降、国内の年末の第9の演奏は急激に増え、現在に至っています。


年の瀬には1年を振り返り様々な反省とともに新しい年に向けて気合いを入れたいとする思いから「だいく」を聴いて高揚、これが日本人の感性に合ったということのようです。
ベートーベンはあまり好みではない私ですが、何やら元気をもらっての帰宅となりました。


 人気ブログランキング参加中・・・忠臣蔵につながるものも…、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


思い出の遊びは何ですか?
三菱電気エンジニアリングが、今年9月に同社社員を対象に行った「思い出の遊びアンケート」(有効回答499名)の調査結果を発表しています。

  思い出の〝遊び″アンケート


それによれば、小学生の時の思い出の遊びのトップは、男性が「野球」20.9%、女性は「ゴムとび」31.4%でした。
2位以下は男性が、缶けり、メンコ、ケイドロの順で、女性は、ケイドロ、人形遊び、鬼ごっこと続いています。
いずれも上位に、アウトドアでの遊びがランクインしています。

ところでケイドロという遊びを私は知りませんでしたが、地域によってドロケイとも呼ばれ、警察チームと泥棒チームに分かれての追いかけっこだそうです。
20代・30代で上位にランキングされている比較的新しい遊びのようですが、いつ頃から流行りだしたのかご存知の方はいらしゃるでしょうか?
いずれにしても世代間でかなり違いがあり、何で遊んでいたかで逆に年齢が分かってしまいますね。


世代別の思い出遊び


また遊び場としては、男性は「空き地」が48.5%、女性は「家」が57.0%でトップでした。

さらに、「もう一度やってみたい子ども時代の遊び」との質問に対して最も多かったのは、男性が「たこ揚げ」9.6%で、女性は「ゴムとび」12.8%でした。

男性は「今の自分がどこまで高く飛ばせるか試したい」、女性では「昔ほど飛べないと思うけどチャレンジしてみたい」といったコメントが印象的でした。


 人気ブログランキング参加中・・・さすがにベーゴマは無いですね、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


飼い犬の性格を診断します
麻布大学(相模原市中央区)獣医学部の菊水健史教授らのグループでは、飼い犬の性格を客観的に診断するシステムを手掛け、ネット上で運用を始めています。

犬にものんびりタイプや神経質タイプなど多様で、中には問題行動などで悩む飼い主も多いといわれています。
統計的な解析から、自分の飼い犬の行動や性質がほかの犬や同じ犬種と比べ、どの程度際だっているかによって、気性の荒さなどそのタイプを知ることができます。
また、行動に問題があれば、診断をもとに専門機関から原因や対処法について助言を受けることもできるそうです。


犬がマンションなどの環境になじめずストレスを抱え、むやみにほえたり噛みつくなど攻撃的となり、対処に困った挙げ句に、飼い主が捨ててしまう例も少なくないそうです。
その背景には、単にかわいいからといって、ライフスタイルに合っていない犬種を飼うミスマッチから問題が起きるのではと菊水教授は分析しています。


システムを構築した菊水教授(右)と高木代表


「C-barq(バーク)」というシステムはペンシルベニア大が開発したもので、既に米国で本格運用されています。
日本版では菊水教授と情報サービス会社「シンビオ」の高木智春代表が計1万匹分の情報をもとに約3年かけてアレンジし、飼い犬の行動を客観的に測定するシステムを構築、実用化しました。

利用者はインターネット上のサイトに会員登録(無料)し、「家の庭先、出かける前」「道を散歩」「公園に到着」「動物病院」「家でくつろぐ」など10の場面での計80の設問について、飼い犬の行動を入力します。

たとえば「郵便配達や宅配の人が、あなたの家に近づく時」に「ほえる」「うなる」「歯をむき出す」ことがあるかどうかを、「ときどき」「しばしば」「たいてい」といった頻度で回答。
さらに「パクッとかみつく」「かむ」「かもうとする」行動があるかどうかについても答えます。

これを心理分析で使う数式に当てはめると、その犬の気質が数値化され、「飼い主への攻撃」「見知らぬ人への攻撃」「見知らぬ人への恐怖」「物音や影などに対する恐怖」など13の項目ごとに「平均的」「少し高め」「かなり高め」などとの判定結果が出ます。


定期的に診断することにより、攻撃性が突然増したときには「痛みが原因では」などと推測し、病気の発見にもつながるほか、犬の気質や精神状態を把握し、親密な関係を築く一助になるものと期待されます。
さらに菊水教授は「今後は飼い主、獣医師が情報を共有できるようになれば」とコメントしています。


1万匹の犬全体の中での比較ができる簡易解析は無料ですが、飼い犬の気質をより詳しく知るには、犬種を踏まえた上での詳細解析が必要となり、犬種を限定した詳細解析は300円で以下のサイトからうけられます。

  C-barq:http://cbarq.inutokurasu.jp/(携帯用http://cbarq.inutokurasu.jp/m/


 人気ブログランキング参加中・・・リラ君にもやや問題行動が…、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。