東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
02 | 2011/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国でも振り込め詐欺
新華社通信などが伝えるところによれば、中国福建省で、日本で学ぶ中国人留学生の実家に「東日本大震災の影響で、お子さんの銀行口座が使えなくなりました。指定する新たな口座に現金を振り込んで下さい」との電話をかけ、現金をだまし取る事件が相次いでいるそうです。

  “震后急需用钱”成诈骗新伎俩



同省竜岩市の公安当局の調べでは、犯人は留学生の実家の電話番号を何らかの方法で手に入れ、「日本留学生会」のメンバーを名乗っているとのこと。

家族らは口座が本当に使えなくなったか確認しにくい上、わが子と心配するあまり、慌てて振り込んでしまうケースが多いものとみられます。
地元警察は、日本に子どもを留学させている家族に対し「安易に信用せず、日本の中国大使館に連絡して確認してほしい」と呼びかけています。

それにしてもこういった災害に便乗し、弱みにつけ込む卑劣な犯罪が横行することには憤りを覚えるとともに、犯人は厳罰に処してもらいたいものです。


 人気ブログランキング参加中・・・許せん、こちら怒りのポチッと→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
砂糖から被曝線量を推定
松山大学薬学部の葛谷昌之教授が、福島第一原発周辺の住民を対象に「自宅の砂糖を送っていただければ放射線被曝線量を推定します」 との呼びかけをしているそうです。

同教授によれば、砂糖が放射線を浴びると、化学反応を起こしやすい「ラジカル」という状態になります。
その砂糖のラジカル量を電子の状態を調べる「電子スピン共鳴法」で測定すると、砂糖が浴びた放射線被曝線量が推定でき、砂糖が放射線量計の代わりになるとしています。


葛谷教授は、99年の茨城県東海村のウラン加工施設臨海被曝事故の時も、東海村の住民に同様の呼びかけを行い、95人の住民から砂糖が集まり、分析の結果砂糖が保存されていたそれぞれの家屋での放射線量が推定できたそうです。
必要な砂糖はスプーン1杯分で、乾燥していることが条件です。

希望者は、湿気が入らない容器に砂糖を密封し、封筒に①名前、②住所、③電話番号、④自宅の構造(鉄筋か木造かなど)、⑤砂糖の容器や保存方法-以上を書いた紙を同封の上、下記住所まで郵送とのこと。

 宛先:〒790-8578
     松山市文京町4~2
     松山大学薬学部 葛谷昌之教授宛


 人気ブログランキング参加中・・・砂糖ならどこの家庭にも、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


シーベルトにベクレル?
原発事故についての政府会見を始め、メディアを通してや聞き慣れない言葉や数値などの専門用語が次々と飛び出し、理解できない人も多いのではないでしょうか。

日頃X線を専門に扱う私たちでさえ、忘れかけていたような用語が並べられ、国民を安心させるどころか逆に煙に巻くための数値羅列かと勘ぐってしまいます。

枝野長官もそれを察してか、会見では「1557マイクロシーベルトは胃のX線検診3回分、184.1マイクロシーベルトは東京とニューヨーク間を飛行機で往復した時に浴びる宇宙線被曝量」などと具体的な例を付け加えて説明しているものの、東電や原子力安全委員会の説明は相変わらず難解です。


放射性物質は自然界では不安定な状態で、安定した物質に変化する課程で放射線を出します。
たびたび耳にするシーベルトとは、スウェーデンの放射線学者R.M.シーベルトにちなんで名付けられ、放射線が人体に与える影響の度合いを表す単位で、1マイクロシーベルト(μSv)の1000倍が1ミリシーベルト(mSv)となっています。
一方、物質が放射線を出す能力はベクレル(Bq)という単位で表し、ウランの放射能を発見しノーベル物理学賞を受賞したフランスの物理学者アンリ・ベクレルにちなんでいます。
ベクレルは放射能値と言った方が分かりやすいと思いますが、放射性物質が出す放射線にはアルファ線やガンマ線などいろいろな種類がありその種類や物質からの距離によって人体への影響が異なります。
これに対しシーベルトとは、どれだけ被曝するか、その量だと考えられます。


放射線量の人体への影響


人は日常生活で、地中や宇宙から年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びています。
これとは別に国際放射線防護委員会(ICRP)が1990年、日常生活で浴びる分やX線検診などを除き、年に1ミリシーベルトを超える放射線を浴びないように世界各国に勧告しています。
また、職業で放射線作業をする人たちにはまた別の基準が設けられています。

人体に影響が出るとされるのは、100ミリシーベルト以上からといわれており、この数値は200人に1人が、がんになる恐れが高まるという程度のレベルです。


直接大量の放射線を浴びた場合には、細胞が一気にダメージを受けて修復不能となりますが、継続的に少量の放射線を浴び続けた場合には体内に少しずつ蓄積されると考えられています。
放射線に傷つけられた細胞には自力で傷を治す力がありますが、放射線を受けた量に応じてがんや遺伝的影響が起こる率は上昇することになります。

このため、通常は1年単位で浴びた線量を積算する基準が設けられています。


 人気ブログランキング参加中・・・放射線≠放射能≠放射性物質、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


「AC」って何だ?
震災によるテレビCMの自粛から、空いた枠にACジャパンの同じ広告が何度も繰り返し流されていますが、あまりにも多すぎるとする苦情が殺到しているそうです。

ACは71年に世のためになるメッセージを広告で発信しようと、関西の企業が設立した関西公共広告機構として大阪で発足しています。
その後74年には社団法人公共広告機構として活動の幅を全国に広げ、09年7月以降ACジャパンとなって全国に8カ所に事務局が設置されています。

①テレビ、ラジオ、新聞などマスコミ、②広告を出稿する一般企業、③広告を制作する広告会社に大別される会員企業の会費で運営されています。


ACが作るCMには、環境問題や公共マナーなど社会性のあるテーマを訴える全国CMが年に3本、地域ごとのCMが各地に同じく1本、日本対がん協会や日本脳卒中協会など非営利団体を取りあげる支援CMが9~10本の3種類があります。

ACはCMの素材を放送局に提供しますが、それらをお金を払って流してもらっているわけではないようです。
AC側はすべてのCMを公平に使うよう依頼はするものの、どう使うかについては放送局側の判断に委ねられているとしています。
実際には社会的な責任の一環としてのほか、不祥事などでCMの放送を見送りたいスポンサーと局が相談の上、空いた枠を穴埋めするのに使われることが多いとのこと。


今回、これほど大量に流れた背景には、契約済みの自社CMの自粛を希望するスポンサーが多かったことがあります。
しかもACが用意していたCMの中に、この時期の放送にふさわしくないと判断されたものがあり、特定のCMが繰り返される結果となりました。
自粛希望が多いならばいっそCM枠をなくしてしまえば良いように思えますが、ドラマのようにCMがあることを前提に全体の構成や放送時間を決めて制作されたものもあり、地震発生直後の緊急時の特別編成でもない限り難しいようです。


 「東北地方太平洋沖地震」にあたって
ACジャパンのCM放送についてのお詫びとお知らせ



ACでは相次ぐ苦情にHP内にもお詫びを掲載するとともに、CM最後に流れ耳に付く、♪エーシー という音声(サウンド・ロゴ)を削除。
それとは別に、長友佑都選手やSMAPなどを起用した震災被害者の支援を呼びかけるCMを急きょ制作、他のCMも流れ始めたことから、当初のような違和感は少なくなったように思います。


 人気ブログランキング参加中・・・東電のCMはさすがにNGか…、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


ルスツでスキー
こんな情勢ではありますが、リフレッシュのため少々お休みをいただきルスツリゾートでスキーを楽しんできました。

リラ君留守番は嫌だと実力行使


ルスツは漢字では「留寿都」と書きますが、アイヌ語の「ル・スツ」道が山のふもとにあるという意味だそうです。
札幌市内や新千歳空港からは車で90分程、ちょうど羊蹄山をはさみニセコひらふの反対側に位置します。

ルスツで滑るのは4シーズンぶりとなりますが、ビッグなスケールと雪質もさることながら、羊蹄山や洞爺湖を望む雄大なロケーションはいつ来てもリゾート気分を満喫させてくれます。
中でもヘブンリービューコースは一番のお気に入りです。


洞爺湖と有珠山方面を臨む       後方に羊蹄山


また、スノーモービル・ラフティングや犬ゾリといったアクティビティーが充実しているほか、レストラン、ショッピングモールなどアフタースキーにも事欠かず、ニセコと並ぶ国際的人気の通年リゾートでもあります。

ところが今回、中国・オーストラリアなど海外からの観光客をほとんど見かけませんでした。
円高に加え震災・原発不安の影響が追い打ちをかけたのは間違いなさそうです。

一方、関西弁で捲し立てる家族連れがいつもにも増して多く、やけに耳に付きました。


さて、ここまで来ればススキノが手招きして待っています。
予定を1日延ばして、ブログでもお世話になっている遠藤木型の社長のお誘いで、隠れ酒蔵かけはしさんへおじゃましました。
漁師や蔵人達の心をお客様に伝える「かけはし」で在りたいとする、店主のこだわりと暖かみあふれるユニークなお店でした。
旬の食材に舌鼓、店主厳選の焼酎ラリーにもまた挑戦したいところです。


 人気ブログランキング参加中・・・三井アウトレットが凄いぞ! こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


習い事は英語
リクルートが、1年以内に習い事をした20~34歳の働く女性519人を対象に実施した「習い事調査」によれば、2010年度は英語がトップだったことが分かりました。

英語は現在と同様の方法で調査を始めた04年度以降、7年連続で1位となっています。
過去1年に習い事をした人の20.4%を占めており、前年より2.7ポイント増加しています。

また、上位5位も前年と変わらず、ヨガ・ピラティス16%、フィットネスクラブ15%、家庭料理9.4%、パン7.7%、の順となっています。

昨年に比べ順位を上げたのは、ダイビング60位→29位、ゴルフ29位→9位、韓国語などでした。
さらに、1ヶ月の習い事代は1万円未満が6割を占め、最も多かったのは5000円~1万円未満が33.9%、次いで1万円~2万円未満が24.3%でした。
また、通う頻度は週1回程度が37.8%と最も多く、週1回未満と合わせると約7割となっています。

今後、やってみたい習い事でも英語が1位で、家庭料理、ヨガ・ピラティス、パン、お菓子と続き、前年よりワイン・チーズ、中国語、バレエ、ベリーダンスなども順位を上げています。


 人気ブログランキング参加中・・・ゴルフは急上昇中、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


中国でもデマメール
日本の原発事故をうけ中国では、「福島原発で放射能がもれ、アジア各国は対策が必要だ」とするデマのチェーンメールが飛び交い、不安と騒動が広がり、また上海では被爆の悪影響を抑えるヨウ素剤を市民が買いあさり品切れが相次いでいるそうです。

メールは英BBCのニュース速報を装った英語と中国語のものが、15日頃から出回り始め、上海在住の日本人にも届いているとのこと。

「雨が降ったら24時間自宅待機を」と真実味を持たせ、「本日午後4時にはフィリピンに到着。愛する人に転送を」と最後に結んでいます。

上海中心部では、ヨウ素入りの薬剤やヨードサプリメントを買いあさる市民が薬局に押し寄せ、翌日には大半の薬局で売り切れてしまったそうです。

一方、国家品質監督検査検疫総局では、全国の空港や港湾に対し、日本からの輸入品の放射線検査を強化するよう指示。
上海の入国管理局は、日本からの渡航者についても放射線検査を行う検討を始めているとのこと。


 人気ブログランキング参加中・・・日本を脱出する中国人が急増中、こちらポチッと→ 人気ブログランキングへ 


お湯が突然茶色に
北海道釧路市にある農村都市交流センター「山花温泉リフレ」で湧出する温泉が、2月中旬に無色透明から突然、茶褐色に変化して利用客を驚かしているそうです。


山花温泉リフレ1      山花温泉リフレ2


96年開業の同温泉には、計12の浴槽があり、年間約15万人が訪れます。
地下1200mまで井戸を掘り、190m付近からポンプでくみ上げており、ナトリウムやカリウムを多く含む塩化物強塩泉で、泉温は39℃。

先月25日早朝、従業員が異変に気づきました。
湧出量や泉温に変化はないものの、今月4日に行った簡易検査では4年前の分析に比べて酸性が強くなり、鉄分が大きく増していました。

温泉を運営する市の指定管理者「トップオブ釧路」によれば、入浴客からは「前より体が温まる」「お湯がまろやかになった」と好評で、泉質の変化後、客足は前年同期比で10%近く伸びたとのこと。

専門家は「鉄分が増え、保温力などの効果が高まっている。泉質が目に見えて変化するのは珍しく、新たな温泉が入り込んだ可能性がある」とコメントしていますが、よもや天変地異の前触れでないことを願います。


 人気ブログランキング参加中・・・天の恵みと思いたい、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


イソジンは飲まないように!
通話規制や停電で情報確保が難しい中、インターネット情報は活躍しています。
震災に見舞われた県や市は、ツイッターなどで情報を発信するなど、被災者同士も安否の確認にネット情報を活用しているようです。

一方、福島第1原発の放射性物質漏れによる見えない恐怖が広がり、「昆布やワカメを食べよう」「1週間家に閉じこもれ」などといった誤った情報がチェーンメールで広まっています。
放射線研究者や大学教授からのアドバイスなどとされるメールで、「被爆を防ぐには、ヨウ素を含む食品を食べる」「乾燥昆布40gを食べれば24時間は被爆を防げる」などとしています。

これに対し専門家は原子力発電所の周辺では、あらかじめ非放射性ヨウ素を取っておくことで放射性ヨウ素は体内に入っても素通りさせるためにヨウ化カリウム錠剤を常備していますが、海草で同量を取るのは到底無理とのこと。
また、ヨウ化カリウムとて万能薬ではなく副作用や禁忌症があるので、国の指示を受けた専門家の配るもの以外は飲まないように警告しています。

ヨウ素を含むうがい薬やのどスプレーの摂取が有効などという情報も流れているようですが、ヨウ化カリウム剤とはイオンの状態が異なっているので服用は危険です。
そもそもこういった市販品は口から飲むことを想定した内服薬ではなく、体に有害な作用を及ぼす物質も含まれているので、根拠のない情報には十分な注意が必要です。

  ヨウ素を含む消毒剤などを飲んではいけません(放射線医学総合研究所)


 人気ブログランキング参加中・・・わが家にも同様のチェーンメールが…、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


本州が2.4m動いた
東日本大震災による津波は太平洋を越え、半日かけて米西海岸・中南米を襲い、カリフォルニア州北部では津波にのまれ1人の犠牲者が出たほか、多くの船が損傷しているそうです。
大震災のエネルギーは米国で1ヶ月に使用される総量にも匹敵するとのこと。

また、米航空宇宙局(NASA)米地質調査所(USGS)などの研究者によれば、
今回の一連の地震の揺れにより、本州が8フィート(約2.4m)東に動き、地球の自転が100万分の1.6秒速くなったとしています。

  Japan Quake May Have Shortened Earth Days, Moved Axis(NASA)


ハワイ州やカリフォルニア州、チリなど太平洋地域では、地震発生の10分後には津波注意報が発せられ、04年のインドネシアでの津波の経験が生かされた結果となりました。

津波は時速800kmで太平洋を横切り、7時間後の11日未明に3m以上の高さとなってハワイ州を襲い、ホテルや家屋が浸水被害にあいましたが、各島ではサイレンが鳴り響き、海岸沿いの住民は既に避難していたため、人的被害はほとんど無かったそうです。

さらに2時間後に日本からは8000km離れた米本土にも到達。
AP通信によればオレゴン州南部のブルッキングス市郊外で4人が高波にさらわれましたが、自力で岸に上がったり助けらています。

カリフォルニア州クレセット市では、64年アラスカ州で起こった地震による津波が同市を襲い11人が亡くなった経験を生かし、早い段階で避難勧告による迅速な避難が功を奏したようです。

しかし逃げ遅れた男性1人が高波にのまれて死亡したほか、停泊中の小型船舶が陸に乗り上げるなど、港湾部で大きな被害を受け、被害額は1000万ドル(約8億円)を超えると推定されています。



今回の津波による被害を各国メディアは大々的に報じ「日本の建築には、世界で最も厳しい耐震基準が適用されている。しかし、海岸に近い震源での大地震では、非難の時間が短すぎた」などと、多数の死者・行方不明者が出ていることについて同情的なコメントを伝えています。

また専門家は23年の関東大震災と、予想されている東海大地震にも触れ「今回の大震災は予想されている大地震とは違う。東海地震にも備えなければならない」と付け加えています。


 人気ブログランキング参加中・・・東海地震誘発の懸念も、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


昨日は徒歩で帰宅
今季限りの勇退を決めていた石原慎太郎東京都知事が、一転4選に向け立候補する意向を表明しているさなか、これまで経験したことのないような地震が押し寄せてきて会見は中止に…。

その後も船に乗っているかのような揺れは続き、さらにテレビの映像では、津波によって漁船や住宅、車が次々と濁流に呑み込まれていく光景に目を奪われてしまいました。

時間とともに被害の状況が明らかになり、人類が築き上げてきた文明とて、自然の力の前には、あまりにも非力であることを思い知らされます。
これは神の怒りに触れてしまったに違いないと思ったのは私だけではないでしょう。


怖かったニャー!


地震発生時、国会の予算委員会では野党側が菅直人首相の資金管理団体による外国人献金問題などを追及、首相の進退問題もからんで緊迫していましたが、一転与野党協力して国の危機に取り組もうとする動きとなっています。
党首会談によって、災害対策のための補正予算編成でも異例のスピードで協力態勢を確認。
さっきまでの、与野党攻防をめぐるごたごたは一体何だったのかと言いたくなります。

また同様に、菅おろしを画策する民主党内の反首相勢力も、内輪もめをしている事態ではないとして政権攻撃を控え政局の潮流に変化が見えています。


地震の揺れが大きかった割には、幸い当院でも器材の破損や停電もありませんでしたが、電車がすべて運転を取りやめてしまったため、徒歩での帰宅となりました。

周辺の道路は自宅へ向かう人の流れができているほか、車は大渋滞、横浜駅周辺も多くの帰宅難民であふれています。
また携帯電話がつながらないことから、公衆電話の前には長蛇の列が出来ていました。


そんな中で、PHSが意外と有効であることが分かりました。
音声通話はやや通じにくかったものの、メールの送受信に支障はなく、家族との連絡が密に取れたことが安心につながりました。


 人気ブログランキング参加中・・・今回、緊急地震速報に対する疑問も、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


スカイツリーが落雷の謎に迫る
墨田区に建設中の東京スカイツリー が自立式電波塔として世界一の高さとなり、今月中にも完成時の634mに達する見込みとなりました。
現在は、テレビの地上デジタル放送用のアンテナなどを取り付ける長さ約140mのゲイン塔を、最上部まで引き上げる作業が行われています。

ところで、高さ350mと450m展望台へは、横方向からの落雷が想定されているそうです。
スカイツリーは、塔体の鉄骨そのものが避雷針の役割を果たしており、落雷の電流は鉄骨を通って地中へ吸収される設計となっているほか、展望台の外壁や窓サッシは、落雷も意識して造られているとのこと。
また、電波塔の機能に関係する電気系統についてもすべて二重にして、ケーブルのルートや機械室も別々に配置、一方が停電しても、もう一方でバックアップできる信頼性を意識した万全の態勢を整えているとしています。


s-ロゴスキーコイル2


ゲイン塔の根本付近497mには、落雷の電流の大きさや波形の変化などを計測するための装置、銅線をコイル状に巻いた全長約32mの「ロゴスキーコイル」が巻き付けるように設置されるそうです。

この付近の高さでは、年間20~30回の落雷が予想され、落雷の仕組みを解明するための貴重なデータが得られることが見込まれています。
電力中央研究所が先週、東武タワースカイツリーと契約、東京大学生産技術研究所とともに3者共同による研究が予定されています。

こうした落雷の計測装置は、国内では風力発電用の風車20数台に設置されていますが、500mを超える超高層建築物への計測装置の設置例はカナダのCNタワーだけで、世界的にも珍しい研究成果が期待でき、これを元に雷被害防止につなげたいとしています。

スカイツリーは開業まで1年ほどとなり、予想以上に注目を集めながら高さから内容へと、総仕上げの段階へ入っているようです。


 人気ブログランキング参加中・・・雷のメカニズムには不明な点も多い、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。