東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
07 | 2006/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスベストをめぐって
 最近にわかに注目されてきた石綿(アスベスト)は天然の鉱物で、名前のごとく繊維状になっていて、極めて細い針のような物質です。
マスメディアでも伝えられているようにそれ自体に害があるわけではなく、飛び散る事、吸い込むことにより問題が生じます。一旦吸い込んだアスベストの一部は異物として痰のなかに混ざり、体外に排出されますが、大量のアスベストを吸い込んだ場合や大きなアスベストは除去されずに肺内に蓄積されます。

石綿が肺がんを起こすメカニズムはまだ十分に解明されていませんが、肺細胞に取り込まれた石綿繊維の主に物理的刺激により肺がんが発生するとされています。
また、喫煙と深い関係にあることも知られています。

癌の一種である悪性中皮腫は肺を取り囲む胸膜、肝臓や胃などの臓器を囲む腹膜、心臓及び大血管の起始部を覆う心膜等にできる悪性の腫瘍で潜伏期間は20~50年といわれています。


かれこれ20年前になろうかと思いますが、その危険性が指摘され出した頃まわりを見回せば歯科でもアスベストを含んだ製品がありました。
包帯剤と呼ばれる歯科用の止血剤で実際にはペースト状に練って使うセメントのようなものなので患者さんの健康への影響はないと言われていますが91年販売中止になっています。

また歯科技工でも鋳造作業の際にリボン状のアスベストが鋳型を取り囲む緩衝材として使われていた他、溶接台のブロックや炉の内壁にも使われていました。さすがに製造中止になって10年以上たちますので今はもう使っている技工所もないと思いますが、昨年の新聞報道で過去に亡くなった歯科技工士の男性2人が中皮腫であった事からアスベストとの関連が指摘されています。



[ 続きはこちらから... ]
スポンサーサイト
キレイすぎは良くない?
子供の頃、お金をさわったらあと手を洗いなさいと言われたものです。
オーストラリア南東部にあるバララット大学とニュージーランドの研究機関が、カフェやパン屋、精肉店、スーパーなどで使われていたお金を1年間にわたり調査した結果が発表されました。

研究チームが紙幣と硬貨の表面に付着している細菌の数を調べたところ、大半のお金の細菌はわずかで硬貨の方が紙幣より少なかったそうです。
中には食中毒を引き起こす細菌も見つかりましたが低レベルだったようです。

調査を実施したブリースクープ講師(食品学専攻)は、「意外な事に紙幣や硬貨はさほど汚くない、付着している細菌で病気になる可能性はあっても世間で考えられている程ではない。」と結論のコメントを述べています。
さらに今後は米、英、中国などでも同様の調査を行い国際的な比較を行う計画だそうです。

ちょっと前になりますが、確かアメリカで公園に設置してあるトイレの便座の細菌を調査した結果が新聞に載っていたのを思い出しました。
結果はお金と同じように、思いのほか細菌数は少なく比較のため調べた手の表面の方がはるかに多かったと記憶しています。


ちまたに抗菌商品があふれる昨今、清潔すぎる社会、過剰に細菌や汚れを排除しようとすることが免疫力に影響を与えたりアトピーの発生を増加させるとも言われています。

人の皮膚は表皮ブドウ球菌が常在することによりバリアを形成しており、この細菌が皮脂の脂肪酸などを分解して弱酸性に保っていてくれるために健康でいられるわけです。
そもそも健康とは幼児期から沢山の種類の細菌に直接触れることにより得られるもので、体が細菌とのつきあい方を学び正常な皮膚常在菌叢と腸内常在菌叢を育て、健康が維持される仕組みになっています。

要は常在菌と病原菌のバランスの問題なんですね。これが崩れた時にバイキンの逆襲に遭うと言う事でしょうか…

話は戻りますが、きれいと言われてもやはりお金をさわった後は何となく気持ち悪いですし、子供にも今さら手は洗わなくてもいいなんて言えません。
あまり神経質になるのもどうかと思いますが、今までの習慣が急に変わるとも思えませんしね。

バイキンさん、これからもほどほどのお付き合いお願いしますね。

「惑星」から「矮惑星」に格下げ?
冥王星が惑星から外されるという歴史的転機に立たされています。

1930年に米国人天文学者、クライド・トンボーによって発見された冥王星(プルート)はギリシャ神話の冥界の王にちなんで命名されました。
冥王星発見の年に登場したディズニーのキャラクターで、ミッキーマウスの愛犬が「プルート」と名付けられたのも愛着の表れで、唯一同胞が発見した惑星が消えたしまうことに思いは複雑なようです。
今回の惑星の定義案をめぐり、米ワシントン・ポストは「ウォルト・ディズニーも、冥王星が惑星の地位にとどまることを望んでいるだろう」などと報じていました。

惑星の定義など難しいことは専門家にお任せするとして、「矮惑星」への変更が各界への波紋を広げているようです。
さしあたって教科書業界では来春の印刷に間に合わせるために大忙し、入試で混乱を招くようなことがあってはと大変です。

また気になるのは占星術の世界ですが、マスコミへのコメントはいたって冷静「今回のことは、冥王星を惑星と呼ばないようにするだけのことで、冥王星が消えてなくなるわけではないので、星占いとしては影響はない」のだそうです。

ところでクラシック音楽の世界にも、ホルストの組曲『惑星』というのがあります。
この曲が作曲された時にはまだ冥王星は見つかっておらず、組曲は「海王星」で終わっています。
その後コリン・マシュ-ズという作曲家が「冥王星」を作曲し、この「冥王星」付き『惑星』がこのごろ市場に出回るようになってきました。
こちらは消えてしまうのでしょうか?

アニメの世界にもありました「月にかわっておしおきよ!」、むかし子供とよく見ていました。
「セーラープルート」外部太陽系三戦士の一人として登場していますが、そもそもムーン(月)だって惑星ではないのでこれは良しとしましょう。

さてもう一つ、冥王星にちなんで命名された元素「プルトニウム」。1941年米国の化学者シーボルグによって発見され、核兵器や原子炉用核燃料として広く使われていますが、こちらは当分なくなりそうもありません。


赤ちゃん、夜は暗くしてあげて
常に照明のある環境でマウスの赤ちゃんを育てると、睡眠と目覚めのリズムが担う脳細胞の時計遺伝子の活動が乱れるという実験結果が米小児科専門誌に発表されました。

東北大病院周産母子センターと米バンダービルト大の研究チームによれば、24時間を刻む体内時計の中枢とされる脳の視交叉上核と呼ばれる神経核に着目した実験で、生まれたてのマウスを12時間ごとに明暗を繰り返した環境で育てたグループと、常に明かりをつけて育てたグループとに分けて、3週間経過後の時計遺伝子の活動を比較しました。

明暗を繰り返したグル-プは24時間に1回、一斉に時計遺伝子が正常に活動。
一方常に明かりをつけたグループは個々の時計遺伝子は24時間を刻むものの活動のタイミングはばらばらで睡眠などのリズムが異常になることがわかりました。

ヒトの体内時計の仕組みも基本的にマウスと同じとされ、新生児においても同様の影響を及ぼす可能性が示唆されています。
家庭でも夜通しの照明は体内時計のリズムを乱すことになり、特に赤ちゃんの成長には“昼の明かりと夜の闇の区別がある光環境”が必要であると結論づけています。
材料の安全性
携帯電話やDVD塗料などに使われるポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂の原料となる、ビスフェノールA(BPA)が大脳皮質の形成に影響を及ぼすとのマウスを使った実験結果が発表されました。

京都府立医大の研究で、妊娠したマウスに低濃度のBPAを初期から出産直前まで注射して胎児の脳への影響を調べたところ、脳室の周辺でできた細胞が分化したり脳の表面へ移動する速度が速く大脳皮質の形成過程が通常と異なっていました。

大脳皮質は細胞の分化や成長に影響を与える甲状腺ホルモンに関係し、神経ネットワークの構築と機能に悪影響を及ぼしている可能性が示唆されています。また近年増加している注意欠陥多動性障害(ADHD)等との関連も心配されます。

ポリカーボネート樹脂は、歯科でも仮歯や義歯の材料として認められており、日常何の疑いもなく使用していますがもしもその安全性に問題があるとすれば業界挙げての一大事にもなりかねません。

BPAは今までヒトへの毒性は証明されていませんが、脳や生殖異常を起こす環境ホルモンの疑いがあると指摘する研究者もおり今後解明のための総合的な研究を早急にお願いしたいところです。


「A級戦犯」とは…

 第二次世界大戦の敗戦国の戦争犯罪は、連合国による国際軍事裁判所条例に基づき「平和に対する罪」(A級)
「通例の戦争犯罪」(B級)「人道に対する罪」(C級)に分けられました。
日本では極東国際軍事裁判(東京裁判)が開かれ、戦争を指導した政府や軍責任者の「平和に対する罪を含む犯罪」が
裁かれ、この被告がA級戦犯と呼ばれています。
一方、B、C級を対象にした戦犯裁判では、捕虜への残虐行為や住民虐待・殺害など個々の行為が問われ、これらの被告がBC級戦犯と呼ばれています。
つまり「A級戦犯」とは、国家の指導的役割にいた人達
「B級戦犯」とは、部隊の指揮官クラス
「C級戦犯」とは末端の戦争犯罪を実行したとされる人達ということになります。
A-C級の名称は分類上の区分であって、罪の重さを示すものではなかったんですね。
BC級裁判は7カ国8つの政府によって約5700人が裁かれ、約900人の死刑が確認されているそうです。


A級戦犯としては極東国際軍事裁判により28名が起訴され、東條英機を始めとする7名が死刑判決を受け1948年12月23日に執行されました。


一方、裁判を免れたA級戦犯被指定者もいます。
 児玉誉士夫、笹川良一らとともにA級戦犯容疑者として逮捕されて巣鴨拘置所に収監された岸信介は不起訴により
釈放され、後に内閣総理大臣にもなりましたが今話題になっている方のお祖父様ですね。


その後1978年、靖国神社が死刑及び獄中死の14名を「昭和時代の殉難者」として合祀することになります。
靖国に戦死者以外が合祀されることは例外的であり、今の靖国問題の原点はここにあります。


戦犯は国際法によって裁かれたもので、国内法上の犯罪者には該当しないという意見もあるようですが、国際社会において
A級戦犯は今も戦争犯罪人として認識されています。


 


ところでスポーツ新聞の見出しなどに良く見られる転用で、企業倒産やスポーツチームの成績低迷に責任があると思われる人物を「A級戦犯」と呼ぶことがありますが、この場合には単に重罪人という意味で使われているようです。


 


薬剤情報提供料って何だ?
かつては薬を処方する際に他の医院からの重複や副作用、相互作用による事故を防ぐ目的でその薬局や医療機関が独自にサービスとして患者さんに案内書やメモなどを作製して渡している所がありました。

 96年4月から薬剤情報提供加算が、97年4月からは薬剤情報提供料と改められ導入されました。
患者さんに文章で情報を提供することに対して、言わばインフォームド・コンセント料を厚生省が認めたわけです。

ただしその背景には毎年下がる薬価と、低くなる薬価差益の穴埋め的な意味合いもあったように思います。

薬局で買うクスリには説明書がついているのになぜ病院でもらうクスリには付いていないのか、常織的に考えればわかりやすい説明書はメーカーが作って製品に添付するべきものです。

また薬剤情報提供料は情報公開の促進というだけでなく、95年7月に施行された製造物責任(PL)法がらみで医師、薬剤師はその責任をメーカーや行政側から、クスリ に関する責任を転縁されている事情もあります。

売り上げ重視の営業態勢など製薬業界の姿勢にも問題はありそうです。
たとえばすべてのクスリのシート一個ずつに日本語で商品名を記入し、効果や重篤な副作用、相互作用などもシートに直接記入したり、副作用情報を含めてクスリのしおりをきちんと提供するといったメーカからエンドユーザーである患者さんに直接、正確でわかりやすい情報提供のありかたについても根本的に考え直す時期に来ているのではないでしょうか。

医療費自己負担増の流れのなかで、「医者からもらったくすりがわかる本を見るから情報提供料は取らないで」と言われればさすがに請求出来ないでしょうし、医師や薬剤師を悪者にした医療費削減の方向へ持っていきたいのが厚生労働省の本音のようです。

単に医療情報公開のためにあの紙っぺらを渡しさえすれば良いのではなく、薬剤情報提供とはクスリを介した患者―医療者間のコミュニケーションを再構築する事が本来の目的であり、紙はそのためのツールの一つにすぎないと私は考えています。


三浦海岸納涼祭り“花火大会”
今日は、三浦海岸納涼祭り“花火大会”が午後7時30分より開催されます。
三浦海岸の夜を彩る3000発の打ち上げが予定され、沢山の人出でにぎわうことでしょう。
なお当院でもイベントに出資、協賛させていただいております。

お問い合わせ:三浦市観光協会 ℡046-888-0588

テーマ:花火大会 2006年 - ジャンル:地域情報

ごあいさつ
夕方急に、Kさんから仮歯が取れたとの連絡がありました。
Kさんは15年前クリニックが開業した当日みえた初めての患者さんです。
それ以来通ってはくれるものの仕事が忙しかったりで、完治する前に中断を繰り返しなかなか思った様な治療ができずにいました。

歯の治療は時間もかかるしなかなか面倒で、痛くないからまあいいか…
ということになりがちですね。

かく言う私もインレー(歯に詰まっている金属)が取れたまま放置しているし親知らずも横に生えたままだし人のことは言えませんがその気持ちは良くわかります。

でも立場上申し上げておけば、痛くなってからでは遅いですし早めの治療が時間もお金もかからなくてすみます。

そんなことはわかっているけれど歯医者にかかるのはきらいだ~?
何を隠そう、私だってそうです。

そんな悩みを持った方たちへ何かお手伝いができたらいいなと思いながらこんなコーナーを立ち上げてみました。

Kさん今回は頑張って最後まで治療しましょうね。



FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。