東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
01 | 2007/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の再生に新技術
マウスを使って歯や毛髪を再生させる技術を東京理科大学、再生工学研究センターの辻孝助教授らのチームが開発、米科学誌ネイチャー・メソッズに発表されています。

ネイチャー・メソッズ電子版:http://www.nature.com/nmeth/index.html

研究チームはすべての臓器や器官は、皮膚や血管の内壁などになる「上皮細胞」と骨や筋肉結合組織などになる「間葉細胞」と呼ばれる2種類の細胞が反応しあって形成される点に注目。
歯をモデルに両細胞を使って、器官の基になる「器官原基」を生体外で組み上げる技術開発を進めました。

[ 続きはこちらから... ]
スポンサーサイト
昨年の訪日外国人
2006年に日本を訪れた外国人旅行者は733万4000人と初めて700万人の大台にのり、過去最高となったことが国際観光振興機構の調べで分かりました。
2005年と比べ韓国が21.2%、中国が24.3%、シンガポールが23.0%何れも増えており、アジア諸国からの旅行者が大幅に伸びたのが特徴です。旅行者総数では9.0%の増加でした。

同機構では円安を背景に買い物や温泉を目的とする韓国人観光客が増えたことや、団体観光ビザの発給地域を中国全土に拡大したことにより全体を底上げしたとみています。
欧米からの旅行客は日本を経由せずに直接アジア諸国へ移動する旅行客の増加などで伸び悩みました。

国別で最も人数が多かったのは韓国で211万7000人、次いで台湾130万9000人、米国81万7000人、中国81万2000人など前年と順位に変動はありません。

一方、海外に出国した日本人旅行者は1753万5000人で2000年に次いで過去2番目でした。


ところで昨年行ったルスツリゾートでも中国からの観光客が多かったことは年末に紹介した通りですが、今回の雪まつりや、横浜でも韓国人、中国人、その他アジア系と思われる人たちが確かに増えました。
中華街に中国人がいるのは当然じゃないかとしかられそうですが、明らかに観光客と思える人達も増えています。

また大手家電量販店にも大挙して押しかけ、中国語、韓国語その他諸々の言語が飛び交っています。
横浜駅前のEホテル前には常にこちらは欧米系のグループがたむろしており、以前に増して賑わっています。

さて明日18日は春節、中華街はさぞやにぎやかなことでしょうね。

横浜チャイナタウン「2007春節」 http://www.chinatown.or.jp/news/shunsetsu07/


携帯電話ジャマー
最近は診療中に患者さんの携帯着信音が鳴ることがよくありますが、特に細かい作業中の着信音は集中力が途切れ、
以後の診療のリズムに影響を与えます。

夕方、Kさんが治療に来られました。
診療ユニットに座るなり携帯メールの着信音が鳴り始めました。
まだ、治療前だったので「ちょっといいですか?」そして、返信のメール。
「ハイハイどうぞごゆっくり」と私。

ところが、治療途中も何回か同じ着メロが…
Kさんは気さくでなかなかの別嬪さん(俗なことばで失礼)、遠いところ通ってきて下さっているし、特別に許しちゃいます。
ご家庭ではきっと明るく楽しいお母さんに違いありません。




「黙れ!!ケイタロウ」外箱
携帯型ジャマー「黙れ!!ケイタロウ」


[ 続きはこちらから... ]
携帯依存症
携帯電話(含PHS)の契約数が1億台を越え1人1台の時代になり、もはや生活に欠かせないツールとなりました。
若者の間では携帯が手放せなくなる人が増えているのが現実です。
通勤電車の中でも前の席に座っている一列全員が携帯とにらめっこなんて異様な光景も珍しくありません。
私の診療所でも次の予約を取る際には必ず携帯を出して打ち込んで行く方も多くなりました。

学校では以前は授業中に携帯が鳴ったり、メールを打ったりが問題になっていましたが、最近は授業を携帯のメールを使って進める大学が登場したと聞いてびっくり、時代は変わったものです。

携帯がない生活は考えられなくなっていますね。
若者が携帯を手放せない症状を「アルチュー」ならぬ「ケイチュー」と呼ぶんだそうです。
症状としては「風呂やトイレに持っていく」「着信音の幻聴が聞こえる」「圏外の場所に行きたくない」「メールの返事が来ないともう友達ではないと思う」などが挙げられます。


ケイチュー(携帯依存度)チェック
 1. 1人でいる時は必ず携帯を見ている
 2. 食事をする時は必ず携帯を見ている
 3. 朝起きると必ず携帯を見る
 4. 家の中でも携帯を持ち歩く(風呂やトイレ)
 5. いろいろな振動にすぐ反応する
 6. 圏外の場所に行きたくない
 7. メールをしてすぐに返事が来ないとイライラする
 8. 通話料が月5万円を越える
 9. 通話料金を払えなくて使えなくなったことが何回もある
 10. メモリーに電話番号、アドレスが200件以上保存してある
※ 半分以上当てはまる人は要注意です!


便利さゆえにバーチャルな世界を優先し、友人や家族と直接ふれあう現実の関係が見失われているのであればちょっと寂しい気がします。
携帯との付き合い方を今ひとつ見直してみてはいかがでしょうか。 

ところで私、家に帰ってから「メールをしたのに返事がない」と言われ初めて携帯(いまだにPHSですが)を忘れたのに気づくことがたびたびあります。

雪像解体
『第58回さっぽろ雪まつり』は昨年より11万6000人多い、210万1000人の観客を集め 、無事終了しました。

大通り会場では13日朝から、雪像の解体作業が始まりました。

彦根城 解体


大雪像「国宝 彦根城」では製作にあたった自衛隊員らが天守閣と石垣を日本酒で清めた後、ショベルカーによる取り崩しが始まり、これを目当てに朝早くから観光バスが次々と到着。
大勢の観光客がため息が漏らしながら見守る中、雪像は雪の山へと姿を変えていきました。

最近は雪像解体見学ツアーなどといった企画もあり、雪まつり開催中よりも割安なのでこれはこれで人気があるようです。

SAPPORO SNOW FESTIVAL 2007
札幌で開かれている『 第58回さっぽろ雪まつり』を覗いてきました。
今年は暖冬の影響で雪不足が心配されていましたが、何とか雪は確保、無事に開催の運びとなったようです。

『 第58回さっぽろ雪まつり』


しかし例年と比べるとやはり気温が高く、雪像も溶けてはいないものの近くで見るとやや表面のあれが気になりました。
大通会場には今年も大雪像が並び、どれも圧巻でした。


[ 続きはこちらから... ]
「バレンタインデー」迫る!
バレンタインデーまであと5日、
昨日より、宮ヶ瀬湖畔園地にハート形やアーチのイルミネーションが登場、カップルや家族連れがロマンチックな気分を楽しんでいます。
ハート形は全部で約100個、最大のものは直径100mで内側に電球を取り付けたカラーコーン400個が並べられています。
中心部には「天使の部屋」が設けられ甘い雰囲気を演出しています。
点灯は14日までのPM5:00~9:00までだそうです。

バレンタインイルミネーション


宮ヶ瀬バレンタインWEB: http://www.miyagase.com/valentine/

[ 続きはこちらから... ]
入国拒否にご用心
フィリピン入管当局は2005年に1459人の外国人を好ましからざる人物としてフィリピンへの入国を拒否したことを明らかにしていますが、昨年の入国拒否外国人はフェルナンデス入管局長によるとさらに増えて1,512人となりリストのトップは2005年同様日本人だったことが分かりました。
入国拒否者が増えたのは、国際的テロリストだけでなく人身売買に対する取り締まり強化したためだと入管当局は説明しています。
このうち暴力団員と見られる日本人が426人でトップ、以下は中国人184人、韓国人117人、米国人84人、台湾人52人、インド人50人などとなっていますが、入れ墨や指の欠損などの身体的特徴から日本の犯罪組織に属するものと判断され、入国を拒否される例もあるそうです。

全体の88%がニノイ・アキノ国際空港(NAIA)で、その他がマクタン、スービック、サンボアンガ、ダバオ、クラーク、ラオアグなどの国際空港・港でした。
一方、出国拒否も05年の2,194人から3,140人に増え、このほとんどが観光客などを装った就労目的のフィリピン人だったとの発表です。

近頃はファッション感覚で気楽にTattoo(タトゥー)を入れる若い人たちも増え、HP等でも紹介されている事から、
Tattooのある日本人が“Japanese YAKUZA” と見なされ入官拒否に遭うケースもあると外務省も警告しています。


MANILA TIMES (JAN 28):http://www.manilatimes.net/national/2006/jan/24/yehey/prov/20060124pro2.html

[ 続きはこちらから... ]
ローソン余剰食材のゆくえ
当院が3月に移転予定のテナント内装工事がやっと始まりました。
ところで、同じ中区の横浜スタジアム近く、寿町に「さなぎの食堂」というのがあります。
特定非営利活動(NPO)法人さなぎの台所、により運営されています。

さなぎの食堂


寿地区には生活困窮者が多く、路上生活者や日雇い労働者に3食の温かい食事を提供しようと、
2002年にオープンして300円定食などが人気になっています。

ローソン尾上町三丁目店では横浜市の仲介で昨年6月から、毎日余ったパンやおにぎりなど
約40食分を「さなぎの食堂」に提供してきました。
さらに、昨年12月からはローソンの弁当を作る「日本クッカリー 厚木工場」が出荷に至らなかったハンバーグやトンカツ、切り干し大根やひじきなどの食材を、消費期限の約4~6時間前に同店へ配送。
食堂側は午前9時半に受け取り、ハンバーグにドミグラスソースをかけるなど手を加え、消費期限が切れる前の午後2時までに客に提供しています。
これによって受け取る食材は、1日約20㎏にも上り、提供できる料理が格段に増えたと言います。

余剰食材の提供でより“豪華”になった食事は、口コミで評判を呼び、来店客は1日300人に達するとか。

ローソンによると「余剰食材の無償提供はここだけで、本来なら余剰食材を極力減らすべきであり、安定して提供できるというわけではないが、できる範囲で協力していきたい」とのことです。


消費期限切れの食材の扱いが問題になっている中で、本来廃棄処分に回るものの有効利用に
一石を投じるものではないでしょうか。
今後の新たな広がりを期待したいと思います。
富士山ナンバー登場
自動車のナンバープレートに新しい地名を表示する「ご当地ナンバー」に、山梨、静岡両県が求めていた「富士山」が実現する見通しになりました。
国土交通省幹部が2日、地元関係者に伝えたところによると、3月に正式決定し登録システムの改変などに必要な準備期間を経て、早ければ2008年から導入される見込みです。

対象地域は富士山に近い山梨県の1市2町3村と静岡県の4市2町で、複数の県にまたがる同一ナンバーは初めてです。
ご当地ナンバーは昨年10月に仙台など全国17地域でお目見えし、今月13日には茨城県で「つくば」も導入されます。

「富士山」は、当該地域の登録自動車台数では要件を満たしていましたが、管轄が複数の運輸支局にまたがることなどを理由に2005年7月の選定から漏れていました。
このため両県が構造改革特区に提案、国交省が警視庁などと協議を続けてきた経緯があります。

何かに付け、管轄外、前例がないと言うのがお役所仕事の決まり文句ですが、今回の英断は評価しておきたいと思います。


[ 続きはこちらから... ]
三浦海岸さくらまつり
先月末から昨年よりも2週間程早く、三浦の河津桜が咲き始めました。
当院前の3本の桜も2分咲きといったところでしょうか。
診療室のチェアーからもしばらく楽しめそうです。




さくらまつり案内板
当院前の桜


三浦海岸周辺の桜の木も年々大きくなり、見ごたえが出てきたように思います。
今月いっぱいで、この地を離れてしまうのはちょっと寂しい気もしますが、同じ沿線なのでまた見る機会はありますね。

小松ヶ池周辺の桜の方がやや赤みが強い様です。
見頃は今月中旬くらいかと思われます。


[ 続きはこちらから... ]
【続報】中国の衛星破壊実験の余波
今回の中国が行った衛星破壊実験により破片(デブリ)が大量に飛散し、建設中の国際宇宙ステーション(ISS)や各国の人工衛星が多数存在する軌道上に「雲」のような塊が形成され衝突する危険性のあることは先に警告したところです。

国際宇宙ステーション


米民間調査機関アナリティカル・グラフィックス社のトーマス・ケルソー博士によると、直径10㎝以上のもの517個を米戦略軍の宇宙監視ネットワークを使って追跡中。
デブリは地球の北極と南極の上を通る高度200~3500㎞の軌道を雲のような塊になって、秒速5.8~8.0㎞で周回中で、低い軌道をとる南半球で高度約400㎞のISSの軌道と交差していることが分かりました。

NASAのグリフィン局長は当面回避の必要はないとコメントしていますが、2010年完成を目指すISSでは31日も米宇宙飛行士が船外活動を実施、今年12月には土井隆雄飛行士が日本実験棟を設置するための船外活動を行う予定です。

衝突の恐れが具体的に示されたのは初めてで、2月上旬までISSから5㎞以内に近づくデブリは無いものの、今後の有人宇宙活動に影響が出ることは将来にわたり避けられそうにありません。



FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。