東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
11 | 2009/12 | 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国版紅白で『口パク』復活か?
新華社通信が伝えたところによれば、中国の紅白歌合戦ともいわれる旧暦の年越しの人気番組「中国中央電視台春節聯歓晩会(春晩)」をめぐり、今度の2月13日の放映では再び、口パクが認められることになりそうだとしています。

同番組は82年に初めて開催されて以来、中国を代表する歌手によるライブ、京劇やコントなどの演劇などのさまざまな演目が展開されながら春節を跨いで行われているカウントダウンイベント。


こちらは紅白に分かれてはおらず、勝ち負けもなし!

  CCTV 2009年春晩公式サイト

前回の春晩で口パクを禁止したところ、一部歌手の音痴が露呈。
人気歌手が今回の出場辞退をほのめかしたためとしていますが、中国メディアは「口パクをOKにする理由がこっけいすぎる」と冷ややかに受け止めているそうです。


中国では昨年、北京五輪開会式で革命歌を披露した人気子役の歌が実は口パクであったことが発覚し、国内外で物議を醸しました。
その後、中国文化省は今年10月、コンサートなどでの口パクを禁じ、最高で罰金3000元(約3万9000円)を科すなどの罰則を盛った実施細則を制定したことは以前BBSでも紹介したところです。

  口パク禁止

同紙は「春晩の演出家は“保守的な方法”を採用し、一部歌手の口パクを許すようだ」などと報じ、歌手全員に生で歌わせた前回は、一部歌手の実力不足が全国に知れ渡ってしまったとして、演出家は、一部メディアの取材に「視聴者が、ひどい歌を聴かされないようにするためなので…」と理解を求めたそうです。

これには、中国メディアが一斉に反発し、「本物の商店が偽物を売らないことと同じ。生で歌ってはじめて、真の人気につながる。至極当たり前のことだ」などと報道。
香港の人気歌手、張学友(ジャッキー・チュン)氏が春晩への出演を断っているのは、横行する口パクへの「無言の批判」ではないかと報じるメディアもあります。

多少音程を外したり、コーラスがかみ合わない場面が見られるのは、生放送ならではの醍醐味というもの。
人気番組で口パクが容認されることになれば、中国文化省の規定は早くも骨抜きになりかねません。


 人気ブログランキング参加中・・・だって本来の実力は仕方のないこと、時にこちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト
一票の格差
今年8月30日に行われ、政権交代が実現した衆議院選挙をめぐる訴訟で、大阪高裁は28日「格差が2倍を超えた選挙は憲法に反する」との判断を示しました。

衆院選では、有権者数が最少の高知3区と最多の千葉4区の間には2.30倍、原告が選挙無効を求めた大阪9区との間には2.05倍の格差がありました。

判決理由で成田喜達裁判長は、過疎地域への配慮として人口比と関係なく各都道府県に定数1を配分する「1人別枠方式」が格差2倍超の原因と認定し「過渡期の改善策としてはそれなりの合理性はあったが、現在は憲法に違反する」としています。

格差が2倍を超えることについては「大多数の国民から耐えられない不平等と感じられる」と指摘し、その上で「94年の法改正で格差が改善されたことに甘んじ、いつまでも格差が2倍を超える状態を放置することは、立法府のあり方としては憲法上許されないが、努力した跡がない」と国会の怠慢を厳しく批判。

「常に平等に向けた努力をすべきだ」と指摘し、国会に早急な是正を促しました。
また、選挙無効とすると公の利益に障害が生じるとして、選挙自体は有効としています。


1票の価値の平等を求めてこれまでにも多くの訴訟が起こされてきましたが、小選挙区比例代表並立制に基づく初の選挙があった96年以降、違憲判決は初めてのことです。
公選法では国政選挙の効力に関する訴訟の1審を高裁と規定しており、今後最高裁で覆る可能性があるものの、2倍という基準が示された意味は大きいものと思われます。



一方、25日総務省から、9月2日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数が発表されています。

  平成21年9月2日現在選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数(pdf)


それによれば、参議院選挙区の1票の最大格差も、最少の鳥取県(24万4081人)と最大の神奈川県(121万6909人)の間に4.986倍(前年4.937倍)と拡大したことが明らかになっています。

さらに来年夏の参院選では格差は、5倍に達する可能性が高くなっていますが、参院側では抜本改革を13年の参院選に先送りする見通しで、このままでは対応の遅さに一層の批判が強まることは確実です。

なお、格差が4倍を超えているのはこのほか大阪、北海道、兵庫、東京、福岡となっています。
 

日本国憲法では、選挙人1人1票を平等に扱い、差別してはならないことが定められています。
私たち有権者の1票が、5分の1の価値しか持たない現在の著しく不平等な状況は、代表制民主主義の根幹に関わる問題でもあります。


 人気ブログランキング参加中・・・問題先送りならこれまでの政権と同様、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


大脳新皮質に新しい神経前駆細胞を発見
高度な脳機能をつかさどる大脳新皮質で、大人になっても新たな神経細胞が生み出されることを藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)などのチームがラット実験で突き止め、27日付の米科学誌ネイチャーニューロサイエンス(電子版)に発表しています。

  Ischemia-induced neurogenesis of neocortical layer 1 progenitor cells(Abstract)

脳はいったんできあがると新たな神経細胞ができにいため、非常に再生しにくいことが以前から知られています。
例えば、事故や疾病による脳の損傷を来した場合、多くは後遺症を抱えたまま一生を過ごさなければならず、QOL(生活の質)の低下や家族の負担も大きく、早期の治療法の確立が望まれているところです。

また近年、大人の脳でも新しい神経細胞が盛んに作られることが、記憶に関連する海馬の歯状回や、臭いの感覚を伝える嗅球の神経細胞が作られる側脳室の脳室下帯で明らかになっています。

また大脳新皮質は、認識、思考、意識など脳の高次機能の中心であり、大人の大脳新皮質でも神経細胞が作られるかどうかは100年以上前から議論の続く重要な問題ですが、はっきりとした証明はされていませんでした。

最近の研究により、損傷によって大脳新皮質における神経細胞の新生が報告されており、脳内に大脳新皮質の神経細胞を産生する神経幹細胞や前駆細胞が存在するのではないかと推測されていましたが、詳しくは明らかにされていませんでした。

このことからチームは基礎科学と臨床医学にとって非常に重要であると考え、大人の大脳新皮質における神経幹細胞や前駆細胞を同定を試みています。


光る神経細胞
中心にある約10ミクロンの球体部分から枝状の新生細胞の突起が伸びている


チームは、細胞分裂している細胞が光るように、蛍光たんぱく質を作らせるように遺伝子操作をしたラットを解析。
神経細胞を生み出す神経前駆細胞が大脳新皮質の表層にあることを見つけ、実際に分裂して神経細胞が生み出されていることを確認しました。

また、神経前駆細胞から生まれる神経細胞は、てんかんなど脳の過剰な神経活動を抑える性質を持つことが判明。
一時的に血液が行き渡らない状態にすると神経前駆細胞の分裂が促進されることも分かりました。
「大脳新皮質の第1層にある神経前駆細胞」という英語の頭文字を連ねて「L1-INP細胞」と名付けられています。

藤田保健衛生大システム医科学研究部門の大平耕司助教は「今後、虚血によらずとも、薬剤などの投与により、これらのL1-INP細胞の増殖や新しく産生された神経細胞の生存を促進させることで、てんかんや統合失調症などの新しい治療法の確立にもつながる」としています。


実験では、頸動脈を圧迫して脳への血流を一時的に少なくしたところ、L1-INP細胞が約1.5倍に増えたことから、危機にさらされると細胞が生み出されて働くと結論付けています。
今回用いた生後6カ月のラットは人間の30~40歳にあたるとされ、ヒトでも同様の仕組みがあると推測されます。

神経細胞は興奮性と抑制性の両方がバランスよく働いていますが、L1-INP細胞は抑制性であったことから、興奮性の神経細胞が過剰に働くてんかんなどの治療につなげられるものと、更なる研究が期待されるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・長年の議論に決着が、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 



新型流感ワクチンが大量に余る?
輸入予定の海外メーカー製新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会が26日開かれ、英グラクソ・スミスクライン(GSK)社とスイスのノバルティス社製の新型インフルエンザワクチンについて「承認して差し支えない」とする意見をまとめたそうです。

海外メーカー製のインフルエンザワクチンをめぐっては、成分が凝集していたり、動物実験でモルモットやマウスが死亡したなどの報告がありましたが、部会は現時点での海外での使用実績などから、問題はないと判断、ただし情報収集は続けるとしています。

今後一般からの意見募集を実施し、早ければ2月上旬にも健康な成人を対象に使用できる見込みとなっています。


新型インフルエンザワクチン


一時は足りないと、大騒ぎになった新型インフルエンザワクチンですが、国立感染症研究所の推計では流行はやや下火になりつつあるとのこと。
輸入ワクチンは、9900万人分(1回接種の場合)が供給されるそうですが、当初の国産ワクチン5400万人分と合わせると1億5300万人分と、日本の人口を軽く超えてしまいます。
2回接種としていたものが1回でも十分な効果が得られることが判明したためですが、流行のピークを越えれば高いお金を出してまで接種する希望者はますます減ると思われます。

ワクチンの輸入に使われた税金は1126億円にもなるそうですが、余剰分は期限(検定合格日から1年間)が来れば破棄されることとなります。
厚労省血液対策課は「確かに余るだろうが、再流行や来年の流行にも使える可能性はあり、直ちに無駄になるとはいえない。大きく構えておくのが危機管理の基本。検証は必要だが、当時の判断は間違っていなかった」とコメントしています。

ちなみに輸入を決断したのは舛添要一前厚労相でした。
もしもこれからインフルエンザのワクチンを接種するのなら、季節性のワクチンを打っておいた方が懸命なようです。


 人気ブログランキング参加中・・・笑ったのは製薬会社だけ? こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


クーちゃん納沙布へ
今年2月、釧路川河口に1頭の野生のオスのラッコ現れ、「クーちゃん」と名付けられて、市民や観光客の目を楽しませていたことは以前ブログでも紹介したところです。

 「クーちゃん」の足に釣り針が…

護岸をよじ登り、毛づくろいした幣舞(ぬさない)橋は、釧路市の中心部にあって、メディアで取り上げられた影響もあり、見物客は月に2~3万人と、衰退傾向にあった商店街に大きな経済効果を与えました。

ところが、クーちゃんは5月7日を最後に、釧路から姿を消してしまいましたが、その後もクーちゃんグッズやパンの販売は継続し、市観光振興室では来年もまた来てくれるようにとラブコールを送っています。


その後、釧路市在住の写真愛好家林田定昭氏の調べで、実はクーちゃんは今、約120km東の根室市納沙布岬にいることが分かりました。
5月に岬に現れたあと、さらに60kmほど離れた尾岱沼(おだいとう)に4日滞在し、再び納沙布へ戻ったとのこと。

繁殖期で移動したらしく、多い時にはメス8頭と行動を共にしており、また釧路に戻るかも知れないとしています。


  釧路市観光情報


歯科医師でもある林田氏は、撮りためた写真で歯の数や歯周病の有無などを確認しようとして、上顎の粘膜にある特有のほくろ(メラニン色素の沈着)を見つけました。
専門的には上顎口蓋粘膜右側臼歯部の黒色斑点と呼びますが、全ての個体が持っているものではないことから、識別には非常に有効とされています。


尾岱沼のクーちゃん
林田定昭氏撮影


林田氏によればこうした手法によって個体識別ができたのは、世界初のケースではないかとしています。

さらに写真展で知り合った愛好家たちとともに口の中を見ながら、ブーメランのように次は釧路へ戻ってくるのではと、クーちゃんの動向を注視しているそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・ドラマはまだ続く、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 




伊首相襲撃にやらせ疑惑?
レプブリカなどイタリア各紙によれば、今月暴漢に襲われ、顔に大けがをしたベルルスコーニ首相への支持率が上がっていることが伝えられています。


 Berlusconi: sondaggio Ipr, dopo aggressione fiducia al 48%(Milano Finanza)
 Più fiducia in Berlusconi dopo il ferimento di Milano(Repubblica.it)


買春や汚職の疑惑で下落が続いていた同首相ですが、今月の支持率は48%で、前月比3ポイント増と7カ月ぶりに上昇に転じています。
襲撃事件への同情との見方が強いものの、事件はやらせだったのではと勘ぐる声も上がっているそうです。


イタリア北部ミラノの路上で暴漢に大聖堂の置物を投げ付けられて鼻の骨や歯を折った13日以降、その姿が繰り返し放映されたことから、テレビの影響が指摘されています。

また一方、インターネットの動画共有サイトなどでは、やらせ疑惑がささやかれています。
少なくとも2種類の動画が出回っており、首相が襲撃を受けた後、いったん車の中に退避してから周囲に出血が確認されたこと、服には血が全く垂れていないことなどから、「巧みな世論操作」などと字幕で主張しています。

なお、首相はミラノ近くにある自宅の一つで療養中とのこと。


大聖堂の模型     ベルルスコーニ人形


ところで、ベルルスコーニ首相を襲った凶器は、世界最大のゴシック建築「ミラノの大聖堂」のミニチュア模型で、観光みやげとして大聖堂を臨むミラノのドゥオーモ広場の商店などで取り扱われているそうです。
しかしこの大理石でできたミニチュア模型約10ユーロ(約1300円)が、事件後飛ぶように売れているとか。

さらにナポリの店頭には、イエス・キリストや聖母マリアの小像と一緒に、顔から血を流し不敵な笑みを浮かべるベルルスコーニ人形も並べられています。


 人気ブログランキング参加中・・・正にけがの功名といったところ、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 



人民網のブログ炎上で閉鎖
中国共産党機関紙、人民日報系のインターネットサイト「人民網」内の新ブログに、「くたばれ共産党」などと、英語も交えて批判する書き込みが殺到したため、スタート直後に閉鎖されたことが24日、分かりました。

閉鎖されたのは、人民網が官製サイトとして初めてサービスを開始した「人民微博(ミニブログ)」で、中国ではまだ認められていない、会員制交流サイト「ツイッター」と同様のサービスが受けられるとしていました。


人民微博


人民微博#39029;面已无内容


22日正式に開設されたところ、共産党への批判のほか、一党独裁体制の廃止などを求めた声明「〇八憲章」の主要起草者の一人で、国家政権転覆扇動罪で起訴された劉暁波氏の釈放を求める書き込みなどが殺到。
結局、開始から2時間余りで閉鎖に追い込まれたとのこと。


中国政府は海外のインターネットサイトへのアクセスに規制をかけており、中国国内から閲覧することのできない海外のサイトは結構多いそうです。
ちなみにウィキペディア日本語版へのアクセスも当局によって遮断されているそうです。

また、アメリカ国務省の調査によれば、中国にはインターネット規制のために少なくとも3万人以上の専門家が政府職員として雇われており、政府の意図に反するインターネット利用者(政府・共産党への批判など)を取り締まっています。

各プロバイダーやブログの開設サイトなどでも書き込みの検閲が行われており、例えば「じゆう」「みんしゅしゅぎ」「じんけん」などの言葉を書き込もうとすると、「それらの言葉は禁止されています。他の言葉に置き換えてください」というメッセージが表示され、政府にとって好ましくないテーマの書き込みはできない仕組みになっているようです。


今回はその中国政府にとって都合の悪い“敏感な言葉”を検閲する機能が、作動しなかったとの分析もありますが、担当者は「調整中」とだけコメントしているそうです。



ところで、普段自分が見ているサイトが中国においてアクセス遮断されているかどうかについては気になるところです。

  http://cyber.law.harvard.edu/filtering/china/test/index.asp

上記のハーバード・ロースクールのサイトで、中国で閲覧可能かどうか試してみることが可能です。


 人気ブログランキング参加中・・・公安が突然やってくることがあるらしい、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


瀬戸内海の無人島売ります
中国財務局は今月11日、瀬戸内海にある大小3000の島のうちの1つ、広島県呉市の無人島を売却することを発表しています。
なお同財務局によれば、一島まるごと一般競争入札での売りだすのは、中国地方では初めてとのこと。

  無人島売却のお知らせ(PDF)

売却が予定されているのは、呉市音戸町西側の沖合約1kmに浮かぶ通称「三ツ子島」の北側の無人島で、全長約276m、細長い形の国有地で、面積は7613.1m2。


三ツ子島


大小2つの島からなる三ツ子島には昭和4年、伝染病予防のための呉海軍病院三ツ子島消毒所が建設されました。
また昭和30年代には、南側の大きい島が民間に売却されています。

今回、国の財政事情から少しでも財政収入を得たいとして、北側の無人島の売却に踏み切ったものですが、土壌汚染や地下埋設物に関する調査は行われておらず、特殊な物件のため予定価格も公表されていません。


入札は来年2月9日に実施されますが、1月5~14日の受け付けを前に中国財務局は22日、物件の説明会を呉出張所で開催しました。
説明会は入札参加の条件ではありませんが、関東地方や広島県内などの個人14人と7法人の代表たちが出席し、島の概要や開発への法規制、手続きなどの説明に聞き入っていました。


呉出張所によれば11日の売却発表後、21日までに全国から約70件の問い合わせがあったとしています。


 人気ブログランキング参加中・・・島を持てるという夢が、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


期待のインフルエンザ新薬
富山化学工業(新宿区)が開発中の新インフルエンザ薬「T-705」(一般名:ファビピラビル)が、強毒性のH5N1型鳥インフルエンザにも有効であることを、東京大学医科学研究所ウイルス感染分野の河岡義裕教授、木曽真紀研究員らのグループが動物実験で初めて明らかにしています。

人への散発的な感染例で高い致死性を示すH5N1は、抗ウイルス薬タミフルがある程度有効でしたが、最近では耐性株の出現が問題とされ、新たな治療薬の開発が急がれていました。


ファビピラビル


研究グループは、ベトナムの死亡・入院患者から採取した2種類のH5N1ウイルスをマウスに感染させ、T-705を用量と日数を変えて投与し、タミフルや無治療群と生存率を比較しました。

無治療群はすべて死亡しましたが、最大用量で8日間治療した群は100%生存し、5日間の治療でも50%以上の生存率と、タミフルと同等かそれ以上の効果が認められました。

また治療開始時期を、感染後1時間から3日まで変えて調べたところ、治療開始が遅いほど生存率が低下しましたが、最大用量群では3日後に開始してもすべて生き残りました。

さらに変異によりタミフルに耐性を持った2種類のウイルスでは、タミフルや低用量群の生存率が低かったのに対し、最大用量群は100%生存していました。


肺の病理検査では、無治療群で起きた肺の障害が、タミフル群や低用量群ではある程度みられましたが、最大用量群では全く起きていないことも確認されています。


現在インフルエンザの治療に使用されている、タミフルやリレンザはウイルスが持つノイラミニダーゼという酵素を阻害することによって増殖を抑える薬剤です。
一方、T-705は、これまでのノイラミニダーゼ阻害剤とは異なり、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害という遺伝子に直接働きかける、新たなメカニズムを持つことから、有用性が期待されています。

さらに、ピラジン環(ピリジンのNの対面にさらにNがある環)にフルオロ基、水酸基、そして1級アミドがついているだけといった、非常にシンプルな構造の化合物であることが特徴だそうです。


河岡教授は「病原性の強いウイルスにも高い効果があった。今後、人での成果が待たれる」とコメント。
今年10月から既に臨床試験PhaseⅢ(多数の患者に投薬して効果があるかを見る試験)が開始されており、安全性と効果が確認されれば、来年春にも新薬としての申請が出される見込みです。

ただし、厚生労働省から新薬の認可が下りるまでには、通常、申請から2~3年と欧米の2倍以上の期間を要することから、今後パンデミックに備えた迅速な対応が求められるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・安全性の検証がまず第1、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


光重合器の自作
歯科の治療において今では光を当てることによって固まる、接着剤や充填材、義歯用の樹脂などが頻繁に使われるようになりました。

かつては、粉と液を混ぜて練ったり、2種類のペーストを混ぜ合わせることによって化学反応で硬化し始める材料が主流でした。
このため、混ぜかたが不完全だと詰め物が取れやすかったり、作業途中で固まってしまったりといったトラブルも少なくありませんでした。


光で硬化する樹脂はもともと、写真の画像記録材料として開発されたものと聞いていますが、歯科の世界へ応用されたのは、70年代後半頃からでしょうか…。

初期には紫外線を用いて重合(化学反応によって高分子化合物に変化)させていたものが、安全性から可視光線で固まる製品の登場とともに、急速に普及しはじめました。

練らなくて良いことに加え、必要な時に光を当てれば即座に固まってくれる充填剤は、その後の歯に対する接着技術の進歩も相まって、これまでの治療法を根本的に変えることとなります。


そこで必要となるのが、光を当てて重合させるための光照射器(重合器)です。
当院にも、患者さんの口腔内で使うためのコンパクトな照射器はあるものの、義歯など大きな技工物には対応できないため、時代の流れから購入せざるを得ない状況にありました。
しかし、歯科用と名が付くと何でも値段が高いこの業界にあっては、軽く数十万円はしそうです。


そんな折り、はりま焼きを食べながら、空き缶の中にランプを取り付けて、簡易型の重合器を作ることを思いつきました。

放熱用のファンと通気のための穴を開ければ何とかなりそうなので、早速秋葉原へ材料の調達に。

ソケット取り付け
ソケットを3カ所に固定

手持ちの関係もありランプは60W形のダイクロハロゲン球(E11口金)を3灯使用しましたが、家電量販店などでも1個1500~2000円位で売られているかと思います。
適合するE11用ソケットは照明器具専門店で1個520円で購入しました。

ファン     フルカラー用はさみ金具
音は思ったより静か

ラジオデパート3階のトモカ電気で、OA機器用の100V用放熱ファン700円と、90cm用ファンガードを200円で調達。

ソケットの固定には、コンセントなどを石膏ボードに固定する際のはさみ金具を半分に切り、これを曲げて流用してみましたが、ちょうどM3のタップが切ってあるので好都合です。

内面     試験照射
内部に取り付け完了

缶の材質が思ったよりも薄く(猫缶のフタ並み)、穴開けなどの加工時に力をかけすぎると変形して、ベコベコになって見栄えが悪くなりそうなので少々気を使いました。

今回は装置自体が単純なため、その他に必要なパーツは電源スイッチ、ヒューズ、ネジ類、配線材料といったところで、殆ど自宅に転がっていたものを使用しましたが、新たに買い求めたとしても概ね1万円以内に収まるかと思います。

欲を言えば、タイマースイッチと温度センサーを取り付けてファンの制御をしたいところですが、凝りはじめるときりがないので、簡易型ということでグレードアップはいずれまた。

照射中1     照射中2
照射重合中

さて実際に義歯の裏打ちに使用してみたところ、メーカーの指定する時間内の光照射で十分な重合・硬化が確認できました。
缶の内部の温度上昇を抑えるためにもう数カ所窓開けをして、トレー(実は猫餌用)を工夫すれば及第点をもらえそうです。


最近では半田ごてを握る機会も少なくなりましたが、ラジオ少年だった頃を思い出しながら結構楽しむことができました。



 人気ブログランキング参加中・・・さて次は何に挑戦しようか、よかったらこちらも→ 人気ブログランキングへ 








運河からの工場夜景が人気
横浜、川崎市にまたがる京浜工業地帯の夜景を海から眺める「工場夜景クルーズ」が人気を集めているそうです。

近年、工場鑑賞は昨年写真集「工場萌え」が発売されるなど、ひそかなブームとなっています。

しかし、精油所などの多くは湾岸沿いに立ち並んでおり、工場を眺めるには展望台や高速道路からなど、ごく限られた場所しかありませんでした。
そこで、そんな工場の夜の姿をを海側から見学しようというのがこの企画の狙いです。

今年から横浜港で遊覧船を運航する「ポートサービス」と「リザーブドクルーズ」の2社が開始したところ問い合わせが殺到、いずれも年内は予約で満席とのこと。

工場夜景とみなとみらいクルーズ
工場夜景ジャングルクルーズ


船上からの夜景      工場萌え


横浜港を出航した船は、みなとみらい、大黒ふ頭をみながら京浜運河へ。
さらに田辺運河など、両側に工場の立ち並ぶ細い水路からは、数々のプラントやタンク、倉庫等の美しいライトアップが存分に楽しめます。
また、近未来都市を連想するような、もくもくと水蒸気が噴き出して稼働する工場の幻想的な光景はカップルや家族連れにも大好評なようです。


定番の横浜観光に加え、普段は見ることのできない、ちょっと変わった夜景クルーズを楽しんでみるのも良いかも知れません。


 人気ブログランキング参加中・・・暮らしていてもまだ知らない横浜が、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 



ペットとすごすクリスマス
クリスマスを前に、ペット用のクリスマスケーキが人気を集めているようです。
八戸市の犬のおやつ専門店CelebWanko(セレブワンコ) では、クリスマスを一緒に楽しみたいとする愛犬家からの注文が殺到。
通販を手がける同店には、青森県内のほか関東を中心に300件以上予約が入り、スポンジにサツマイモ、デコレーションにジャガイモなどを使った1番人気のケーキ(3465円)は既に完売で、今はイチゴたっぷりの商品(3150円)が売れ筋だそうです。

Dog only リラ1歳の誕生日に…



値段は人間用と変わりませんが、犬が食べてはいけないとされるチョコレートなどは使わず、糖分控えめ、油分は除き薄味仕立てと、ワンちゃんに優しい仕上がりとなっています。


ネット上にはペット用のケーキや年越しそば、おせち料理なども出回っています。
ペットシッターサービス「まとぅか~」では猫用のケーキも販売されています。


Holiday Kittys Deco Special Xmas Cats Dinner!


猫がケーキを喜んで食べるのかどうかは疑問ですが、無添加にぼしパウダー入りの特製スポンジに純植物性の猫用生クリームでデコレーションしてあり、これだけで飼い主は十分満足してくれそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・トッピングにマタタビはいかが、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 






FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。