東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
01 | 2011/02 | 03
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬は人間の笑顔を見分けている
麻布大学(相模原市)獣医学部の永沢美保特任助教(動物行動学)らのグループによれば、イヌがヒトの笑顔と無表情を識別できるとの実験結果が明らかになっています。
イヌは人間と暮らすなかで、飼い主の表情を見分けることによってコミュニケーションを取る能力を獲得したことが裏付けられ、成果がドイツの専門誌に発表されるそうです。

  プレスリリース


実験は2008年9月から09年10月、生後8カ月~6歳のイヌ5匹を対象に実施。
飼い主の笑顔と無表情の2種類の写真を並べて見せ、笑顔の方に鼻で触れた時には餌を与えて訓練を行いました。
さらに、飼い主が帽子やメガネで変装した写真においても同様の実験をした結果、5匹平均で82%の高い割合で表情を見分けられることが確かめられました。

笑顔を見分けている


また、見知らぬ人で、飼い主と同性の10人と異性10人の写真を見せても、正答率は同性で平均78%、異性は62%という結果でした。
1人暮らしの女性に飼われているイヌは男性の正答率が下がったものの、家族と暮らすイヌでは性別に関係なく、笑顔をほぼ見分けられることも分かりました。


オオカミから分岐したイヌが、ヒトと密接な関係を結ぶことができるようになった経緯ついては、明らかになっていませんが、イヌが進化の過程でヒトに似たコミュニケーション・スキルを獲得、その能力が現在のようなヒトとの共生関係を可能にした大きな要因であると考えられています。

永沢助教によれば、種の違う動物の表情を識別するのは近縁の霊長類でも難しく、またこうした実験は珍しいそうで「イヌが笑顔の意味まで読み取っているかは今回は証明していないが、生活の中で飼い主の喜ぶ姿などを見て学習している可能性は高い」としています。

さらに「イヌは人間に近いコミュニケーションができる表れ。家庭でのしつけも無表情でせず、笑顔でほめれば飼い主の感情がより伝わるはず」とコメントしています。

今回の実験は、イヌの進化過程やヒトとの共生関係構築の理解にとどまらず、ヒト-ヒト間での円滑な視覚的コミュニケーション成立のメカニズム解明のモデルとしても興味深いものとなっています。


 人気ブログランキング参加中・・・笑顔でほめてもネコは反応なし、こちらポチッとヨロシク→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
毛の再生にマウスで成功
東京理科大学辻孝教授(再生医工学)らのチームが、大人のマウスのひげを作る「毛包」にある幹細胞を採取して培養、増殖させ、毛がない別のマウスの背中に移植して毛を再生させることに成功したことが明らかになっています。

3月1日から新宿・京王プラザホテル開催される日本再生医療学会で発表される予定です。


チームはこれまでにも2007年に開発した「器官原基法」を発展させ、マウス胎児から毛や歯のもととなる細胞を採取し、試験管内で立体的に培養して毛や歯に成長させることに成功。
また、09年にはこの歯の原型を成体マウス臼歯を抜いた後に移植し完全再生させ、世界的な反響を呼んだことはブログでも紹介したところです。

  歯の完全再生に成功


今回は胎児の細胞ではなく、成体の毛包の幹細胞を採取して毛を再生させています。
マウスのひげは体毛より太く、直径0.05mm程度とヒトの毛髪に近く、再生した毛を電子顕微鏡で分析すると、自然の毛と同様に中心に毛髄、周囲に毛皮質がありました。
さらに、自然の毛は生え替わることを繰り返しますが、移植後の毛包も3ヶ月間、21日周期で生え替わりが続いたとしています。
自然の毛は毛包に「立毛筋」と呼ばれる筋肉が付いており、寒い時などに毛が立ちますが、再生した毛も立つことが判明。
色素細胞を含めて培養すると、白髪ではなく黒い毛になりました。

この技術をヒトの脱毛患者に応用できれば、残った毛髪組織を再生して長期間維持できると期待されます。
チームは、患者から後頭部の毛髪組織の提供を受けており、辻教授は「早ければ3年後の臨床試験開始を目指したい」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・脱毛症治療に新たな光が、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


都営地下鉄がパスモでポイント
東京都は24日、ICカードPASMO(パスモ)で都営地下鉄に乗るとポイントが貯まるサービスを8月1日から始めることを明らかにしています。

同日の都議会予算特別委員会での質問に答えたもので、都営地下鉄を利用すると「基本ポイント」がつき、土日祝日に利用した場合や、都営地下鉄からバスや荒川線などの都営の交通機関に乗り継いだ場合には、さらにポイントが加算されるとしています。
ただし、1ポイントがいくらに換算されるかについては検討中とのこと。

利用には会員登録が必要で、サービスに先立って7月1日から募集を開始。
郵送やインターネットでの申し込みで、入会金や年会費は無料となっています。
貯まったポイントはチャージ機でカード残高に加算でき、運賃の支払いや駅売店での買い物にも使うことができます。

都では、環境にやさしい公共交通の利用で、地球温暖化の防止にも役立つとして積極的にPRしていくとコメントしています。


同様に乗車・買い物ともにポイントが付く制度は、唯一JR九州のSUGOCA(スゴカ)が昨年2月から実施しており、鉄道利用の際、一律に運賃の1%のポイントが貯まるほか、期間限定で5倍キャンペーンなども行われているようです。


一方、発行枚数3395万枚の最大手、JR東日本のSuica(スイカ)は、ポイントクラブ会員100万人突破。
駅構内の自販機やキオスク、提携コンビニなど11万5300店舗で電子マネーとして使うとポイントが貯まりますが、本業の電車利用ではポイントが付かないことから殿様商売との批判が寄せられています。

これに対してJR東日本では「スイカ1枚で鉄道やバス、タクシーなどさまざまな交通機関を利用できることがメリットなので、乗車に対するポイント付与は実施していない」と強気の回答。
さらに「クレジットカード機能が付いているスイカは、ポイントを還元していることを理解いただきたい」としています。


JR各社はもともと国有企業であり、国民の資産ともいえる充実したインフラを、関連事業の拡大に利用するというのは本末転倒ではないかとする意見もあり、今後公共性という面でのサービス向上がいっそう求められるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・利便性を強調するが客目線での対応を、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


中国のTVに「いきものがかり」登場
K-POP(韓流ポップス)旋風がアジアを席巻するなか、中国でJ-POPのビデオクリップやライブ映像を紹介する番組が、1月から始まっています。
中国進出の足掛かりをつかむ試みとして、ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のミュージック・オン・ティーヴィが中国のテレビ局に映像を提供。

同社と、上海メディアグループの「星尚COOLチャンネル」が共同プロデュースする30分番組「流行櫻楽(リョウシンインユェ)」は、毎週土曜夕方5時30分から放映されており、中国語字幕を付けたビデオクリップなどを交えながら、最新情報を中国人タレントが紹介する形で構成されています。
これまで、いきものがかりやT・M・Revolutionなどのビデオクリップが流れました。


「ありがとう」のビデオクリップ


星尚COOLチャンネルはデジタルケーブルで放映されており、上海約200万世帯など大都市圏を中心に約1600万世帯が視聴可能とのこと。

中国では海外のアニメやテレビ番組はゴールデンタイムに放映できず、総量も規制され、事前の検閲も厳しいのが現状ですが、中国のテレビ局と共同プロデュースの形にすることで、中国の番組としてJ-POPを流すことが可能となりました。

また、ネット利用者が4億5000万人を突破した中国では、日本のアニメの海賊版が動画共有サイトなどに流れている状況です。
放送は6カ月の予定ですが「アニソンに限らず、雑多にいろんなものを流してみて、多様化しているJ-POPのどこにどんな反応が出てくるか試している段階」と同社はコメントしており、上海メディアグループ内では「(より視聴世帯が多い)地上波で流せないか」という話も持ち上がっています。

番組で足掛かりをつかむことができれば、それをビジネスにつなげていくことが次の課題となるほか、日本という国や日本製品のイメージアップにも貢献するチャンスとなるでしょう。


中国では、自国のエンタメ産業育成のため、外国映画について年間50本までという配給枠が設けられており、しかもそのうち20本は米国と決まっていることから、残りの枠をそれ以外の国が争っています。

また海外のアニメについてもゴールデンタイムの放送は禁止で、アニメ放映総数の39%以下という総量規制もあります。
経済産業省文化情報関連産業課の担当者は「中国は期待できる市場であり、アニメやドラマが受容される環境整備は重点化すべき戦略」としています。

K-POPに10年遅れをとっているともいわれるなか、中国でのJ-POP進出の行方が注目されるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・CGアニメも共同で企画中、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


食べ過ぎを尿で判定
計量器メーカーのタニタが尿中の微量な糖分を計測することにより「食べ過ぎ」であるかどうかを手軽に判定できるダイエットチェッカー「QM-300」の試作モデルを発表しています。

  プレスリリース


食事で摂ったご飯やパン、イモ類などの糖質(主に炭水化物)は、ある一定ラインを超えると脂肪になり太る原因となります。
同社の研究によれば、食事で過剰に糖質を摂ると、尿中の糖分が多くなることが判明。
尿中に排出される微量な糖分を計測することで食べ過ぎを判定できる携帯型の試作機を開発、2年以内の商品化を目指すとしています。


食後における尿中の糖分変化    ダイエットチェッカー試作機


試作機はハンドバッグに入るサイズで、食事をしてから2時間後に、センサー部分に尿をかけて糖分量を計測。
尿中の微量な糖分を3極式4層の薄膜機能層からなるシングルチップのバイオセンサーで検知し、同社独自のアルゴリズムで解析、食べ過ぎかどうかを数値と5段階のアイコンで表示します。

なお、食べ過ぎを判定する新指標としては「ミール」という独自に設定した単位を使用し、0~1000ミールの範囲を計測・表示する機能を持ています。

同社では2時間後のミール値が一定ライン以下のであれば糖質が原因で太ることはないとみていますが、この境界値については現在調整中で、もう一段の研究が必要になるとのこと。

なお、製品化に向けては糖分だけでなく、尿中のさまざまな成分を総合的に測定できる仕組みを開発し、価格も1万円前後に抑えたいとしています。


日本人男性の7割 女性の9割体重管理を心がけているとの調査結果もあり、ダイエットに対するニーズは年々高まっています。
しかし、これまで食べ過ぎを判断する指標はなく、摂取エネルギ量が使われてきました。
摂取エネルギは食品に表示されているエネルギ量から求めることができますが、すべてを計算するのは手間がかかり、またエネルギーの吸収率には個人差もあるため、正確には分からないのが現状です。

同社では、食べ過ぎを容易に判定できるようになれば、ダイエットに成功しやすくなるとともに、さらなる健康ニーズを創出していきたいとしています。


 人気ブログランキング参加中・・・2時間後に後悔することになりそう、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

3種の神器はPC・携帯・デジカメ
クラレが「現代家庭の情報生活」をテーマ行ったアンケートによれば、現代の3種の神器は「パソコン」「携帯電話」「デジタルカメラ」との結果がでています。

  現代家庭の情報生活


調査は昨年9月、首都圏と近畿圏に居住する計500世帯を対象にインターネットにより実施。
それによれば「現在所有している情報化製品」(複数回答)のトップはパソコンで、99.2%を占めています。

  ①パソコン-------99.2%
  ②携帯電話-------98.0%
  ③デジタルカメラ----92.4%
  ④ネット回線------87.4%
  ⑤テレビ録再機-----66.4%
  ⑥ケータイゲーム機---60.8%
  ⑦テレビゲーム機----59.4%
  ⑧ハイビジョンテレビ--58.0%
  ⑨ラジオ・オーディオ機器54.0%
  ⑩ファックス------53.8%


前回2000年調査では1位のパソコンは64.0%で、2位以下はファックス59.3%、携帯電話(通話のみ)56.1%、ビデオカメラ55.6%、携帯電話(ネット機能付き)44.9%と続いていました。
またデジタルカメラは18.1%で10位となっており、同社ではこの10年でもっとも普及した製品の1つと分析しています。

また「近い将来購入したい情報化製品」としては携帯情報端末機器が17.6%で最多となっています。
2位以下は、ハイビジョンテレビ、デジタルフォトフレーム、ビデオカメラ、テレビ録再器、パソコン、携帯音楽プレーヤーと続いています。


今や電子書籍やスマートフォンなどの新型情報端末機器が登場、携帯電話の高機能・多機能化により、さまざまな情報が得られる時代になり、通話のみの携帯電話が存在した10年前が懐かしくさえ思われます。

暮らしの中で液晶に代表されるフラットパネルディスプレイを眺めている時間が長くなり、1日平均5時間半という結果も出ています。

時刻表や地図、辞書といった、かつては一家に1冊常備されていたものも、今やネットワークツールで見ることが普通になりつつあります。 
今後、旧来の情報ツールである新聞や雑誌、書籍との住み分けもまた気になるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・ただしネット調査であることも考慮に、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


神経系と骨・筋肉は同じ幹細胞から発生
大阪大学大学院生命機能研究科の近藤寿人教授と竹本龍也助教らの研究グループが、脊椎動物の受精卵が胎児に成長する前の胚の段階で、神経系と骨・筋肉が別々の幹細胞からできるとしていた定説を覆し、同じ「体軸幹細胞」から生まれるメカニズムをマウスの実験で解明。
論文が17日付の英科学誌ネイチャーに掲載されています。

  Tbx6-dependent Sox2 regulation determines neural or mesodermal fate in axial stem cells


近藤教授によれば、従来の説は高校生物の教科書のほか、大学の専攻や人工多機能幹細胞(iPS細胞)研究などの専門分野でも常識として扱われています。
今回の成果によって、教育と研究の現場で定説が見直される可能性が出てきました。


研究グループは、タンパク質「Tbx6」の遺伝子をなくしたマウスの胚で、骨や筋肉のもととなる中胚葉が発生せず、代わりに神経系の脊髄が複数生まれる現象に着目。
1つの体軸幹細胞から、タンパク質「Sox2」が作用して神経系ができSox2の働きをTbx6が抑え込んで中胚葉が形成されることを突きとめました。

これまで一般的な教科書では、脊髄などの神経系は外胚葉から、骨や筋肉は中胚葉から生まれるとされていました。
また、歯においてもエナメル質は外胚葉由来、象牙質・セメント質・歯髄は中胚葉由来の間葉系組織から発生することは長年の常識として私たちも理解してきたところです。

今回の研究で、神経系と中胚葉がいずれも体軸幹細胞から生まれ、後に脊髄や骨、筋肉へと変化していくことが分かりました。
さらに胚からの発生メカニズム解明は、体の組織の一部を作ることを目指しているiPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)の研究にも貢献するものと期待されます。

近藤教授は「教育と研究双方で、新しい地図として生かしてほしい」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・制御遺伝子の役割と相互作用に注目が、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


ピンバッジで鎌倉・江ノ島をPR
鎌倉、藤沢両市の観光協会と江ノ島電鉄が連携し、国内外から積極的に観光客を呼び込もうと、共同で観光ピンバッジを製作しています。

  鎌倉藤沢ピンバッジ


観光庁が、訪日観光の促進を目的に選定した、太陽とサクラのロゴと「ジャパン エンドレス ディスカバリー」(尽きることのない感動に出会える国、日本)のキャッチフレーズをベースに観光シンボルの鎌倉大仏、江の島、江ノ電をあしらったオリジナルデザインとなっています。


鎌倉ピンバッジ


バッジは横3cm、縦1.5cm。
地元関係者が上着の襟などにつけ、観光PRに役立てるほか、希望者にはJR鎌倉駅東口の観光総合案内所などで1個500円で販売、郵送も受け付けています。

  問い合わせ=(社)鎌倉市観光協会:℡ 0467(23)3050


 人気ブログランキング参加中・・・ミス鎌倉もPR、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


新鉱物「千葉石」発見
物質・材料研究機構の門馬綱一研究員らのチームが、結晶内に天然ガスが閉じ込められた新たな鉱物を発見し、16日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表しています。
なお、鉱物は採取地の千葉県南房総市にちなみ「千葉石」と命名されています。

  New silica clathrate minerals that are isostructural with natural gas hydrates
  プレスリリース


千葉石は大きさ数mm、無色透明で、ケイ素原子と酸素原子から構成された『かご』状の結晶構造を持ち、『かご』の内部にはメタンやプロパンなど4種類の天然ガスの分子が閉じ込められています。
この結晶構造は、同じく『かご』状の構造を持つ天然ガスハイドレート中の水分子を、ケイ素と酸素で置き換えた構造に相当し、主成分にメタンを含む鉱物としては1880年代にイタリアで発見されて以来、世界で2例目とのこと。

しかし、新エネルギーをして期待されるメタンハイドレートとは異なり、ガスの取り出しが難しく、資源としての価値はないそうです。


千葉石


物材機構によれば、現場は約1800万年前の砂岩や泥岩で、館山市のアマチュア研究家が化石の採取中に発見。
その後、同機構と千葉県立中央博物館(千葉市中央区)などのチームが結晶構造の詳しい分析を行い、新種と特定。
98年に国際鉱物学連合(IMA)に新鉱物の認定を申請し、翌99年に承認されています。

門馬綱一研究員は「天然ガスハイドレートの起源を解明する物証となる可能性がある」とコメントしています。


なお、県立中央博物館では6月12日まで、千葉石の標本や結晶構造の模型などを展示するトピックス展「新鉱物発見!名前は『千葉石』!」を開催しています。
入場料は一般300円、大学生・高校生150円、月曜休館。


千葉石の成因はプレートの沈み込みと関係が深く,そうした地質条件をもつ千葉県ならではの鉱物とのことで、命名に当たっては発見者の要望が反映されています。
ところで、都道府県の名前を冠した鉱物としてはこれまで滋賀石岡山石新潟石大阪石東京石の5例が認定されており、今回の千葉石は6例目の新鉱物となります。


 人気ブログランキング参加中・・・日本産の新鉱物は約110種、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


中国嫁日記
中国人女性と結婚したイラストレーターが、日々の暮らしを通して、国際結婚のカルチャーギャップをコミカルに描いた4コマ漫画「中国嫁日記」が話題となっています。

  中国嫁日記

作者は、イラストレーターやゲームデザイナーとして20年のキャリアを持つ井上純弌氏(40歳)、作品の中では「ジンサン」と呼ばれ、奥さんの「月(ゆえ)さん」は仮名で現在20代だそうです。

池袋のアトリエにこもり毎日仕事に打ち込む同氏ですが、親の勧めで始めた見合いも断られ続け、あきらめかけた時、友人の紹介で中国東北部の瀋陽出身の女性と中国で見合い。
「美人過ぎてまた振られる」と覚悟したところ、意外にも気に入ってもらえ、交際を始めて8年にゴールインしたとのこと。


昨年7月より2人の生活をテーマにした漫画をネット上に連載しはじめています。
日本にとけ込もうとするものの、思わぬ勘違いをする月さんや、それに戸惑うジンサンの掛け合いの面白さが受け、閲覧数は月刊90万に達するとのこと。

さらに日中の生活・食習慣の違いをめぐって、読者を巻き込んでの文化論争に発展したこともあるそうです。

人気を聞きつけた日本の出版社13社から単行本化の申し出があったほか、中国からも翻訳の話が舞い込み、今夏には単行本と中国版が出る見通しとなっています。


ブログが嫁にバレた


実は、当初月さんには秘密の作品でしたが、人づてにバレた今では認めてくれているものの、顔写真はNGとのこと。

昨今は領土や資源をめぐる問題から日中間の関係悪化に発展していますが、井上氏は「中国人といっても一枚岩じゅなく、考えはさまざま。同じ人間だと分かれば、変に怖がる必要はなくなる。漫画が互いの理解の助けになればうれしい」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・日本人同士でもわが家では大ギャップが、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


むし歯の原因酵素の構造を解明
静岡県立大学伊藤圭祐助教京都大学の岩田想医学研究科教授などの研究チームが、むし歯の原因となる酵素の立体構造を分子レベルで解明したことが明らかになっています。

構造情報を基に、酵素の働きを抑える虫歯予防物質の開発が期待できるとして、成果が米科学誌Journal of Molecular Biology(電子版)へ掲載されるとのこと。

  虫歯の病原因子である酵素の立体構造を世界で初めて解明(プレスリリース)


むし歯(う蝕)は全世界人口の7割、日本人の約9割がかかる身近な生活習慣病であり、糖類の摂取が原因となって発症することは周知の通りです
う蝕は進行に伴い、痛みや歯を失うのみならず、長期間放置すると場合によっては敗血症を併発し死亡することもあります。
また、う蝕発症の原因となる歯垢(プラーク)は口臭や歯周病、誤嚥(ごえん)性肺炎の原因ともなります。

う蝕の病原因子としては、これまで口腔内に常在する細菌ストレプトコッカス・ミュータンスに由来する酵素である「グルカンスクラーゼ(GSase)」が同定されています。

口腔中に砂糖があると、まずGSaseにより粘着性多糖であるグルカンが合成されます。
さらに、グルカンは食べカスや他の口腔細菌を巻き込んでプラークを形成し、内部で口腔細菌が増殖します。
プラーク内部で口腔細菌が産生する酸のために歯が脱灰して、う蝕が進行します。


虫歯の発症メカニズム


GSaseの働きを抑えればう蝕の発症リスクが減り、これまで緑茶に含まれるカテキンなどのポリフェノール類に抑制効果があるとされてきましたが、より効果的に抑制するには酵素の分子レベルでの解明が不可欠でした。

研究チームは、この酵素を結晶化し、規則的に並べた上でX線を当てて結晶内部の配列を特定、立体構造を解明しました。
またグルカンが合成される際に、酵素が分子レベルでどう働くかについても明らかになっています。


近年、う蝕の治療方法に重きがおかれた従来のむし歯研究に対して、その原因や成り立ちを研究する分野、カリオロジーが注目されてきました。
カリオロジーとは、う蝕を意味する「カリエス(Caries)」と、学問を意味する「オロジー(ology)」が結合してできた言葉です。
これまでう蝕はミュータンス菌などを原因とする感染症であることは分かっていたものの、予防のためにはプラークコントロールや食生活改善などに頼るしかなく、私たち歯科医も期待した効果がでなく歯がゆい思いをさせらることも少なくありません。

今後、ポリフェノール類などのう蝕抑制効果の作用機序が明らかになることによって、GSase阻害物質の探索・設計が可能となり、より効果的なう蝕予防につながるものと期待されます。


 人気ブログランキング参加中・・・治療法が一変する可能性もありそう、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


猿人にもあった土踏まず
米ミズーリ大学などのチームが約390万~約290万年前に存在し、現代のヒトに直接繋がっていると考えられ、ルーシーの愛称でも知られているアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の、足裏にヒトと同じ土踏まずのアーチ(弓)状の形があったとする研究結果を発表。
11日付の米科学誌サイエンス(電子版)に掲載されています。

  Complete Fourth Metatarsal and Arches in the Foot of Australopithecus afarensis


チームはアフリカ東部・エチオピアのハダールでアファール猿人の左足の薬指と足首の間の部分にある「第4中足骨」の完全な形の化石を発掘。

チンパンジーやゴリラ、ヒトの骨との比較分析したところ、骨の先端が地面に平たく着くようねじれ、骨が地面に対して傾きを持つなど、アーチを持つヒトの骨と同じ特徴を持つことが分かりました。


アファール猿人の女性(国立科学博物館)    ルーシーの第4中足骨


このことから、木の枝など物をつかむ構造から進化したものとみられ、アファール猿人が樹上での生活ではなく、地上で直立2足歩行に特化していたとの説が裏付けられた形となりました。


土踏まずはヒトにのみ存在し、片足に3箇所あって、それぞれ、前後方向、左右方向、水平回転方向の姿勢制御を容易にするとされています。
また、アーチ形状がバネのように作用することで、足にかかる衝撃を緩和させる役割も担っています。
さらに土踏まずは直立2足歩行を行うことによって次第に形成されるため、生まれたばかりの赤ん坊にはありません。

ところで扁平足の人の第4中足骨の形がどうなっているのか、それもまた気になるところです。


  Lucy's Arched Feet Suggest Human-Like Locomotion, Researchers Discover(Press Release)


 人気ブログランキング参加中・・・土踏まずの成長には裸足の生活がよい、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 





FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。