東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2007/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックホールに新しいタイプ
宇宙に存在する銀河の少なくとも1%は、中心核から電波~X線にわたる広い波長範囲で太陽の100億倍~100兆倍もの莫大なエネルギーを放射しています。
これらは「活動銀河核」と呼ばれ、その正体は太陽の100 万倍から10 億倍の質量をもつ巨大ブラックホールで、そこに周囲の物質が落ち込むと強い重力によってガスが高温に熱せられ明るく輝きます。


ブラックホールは「トーラス」と呼ばれる、ドーナツの形状をしたガスやちりの雲に囲まれていると考えられていますが、活動銀河核のうち、トーラスが従来の約10倍ある今までに知られていなかった新しいタイプが存在することが明らかになっています。

BlackHoll
ESO 005--G004の中心核にある巨大ブラックホール周囲の想像図(JAXA より)

人気ブログランキング参加中・・・続きの前にポチットよろしく→ 人気ブログランキングへ

[ 続きはこちらから... ]
スポンサーサイト
参院選が終わって
選挙から一夜明け、結果は大方の予想通り小沢民主党の圧勝に終わりましたが、参議院は今年衆議院と共に国会に置かれてから60年の還暦を迎えました。
先の郵政民営化法案以来、存在感を失い不要だと批判される中、今国会では良識の府ならぬ強行の府と言われるような強引な国会対応が繰り返されてきました。


民主党は近く招集される予定の臨時国会で、民主党出身の議長を誕生させ国会運営の主導権をつかんだ上で、数を生かした戦術を連発する方針だそうです。
鳩山幹事長は「参院で何でも反対という態度をとるべきではなく、大人の政治を行うべきだ」と述べ、連立与党が行ってきたような数の横暴批判を浴びることは避けたいとしています。
衆院の連立与党の暴走を抑え、参院で歯止めをかけ再考を促す本来の二院制の機能が取り戻せることを期待したいと思います。

祝勝ムードに沸きかえる民主党には今後第一党としての重い責任がのしかかります。
とは言え衆院は与党の圧倒的多数のままですから、参院の多数野党が政治をかき乱すような態度に出れば有権者の理解は得られないでしょう。また、政権との安易な妥協も許されません。

今回、安倍首相の「美しい国づくり」に有権者は不信任を突きつける事になりましたが、首相は依然続投の意向を示しています。
参院は衆院と違って政権選択の選挙ではありませんが、結果は真摯に受け止めるべきではないでしょうか。
いまだに総選挙の洗礼を受けていない安倍政権、国民の信頼回復を最優先とするならば衆院を解散し信を問うのが筋でしょう。
また今後自民党内からも安倍首相に距離を置く勢力が党を割って出ることにでもなれば、政界再編の方向に進む可能性もあります。

自民党惨敗のニュースは各国メディアでも報道されており、今後“lame duck(死に体)”となった安倍内閣が国際的にも求心力を失うことが予想されます。

新華社:http://news.xinhuanet.com/2007-07/30/content_6450590.htm

New York Times:http://www.nytimes.com/2007/07/30/world/asia/30japan.html

ところで、今朝の横浜駅西口には初当選したばかりの民主党公認候補が出勤前の人が行き交う街頭に立ち、当選の報告とお礼に頭を下げてまわっているいる姿が印象的でした。

 人気ブログランキング参加中・・・選挙は終わりましたが、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 


日本の美術館を仏政府が世界遺産に推薦
東京・上野にある国立西洋美術館本館について、フランス政府が世界文化遺産への推薦を検討していることが28日、分かりました。
本館は近代建築の巨匠、フランス人建築家ル・コルビュジエ(1887-1965年)の設計で、早ければ来年2月までに正式推薦される見通しだそうです。

日本国内の文化遺産を外国政府が推薦するのは初めてのことで、文化庁は「世界的にも極めて異例だろう。前向きに協力したい」としています。

国立西洋博物館


西洋美術館本館は鉄筋コンクリート造りで地上3階、地下1階、戦後フランス政府が接収した絵画などを日本に返還する際の受け入れ施設として1959年に完成。
柱だけで構成する一階のピロティや、人間の体のサイズを基にした「モデュロール」という寸法を取り入れるなど、随所にコルビュジエ建築の特色があります。

人気ブログランキング参加中・・・ポチットとしたら続きへGo→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
日本人の平均寿命
ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値のことを平均余命と呼び生命表で計算されます。
また0歳での平均余命のことは特に平均寿命といい、国や地域の医療・衛生水準を示す指標として用いられています。

26日厚生労働省が公表した簡易生命表によれば、2006年の日本人女性の平均寿命は85.81歳で、22年連続で長寿世界一となったことが分かりました。

日本人の平均余命(平成18年簡易生命表): http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life06/index.html

男性も79.00歳で、2005年の世界4位から2位に順位を上げています。
同年はインフルエンザの流行で男女とも前年を下回っていましたが、2年ぶりに過去最高を更新。
厚労省は、日本人の3大死因である、がん、心臓病、脳卒中の治療成績向上が主な原因と分析しており「平均寿命は今後も延びていくと見込まれる」としています。

人気ブログランキング参加中・・・続きの前にポチットこちら→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
日本米販売再開で中国の戦略
日本から輸出されたコメの販売が26日、中国で4年ぶりに再開されました。
中国へは2003年まで年間1トン足らずのコメが輸出されてきましたが、日中関係の悪化という政治的な事情もからみ、中国側は「害虫混入の恐れ」を表向きの理由として輸出を禁じてきた経緯があります。

今回販売されたのは新潟県産「コシヒカリ」と、宮城県産「ひとめぼれ」の各12トンで、先月下旬に中国に到着し、通関や検疫を受けていました。
2キロ単位で上海と北京の高級百貨店と、外国人向けスーパーの店頭に並べられ、価格はそれぞれ198元(約3200円)と188元(約3000円)。関税や流通コストがかかるため日本での販売価格と比べて2倍~3倍で、現地で一般に出回っているコメに比較すると30倍近い価格となります。

ただ「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」の名称は既に中国の業者により国内で商標登録されていて使用できないので外袋には「新潟県産」「宮城県産」とだけ表示されているようです。
ブランド戦略としては、始めからつまずいた形となりました。

しかしそんなに高いコメが果たして売れるんでしょうか?

人気ブログランキング参加中・・・続きが気になる、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
中越沖地震の緊急地震速報
今年10月より、気象庁が地震の初期微動(P波)をとらえて大きな揺れ(S波)の寸前に知らせる「緊急地震速報」の一般への提供を始めることは先月お伝えした通りです。

10月から緊急地震速報:http://infohdc.blog55.fc2.com/blog-entry-170.html

その後、地震防災システムについて色々調べていましたが、受信端末を扱っているある業者さんから資料をいただいたのが、あの中越沖地震の2日程前でした。

緊急地震速報は昨年8月から企業など約500か所で先行運用されていましたが、16日の新潟県中越沖地震では新潟や長野、関東地方の建設工事現場や病院などが揺れの約1分~10秒前に受信、机の下に隠れたり、工事や電車を緊急停止したりする対策に生かされていたことが分かりました。

緊急地震速報受信装置


人気ブログランキング参加中・・・続きの前にポチットこちら→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
魅力のある自治体ランキング
民間シンクタンク「ブランド総合研究所」は全国のすべての市(782市)と東京23区、地域ブランド作りに熱心な195町村を対象に、認知度やイメージなど全63項目についての地域ブランド調査を行っています。
インターネットにより10~60代の約3万人からの回答を集計、回答者1人につき20自治体について魅力度、産品の購入意欲などを聞いて市区町村のブランド力を点数化し比較しています。

魅力ある自治体のトップは調査を始めた昨年に引き続き札幌が、2位には京都、3位は横浜となっています。


 魅力度ランキング (1~20位)

順位市区町村都道府県魅力度
1 (1) 札幌市北海道61.1
2 (5)京都市京都府60.0
3 (3) 横浜市神奈川県55.5
4 (3) 函館市北海道54.7
5 (7) 小樽市北海道50.7
6 (2) 神戸市兵庫県50.2
7 (8) 鎌倉市神奈川県49.8
8 (6) 富良野市北海道44.3
9 (12) 金沢市石川県40.8
10 (-)軽井沢町長野県38.3
11 (9) 那覇市沖縄県38.1
12 (16) 仙台市宮城県37.9
13 (17) 奈良市奈良県36.8
14 (14) 福岡市福岡県36.7
15 (22) 名古屋市愛知県34.9
16 (11) 長崎市長崎県34.6
17 (19) 倉敷市岡山県34.0
18 (13) 別府市大分県33.8
19 (-)渋谷区東京都32.4
20 (10) 沖縄市沖縄県32.2




人気ブログランキング参加中・・・続きの前にポチットより道→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
夏休み横浜のイベント
横浜では先週、海の日に予定されていた国際花火大会があいにくの台風4号の影響で予備日共に中止になってしまいました。打ち上げ予定だった6000発の花火は、来年まで取っておく訳にもいかないでしょうしどうなってしまうのでしょうか。
三浦にいた時には毎年、花火大会の協賛金を半ば強制的に徴収されていましたが、中止になった年にも返ってきたおぼえがないので廃棄処分にされてしまったのかと思っていましたが…。 

これから各地で花火大会が目白押しですが、来週8月1日(水)にはみなとみらい21 臨港パーク前面海上で第22回神奈川新聞花火大会が行われます。
午後7時15分より約8000発が予定されており、恒例の最後に打ち上げられる関東では珍しい2尺玉が大迫力です。

花火と言えばやはり新潟が有名ですが、小千谷の4尺玉は何とギネスにも載っているとか。
新潟三大花火のひとつ「柏崎花火大会」は残念ながら中越沖地震のため中止となってしまいましたね。


ところで、横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」では今夏、夏休みの親子ペアを対象に「空中サマーキャンプ」を初めて企画、HP上で参加者を募集しています。

空中サマーキャンプ2007概要:
http://www.yokohama-landmark.jp/event/details/summercamp2007.html

8月の21日と24日にそれぞれ1泊2日の日程で開催され、同じフロアーで開催中の空中水族館や防災センター、また近くの臨港パークで天体観測を行います。


ランドマークタワー最上階には地震や風による揺れを抑えるため、170トンの重りの付いた2個の360度動く特殊な振り子が設置され、常にコンピューターでコントロールされています。
この普段なかなか見ることのできない制振装置も見学できます。
夜は地上273mのフロアーで夜景を楽しみながら持参の寝袋で就寝、翌朝は日の出を観賞、ロイヤルパークホテルのカフェレストランでの夕朝食もセットされています。

対象は小学4年生から6年生までの児童と保護者のペアで、参加費は親子で1万4千円となっています。
2回とも25組、50名を募集し、応募者多数の場合は抽選となるようですが、今月29日までHPから申し込み可能です。

万葉倶楽部コスモワールドも隣接してあるので、こちらもいかがでしょうか?

 人気ブログランキング参加中・・・毎度ポチットのご協力に感謝します→ 人気ブログランキングへ 

梅雨明けはまだ?
学校は夏休みに入りましたが、太平洋高気圧は一向に強まらず、相変わらず梅雨空が続いています。
気象庁は今夏を「暑い夏になる」と見ていましたが、最新の1ヶ月予報によると普段なら梅雨明け後の盛夏期にあたる21日から来月20日までの気温は、関東以西で平年並みか低い可能性が高いとしています。
同庁は当初、南米ペルー沖の海面水温が下がる「ラニーニャ現象」の影響で、逆に水温が上がるフィリピン周辺で大気の対流が活発化し、太平洋高気圧が強まるため今年の夏(6~8月)は全国的に高温傾向と予想していました。
ラニーニャ現象起きている年は短い梅雨で、梅雨明けも早い傾向にあるそうですが、どうしたことでしょう?

また台風4号の影響で日照時間も少なく、今月1~19日東京都心部では平年比36%、横浜で33%、関東甲信越全体でも42%と、記録的冷夏だった2003年を下回る戦後最低のペースで推移しています。

太平洋高気圧の弱い状態は今後も続き、関東以西は北からの寒気や南からの湿った空気の影響で雲が出やすい見込みだそうです。週間天気予報でも終末まで曇りマークが並んでいます。
同庁気象情報課によれば「当初から猛暑になるとは言っていない」と、どこかで聞いたようなコメントが…
さらに「6月はかなり高温で、今回の予想も冷夏になるという意味ではないが、暑い夏という見通しとは違ってきた」と何やら煮え切らない国会答弁のよう。

天候不順は気象庁のせいではないので仕方のないことですが、いっそのこと「天気予想」に名前を言い換えれば文句も出ないんじゃあないでしょうか。

中越沖地震の被災者の方々にとって猛暑は辛いことになるでしょうが、冷夏もまた農作物などへの影響を考えると心配です。
週末あたりには、梅雨明け宣言が発表されることを期待したいと思います。


ところで、マスコミ各社でダイヤルQ2を利用した中越沖地震の義援金募集のお知らせを目にしますが、5%の消費税分はしっかり国が巻き上げているようですね。
NTTの回収代行手数料は無料とはいえ、善意の寄付金に税金を課す事に、違和感をおぼえるのは私だけでしょうか?
政府広報を使って大々的に選挙運動をする余裕のある、与党の先生方はどのようにお考えなのでしょう。
かつての名宰相と謳われた方なら、災害の復興支援にかかわる経費は全て非課税にするくらいのことをやってくれたでしょう。

さて参院選の締めくくりには、梅雨明けを知らせるスコールが吹き荒れるかも知れません。

 人気ブログランキング参加中・・・いつもご協力ありがとうございます→ 人気ブログランキングへ 


味わって食べよう土用のウナギ
うな重はスリーエフ


土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のことをいい、そのうち十二支の中の丑の日が「土用の丑の日」ということになります。
土用は年に4回、また丑の日は十二支を1日ごとに割り当てていくので12日毎に1度回ってきますから年によっては土用の期間に丑の日が2回くることもあります。
この夏の土用入りは7月20日、丑の日は7月30日となっています。

なぜ、夏の土用の丑の日にウナギを食べるようになったかには諸説あるようです。
先日のバラエティー番組で、エレキテルで有名な幕末の学者平賀源内が、夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所の鰻屋に相談され思案した挙げ句に、今日ウナギを食べると良いという意味で「本日土用丑の日」という看板を店先に出したところ大繁盛した、という逸話が紹介されていました。

話の真偽は別として、ウナギにはビタミンB類が豊富に含まれており夏バテや食欲減退防止に効果的であることから、この時期にウナギを食べるのは理にかなった習慣と言えそうです。
ただし食材として考えれば、ウナギの旬は最も脂が乗っている産卵前の秋ですが、昨日私が食べたウナギはどうやら海外で既に蒲焼きになって輸入されたもののようです。

人気ブログランキング参加中・・・続きの前にご面倒さまですが→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
フードマイレージ(food mileage)
日本の食の問題を考えた時に、食料自給率とともにフードマイレージ (food mileage)が問題とされています。
フードマイレージとはあまり聞き慣れない用語ですが、食べ歩いて貯まったポイントのことではなくて、食べものが運ばれてきた距離のことを言います。
1994年に英国の消費者運動家ティム・ラング氏が提唱したといわれる考え方で輸入食糧の総重量と輸送距離を掛け合わせたもので、単位はトン×キロメートルで表されます。

いま日本の食料自給率は40%、出まわっている食べ物の60%は輸入品ということになります。
その多くが海の向こうからたくさんのCO2 を出しながら運ばれてきます。
食料の生産地から食卓までの距離が長いほど、輸送にかかる燃料や二酸化炭素の排出量が多くなるため、フードマイレージの高い国ほど、食料の消費が環境に対して大きな負荷を与えていることになります。

農林水産省の2001年の試算によると、日本のフードマイレージは9000億t・kmと、総量では世界中で群を抜いて大きく、国民1人当たりでも7093t・kmと1位となっています。
各国の比較でも、2位の韓国の3倍にも上ります。
これについて農水省幹部は「現代の日本人が歴史上のどの時代における、どの国の王侯貴族よりも贅沢な食事をしていることになっている」と解説しています。

人気ブログランキング参加中・・・さあこちらポチット、続きへ行こう→ 人気ブログランキングへ
[ 続きはこちらから... ]
エコロジーからイメージする漢字
住友生命保険が行った「エコロジー(環境保護)から最もイメージする漢字1字は?」とのアンケートで、「緑」が2位以下を倍以上引き離し断トツのトップを獲得しています。

今年6月にWeb上で募集した8000人を対象に回答を集計、このうち6割以上が女性と関心の高さをうかがわせました。
地球温暖化をはじめ、自然環境を守る主役は植物という共通認識の上に立ち「環境破壊で真っ先に失われる色」と、現代社会が直面する危機を強く訴えた回答も多かったそうです。

「緑」を挙げたのは全体の17.4%で、男女別、年代別、でも最多でした。
2位の再を選んだ回答者は「再利用・再生・再出発から連想」などと、理由を挙げています。
以下、「優」、「環」、「省」と続いおり、選んだ理由も次のようになっています。


1.  「緑」…環境破壊で真っ先に失われる色 
2.  「再」…再利用・再生・再出発から連想  
3.  「優」…人の優しさがあってこそ実現できる  
4.  「環」…地球から恩恵を循環させないといけない   
5.  「省」…省エネしてこそ守れる地球  
6.  「節」…節約はエコの第一歩  
7.  「清」…後世まで清い地球を残す  
8.  「空」…きれいな空を子ども達に見せたい  
9.  「美」…美しい地球を守っていく  
10.  「水」…すべての生命をはぐくむ自然界での命の恩人

守るべき対象としての自然環境を示す文字に混ざって、環境保護のための心掛けるべき生活態度を示す漢字が上位に入っていることが分かります。
年代別では、50代以上で、消費全体を減らそうという、「省」、「節」など質素倹約の気持ちを表す言葉が上位となり、20代、30代では「再」、「環」といったリサイクルをイメージした漢字が目立っています。

ところで、私はこの「緑」という字には何となく愛着があります。
もしも女性に生まれてきていたらこの名前が付けられるはずでした。

 人気ブログランキング参加中・・・☆最後にポチットお願いね☆→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。