東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
09 | 2012/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野毛フェスタ
当院最寄りの日ノ出町駅から北側に広がる、野毛地区で、11月4日(日)「野毛フェスタ~saisai」が開催されます。

フグやワインを無料で配る常識外れの、大盤振る舞いのほか、大道芸や紙芝居、ベーゴマ廻しなど楽しい企画が多数予定されています。

  野毛飲食業協同組合

野毛といえば大道芸が有名ですが、86年に野毛の街の活性化を図るために企画されたイベントで、春と秋の年2回開催され、観客動員数では横浜市で最大の行事となっています。


今も横浜の下町情緒が残り、フグやクジラ料理を出す飲食店が多い野毛町は、江戸時代末期に野毛山の中腹に切り通しで道が作られ、東海道と横浜港が結ばれたことから交通の要所となり、その後、桜木町駅の開業、三菱重工業横浜造船所の開設などで繁華街として栄えてきました。

戦後は闇市と屋台が並び、復員の兵士やかつての工員などが職と食を求めて集まりごった返していたそうです。
当時、「くじら横丁」と呼ばれ貴重な動物性たんぱく質源だったクジラを焼いたりカツにして売る露天が並んでいましたが、食変化や資源保全のため扱う店が少なくなり、時代の流れと共に埋め立てられて姿を消してしまいました。


横浜開港150周年を機会に、みなとみらいに奪われた客足を何とか野毛に向けさせようと、居酒屋、寿司屋、お好み焼き屋、イタリアンバーなどが参加して、「くじら横丁」が復活、野毛の新名物としてクジラを使う一風変わった新メニューも人気を集めています。

野毛にはさまざまな食文化が定着していますが、クジラと並び、フグ料理もその一つですが、フグもやはり戦後の混乱期に手に入りやすかった素材だったようです。


酒とつまみ、芸の大見本市


今年で9回目となる野毛フェスタでは、野毛の中央通り、仲通りで、フグの空揚げ500人前、クジラのソーセージ1000パック、ワイン500杯が無料で振る舞われます。

また、小路には飲食の露店が並ぶほか、三浦市からマグロや鮮魚、野菜・果物を現地価格で販売する、三崎朝市も出店。
ベリーダンスやマジック、ちんどん屋、人間ジュークボックスなどの大道芸、挟み将棋や竹馬など昭和の遊びも盛りだくさんで、大いに楽しんでもらおうと、街を挙げての企画となっています。


11:00AM~4:00PM、入場無料、小雨決行、問い合わせは同組合=電045(253)6123まで。


 人気ブログランキング参加中・・・野毛はゲイタウンとしても有名らしい、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
冬の使者到来
今日は暦の上では24節季霜降 (そうこう)
北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をするじきとされ、野の花の数は減り始め、代わって山を紅葉が飾る頃であるとされています。
また、これから立冬までの間に吹く寒い北風のことを“木枯らし”と呼んでいます。


19日の手稲山


そんな折り、札幌在住の患者さんが定期健診に見えました。
今月14日、最高峰の大雪山系旭岳(2291m)で初冠雪を観測して以来、先週末には中山峠や札幌市街地を見下ろす手稲山も雪化粧するなど、ここのところ急に冷え込んできたとのこと。
明治21年の観測開始以来、2番目に遅い記録だそうですが、北海道も一気に冬支度に入ったようです。
例年通り1ヶ月後には、オープンできるスキー場もあることかと思います。


北海道スキー2


ところで、ぼちぼちスキーツアーのパンフレットが出そろいましたが、領有権問題をめぐるゴタゴタも収まらぬ中、各旅行社では頼みの綱ともなっているアジア圏からの集客に頭を痛めているのではないでしょうか。


 人気ブログランキング参加中・・・そろそろ血が騒ぐ季節、こちらもGO!→ 人気ブログランキングへ 


骨折
コメント欄にはチラッと書きましたが、8月のお盆の頃、玄関の三和土(たたき)の段差につまずいて、左手の中節骨(中指の第一関節と第二関節の間の骨)を剥離骨折してしまいました。

ちょうど足払いを食らったような態勢から、手のひらをぺたんと突いて受け身のような形を取ったので、その時は膝を少し打った程度で済みました。
ところがその後左手の中指の第二関節が腫れて、ひどく痛む状態が続くことから、レントゲンを撮ってみることにしました。
歯科用のレントゲンとて、手足の指くらいなら十分に診断に利用することは可能です。
案の定、中節骨の手掌側の角がめくれるように折れています。

なるほど痛みの原因はこれだったのかと、家族に見せても「何だちっちゃなかけらじゃない」などとあまり相手にしてもらえません。

さらに2週間ほど経っても腫れが引かないことから念のため整形外科を受診したところ、骨片が移動しておらず、機能的な異常がないのでこのまま経過を見て良いとの診断でした。
固定されたら仕事に差し障りがあるので拒否しようとは思っていたのですが、結局湿布薬と塗り薬(ロキソニン・ゲル)を処方してもらいました。


XP3.jpg     XP4.jpg



2ヶ月が経過し腫れはかなり治まりましたが、強く握ったり、側方から力が加わるとまだ痛みがあります。
とりあえずまたレントゲンを撮ってみたところ、どうやら骨は再生し治癒しているらしいことが分かります。

近ごろ、訳も分からず足がもつれたり、つまずいて転びそうになることしばしば。
これまでスキーでも怪我は数知れずも、骨折は初の経験だけに、いよいよ焼きが回った感は否めません。


 人気ブログランキング参加中・・・つまずいた三和土の角も欠けていました、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 



歯の神経を再生
むし歯の治療で除去した歯の神経(歯髄)を再生させるため、親知らずなどから取り出した歯髄幹細胞を移植する臨床研究の実施が厚生労働省から認められたことが明らかになっています。


18日の同省科学技術部会で承認されたもので、愛知学院大学の中村洋歯内治療学教授のグループと、国立長寿医療研究センター(愛知県)の中島美砂子口腔機能再生研究室長のグループが共同で申請をしていました。


20歳以上55歳未満の患者5人を対象に治療効果を確かめるもので、歯髄再生の臨床研究は日本で初めての試みとなります。


歯髄幹細胞による再生治療


私たちの歯は体の中で一番硬い組織ですが、その中には歯髄があり、根管口と呼ばれる先端の小さな孔で顎の骨の中の神経や血管とつながっています。
この歯髄が、むし歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には痛んだり、歯肉が腫れたりと苦しめられることとなります。

こうした時、 歯を抜くことなしに長い間機能させるために私たち歯科医は歯内療法(根管治療)と呼んで、歯髄の一部や全部を除去して歯を残すような治療を長年にわたり行ってきました。
しかし、歯根の形態は曲がっていたり枝分かれしていたりと複雑であることが多いため、歯内療法には職人技が必要とされ、中には達人を持ってしても予後が思わしくない症例が存在するのも事実です。
また歯科医にとっても、根の治療があまりにも長期にわたれば、患者さんから不信感を持たれるといった不安もあります。
残念ながら保険診療においてはこうした苦労が報われるような評価がされているとは到底思えないのが現状です。


手抜きとまでは言えませんが、時間的な制約から治療が不完全となり、後に根の先端に膿みがたまる根尖性歯周炎となって、結果として歯を失う場合もあり得ます。


歯髄は歯の再生に関与するばかりではなく、知覚によりむし歯の進行を抑え、硬いものを咬んで歯が破折する事を予防するほか、歯の成分を維持し強度を保ち、感染防御力も有しています。
歯髄を除去して詰め物をすれば痛みを感じなくなりますが、むし歯の再発に気付きにくくなる恐れがあります。
つまり歯髄は取らないに越したことはなく、歯の寿命を高めるためには、虫歯で欠けた歯質を速やかに大量に再生し歯髄を保存する必要があると言えます。


グループの研究内容は、抜歯した親知らず等の歯髄から採取した幹細胞を、約6週間培養して数を増やします。
その後同じ患者の歯に穴を開け、歯髄を除去したむし歯の中に幹細胞とともに再生を促す薬剤やコラーゲンを注入し、セメントなどで穴をふさぎ、歯髄を再生させようとするものです。

同センターの中島室長は「近く被験者を募集し、来年1月にも始めたい」とコメントしています。
なお同研究は、内閣府などが支援する全国で24課題が採択された「先端医療開発特区(スーパー特区)」に認定されています。


誤解の無いように補足しておけば、今回の治療法は歯の神経が炎症(歯髄炎)を起こしているものの比較的軽いむし歯が対象となり、欠損が大きい歯、根尖性歯周炎を起こしてるような症例においては難しいと考えられます。

画期的な試みではありますが、結果は症例の選び方にもよるものかと、今後の研究成果を見守りたいと思います。


 人気ブログランキング参加中・・・iPS細胞による歯の再生に期待、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


自分ブランドのビール
サッポロビールでは、自分だけのオリジナル瓶ビールを作れるサービスの受け付けを始めています。
お気に入りの写真やメッセージを入れたラベルを作製し、出産や誕生日、結婚式、プロポーズなど記念日の贈り物にも利用できるというもの。

ビールの消費が低迷する中、飲んでもらうシーンを増やして需要を喚起しようとの狙いですが、大手ビールメーカーでは初の試みとなります。



わくわくブルワリー2


  わくわくブルワリー


「いい夫婦の日、結婚○周年」「結婚して下さい」「反省」など、120種類のユニークなラベルが用意されており、デザインを選び、写真やコメントを自由に組み込むことができます。

同社では“特別な日に特別なビールを”として、専用に醸造した麦芽100%プレミアム「ピルスナー」「ヴァイツェン」「デュンケル」の3種類を用意。
瓶も茶、青、緑の3色から選ぶことがでるとのことなので、試しに作ってみてはいかがでしょうか?


1セット(333ml×6本入り)/3150円(税込、配送料込)で、2012年内に2000セット販売を予定しているそうです。
なお、17日の受注開始を記念して1000セット限定オープン感謝価格での販売を企画したところ即日完売となるなど、出足は好調のようです。

同担当者は、親しい人に気軽に贈れるギフト需要は拡大している。ビール好きの彼女へのプローポーズなどいろいろな場面で使ってほしいとコメントしています。


キャットフードではありません


同様に、お気に入りの写真などをパッケージに印刷して作るオリジナル商品は、お菓子の分野では数年前から広がっており、結婚式や出産祝いなどで手軽な記念品として配る使い方が浸透しつつあります。

半年前、わが家でもリラ君のプリキャンを作ったことはブログでも紹介したところです。
しかしこのキャンディー、リラファンクラブ(勝手に命名)の会員はじめ、ご近所さんにも配ったのですが、まだ結構残っています。

  リラ4歳の誕生日


今度は正月用にリラブランドのビールを作ってみるのも良いかも知れません。
ビールならいくらあっても残ることはあり得ないでしょう。



 人気ブログランキング参加中・・・わが家では来年もネコ年か?、こちらもよろしく!→ 人気ブログランキングへ 


横浜市妊婦歯科健診
横浜市では10月1日から、市内在住の妊婦を対象に歯科健康診査を開始しています。

正常な妊娠であっても、母体には様々な生理的な変化が起こり、口の中においても女性ホルモンの増加や、つわり、食生活のパターンの変化などが、環境を悪くし歯肉に炎症を起こしやすい時期でもあります。

重症化すると歯周炎に進行し、歯を失うばかりでなく、全身的な影響を与えることもあり、早産・低出生体重児などを含む妊娠出産合併症の発現率のリスクが高まるといった報告もあります。


また、生まれて最初に生える下顎乳中切歯は胎生7週から、第1大臼歯(永久歯)も胎生4ヶ月には既にでき始めています。
丈夫な歯をつくるためには、カルシウムやリン、タンパク質、ビタミンA・C・Dなどの栄養素を含む食品をバランス良く摂取することが重要です。

お母さんの栄養が、自身の健康を保つと同時に赤ちゃんの歯の正しい発育を促しており、かかりつけ歯科医のもとで歯周病の早期治療と継続的な口腔ケアの大切なことが分かるかと思います。



妊婦健診


横浜市に住民登録がある妊婦の方は妊娠期間中に1回、市内の歯科医院にて無料で健診を受けることができます。

指定実施医療機関には横浜市発行の証票(プレート)が掲示されているほか、こども青少年局のHPからも検索できます。


   妊婦歯科健康診査(こども青少年局こども家庭課)



受診の際には「妊婦歯科健診受診券」「母子健康手帳」「かかりつけ産婦人科の診察券」が必要となります。
受診券をお持ちでない場合には、お住まいの区の福祉保健センターにて事前に交付を受けて下さい。


健診は予約が必要で、受診券記載の項目に基づいて、現在歯の状況(健全歯、むし歯、処置歯)、歯周病の状況(歯石の有無、歯肉の炎症の有無)などについての口腔内診査及び歯科保健指導を行います。

受診の時期はおおむね妊娠12週~27週(安定期)とし、歯科健診にあたり心配なことがありましたら、かかりつけ産科医療機関でご相談ください。




なお、原則として治療が必要な場合には、検診当日には行わず後日となり、通常の保険診療の一部負担金がかかります。
また、出産後の受診券の利用はできませんのでご注意下さい。


 人気ブログランキング参加中・・・歯周疾患検診・口腔がん検診も行っております、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。