東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
01 | 2012/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田メディカルセンター
メディアでも取り上げられ話題となっている、千葉県鴨川市の亀田病院に、先日、父(一郎)が入院していたことから、見舞いがてら見学に行って来ました。
昨年末、検診で肺に影が見つかり、複数の病院にて処置方法を検討、体力も十分にあり手術で摘出するのがベストとの結論に達したものです。


亀田メディカルセンター


病院は、イルカのショーなどで知られるの鴨川シーワールドの斜め向かいに位置し、東京駅八重洲口より高速バス(アクシー号)が玄関前まで1日20往復運行されているほか、 外房線特急「わかしお」を利用すれば安房鴨川駅まで2時間弱で到着します。

同病院は、1948年に有限会社亀田総合病院として発足し、54年医療法人鉄蕉会(てっしょうかい)亀田病院となりました。
さらに64年、総合病院の認定を得て、現在の「亀田総合病院」に改称、病院グループの経営は亀田ファミリーによって運営されてきました。


鴨川随想2


今回、父が入院していたKタワーは13階建ての新病棟で、350床のすべてが外房の海を望むオーシャンビューの個室となっており、これまでの病院のイメージとはかなり趣を異にしています。
各階のフロアは病院が交付するICチップ付きカードを入り口でかざさないと中に入ることができません。
カードは一般ビジター用と家族など患者の看護に当たるサポーター用に分かれていますが、ビジターは1階のサービスセンターでの手続きが必要となります。
認証を受けてフロアの中に入ると、絨毯を敷き詰めた通路に病室が並んでいる外観、また、ソファベッドやシャーワールームを備えている室内も病院の雰囲気はなく、ホテルそのもの。
空調・換気設備を徹底するなど、病院独特の臭気の排除にも気を配っているほか、廊下にアンテナを設置し、病室内での携帯電話の利用も可能となっています。
影響を受ける可能性のある医療機器については、病院側が適切な対処を行っているとのこと。


廊下


最近では他の病院でも珍しくなくなりましたが、1階ロビーにはギフトやサプリメントショップ、シアトル系コーヒーショップ、コンビニといったテナントが入居。
さらに、女性専用フロアの4、5楷にはリラクゼーションサロン、ビューティーサロンなどが。
また、別棟にもベーカリーや、愛犬のお預かりサービスや、シャンプー・トリミング、ペットとカフェタイムが楽しめるペットラウンジなどもあり、至れり尽くせりといった状況です。


最上階はおしゃれなレストランフロアになっていて、外房のダイナミックな海岸風景を楽しみながら、旬の地場産の素材を使用した和食、イタリアンといったメニューを堪能、鉄板焼きコーナーも完備されています。
もちろん、ビール、ワインなどのアルコール類もあり、特に焼酎は様々な銘柄が揃っているのには驚きました。
入院患者であっても、主治医の許可があればお酒を楽しむことができます。


霊安室入口


霊安室1      霊安室3


今回、口腔外科の外来など病院内を一通り見学させてもらいましたが、Kタワー13階の絶景のポジションにある霊安室には驚きました。
当初反対意見もあったものの、天国に一番近い場所へとの院長のこだわりからとのこと。
同業者からの批判も少なくない同病院ですが、患者やその家族など病院を訪れる人たちをまず第一に考えた徹底したサービスぶりには、他には真似できないだろうとの自信さえ感じられました。


ところで、多くの方々にご心配をおかけしましたが、お陰様で父の手術も無事に終わり2週間ほどの入院で自宅に戻ることができました。
病理組織診断の結果はもう少し先になりますが、今週からは休んでいた教室の方も再開、精力的に活動を始めていますのでご安心下さい。


 人気ブログランキング参加中・・・医療もサービス業、こちらもヨロシク!→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
犬のチョコレート中毒にご用心
ペット保険のアニコム損害保険(東京)が、09年度の自社データを調べたところ、犬のチョコレート中毒による保険請求件数は全部で215件あり、月別には2月の44件が最多だったことが分かりました。
バレンタインの影響が大きいものと思われます。

犬は、チョコレートに含まれる苦みのもとテオブロミンの摂取で、痙攣や昏睡といった中毒症状をおこし、ひどくなると、てんかん様の発作を起こして死に至ることもあるそうです。


同社の契約者アンケートによれば、チョコレート中毒を知っていた人は91%に達しています。
また、獣医師へのアンケートによれば、ほとんどの誤食は「ちょっと目を離したすきに」「あっと思った時には、もう遅くて」などといった不注意で起こっているものがほとんどのようなので、いただいたチョコレートはよい子(ペット)の手の届かないところへの保管が肝要です。

テオブロミンはカカオ豆などに含まれるプリン誘導体で、ヒトの場合、強心作用、腎血管の拡張、尿細管の再吸収抑制などで利尿効果を示します。
利尿効果はテオフィリンより弱いものの持続性があるので利尿薬として用いられることもあります。
また抹消血管拡張により血圧を下げる効果もあり、降圧薬としても用いるられられるほか、カフェインほどではないものの中枢興奮作用があります。
このため、集中力を高めて学習能力の向上させたり、血行を良くするといった効果が期待できます。


ネコは食べません


テオブロミンの含有量はチョレートの種類によっても異なりますが、小型犬で50g程度、中型犬で400g程度のチョコレートを摂取すると、中毒症状が現れる可能性が高いとされています。
また犬は、チョコレート以外にもネギ類や観賞用のユリ、ポインセチア、シクラメン、チューリップなどでも中毒症状が現れるとされているので注意が必要です。

一方わが家のリラ君、チョコを出すと物珍しげに寄っては来るものの、食べ物という認識は全くないようです。
なお、市販されている犬猫用のチョコはテオブロミンのようなカカオ成分をまったく含まないため、与えても何ら問題はありません。


 人気ブログランキング参加中・・・小型犬なら1かけらでも危ない、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。