東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
11 | 2012/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷ナンバーができるって?
東京都世田谷区では、自動車の「世田谷ナンバー」の2014年度導入を目指し、「世田谷ナンバーを実現する会」を発足、取り組みを始めているそうです。

車のご当地ナンバーは国土交通省が06~08年に全国19地域で導入。
「富士山」「つくば」「伊豆」などのナンバーが登場し、最近では街中でも時々見かけるようになりましたが、実現すれば都内では初となります。

好評だったことをうけ、同省では今年7月に拡充を決定。
世田谷区では要綱が発表され次第、都を通じて要望書を提出するとしています。
国交省は許可時に導入対象地域の登録自動車数が10万台以上を条件の1つとしていますが、同区内には既に約20万台が登録されていることから、要件は十分に満たしている状況です。

実現する会には、保坂展人区長をはじめ、区議、区内の産業団体などが参加、PR活動して導入機運を盛り上げ、世田谷ブランドの確立や世田谷の魅力を発信、地域振興、区内産業の活性化にも寄与したいとしています。

さてこの試み、世田谷ブランドのパワーアップ、観光客を呼び込める街づくりへの起爆剤として期待がかかるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・いずれわが家の車も品川から世田谷へ、こちらもヨロシク→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト
クリスマスイルミネーションバス
東京駅丸の内駅舎のリニューアルにともない、“歴史、未来、希望”をテーマに「東京ミチテラス2012」が開催。
中でも駅舎にコンピューターグラフィックス(CG)映像を投影する「TOKYOHIKARIVISION(トウキョウヒカリビジョン)」は圧巻と、10分間ほどの上映に多くの観客が押し寄せ大盛況のようです。

この時期、全国でイルミネーションが見られるようになりましたが、元祖ともいえるのが1981年誕生した「さっぽろホワイトイルミネーション」でした。
当初は西2丁目広場の木1本に1048個の電球を灯した質素なものだったそうですが、以来年々電球の量や規模が拡大、雪まつりへと繋ぐ新しいイベントとして定着、現在に至っています。

さて横浜はといえば、今年も高島屋の前のツリーが目立っているくらいで、震災以降控えめの状況が続いています。
そんな中、心温まる雰囲気が伝わってくるようなクリスマス仕様のバスが市内を走っています。


バス前方      バス側面

グリーンラインクリスマストレイン・イルミネーションバスの運行について


横浜市交通局がクリスマスに因み運行しているバスで、職員手作りの装飾が施されています。


クリスマス仕様      メリークリスマス3

メリークリスマス1      メリークリスマス2


車体にはサンタクロースやトナカイなどのシールが貼られたもの、リースやブーツが付けられたものなど、また車内にはオリジナルのクリスマス関連のグッズとイルミネーションなど、市内に10箇所ある各営業所ごとにそれぞれ異なった工夫が凝らされています。


メリークリスマス4      通路後方から


全営業所で計16台とのことですが、子どもからお年寄りまで運良く乗り合わせた乗客からは、とても好評のようです。


 人気ブログランキング参加中・・・サンタが運転していたらもっとビックリ、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 


最高裁国民審査
今回の師走に行われた異例の総選挙は、大方の予想通り自民党の大勝で決着が付きました。
被災地の復興とともに、原発政策のあり方、消費税や憲法9条改正問題など、わが国の今後の進路を決める重要な意味合いを持った選挙にもかかわらず、投票率は59.3%と戦後最低を更新。


「民意」はどこへやら、他党批判に明け暮れた選挙戦にもいい加減うんざりといった声が渦巻く中、結局有権者の4割以上が棄権、国政に対する不信感が浮き彫りとなりました。

また、投票所には行ったものの今回ばかりは入れたい候補者がおらず、白票を投じた有権者も少なくなかったのではないでしょうか。
朝日新聞の集計によれば、小選挙区で、白票や候補者以外の名前が書かれた無効票が約204万票に上り、これは投票者数の3.31%と、最低の投票率にもかかわらず過去最高となる皮肉な結果となっています。



ところで、選挙会場に行くとおまけに付いてくる「最高裁裁判官国民審査」の用紙。
こちらはほとんどの人が白紙で投票しているのではないでしょうか。

憲法第79条において最高裁の裁判官は、任命後初の衆議院議員総選挙の投票日に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙時に再審査を受け、その後も同様とすると定められています。

そのため公示後には、有権者投票の判断材料のひとつとして、審査対象の各裁判官の略歴や関与した裁判で出した判決(少数意見を含む)、心構えなどを記載した「審査公報」が配られています。
しかし、「憲法の番人」と呼ばれる大事な役割を担う判事の情報としてはあまりにも簡単すぎて、各人の顔が見えるまでには至らず、これを持って罷免する裁判官を決めろと言われても判断に困るのが現実でしょう。

棄権(辞退)することも可能だそうですが、かといって受け取った用紙に×印を書かずにそのまま投票箱に入れれば、衆院選の白票とは異なり、すべての判事を信任したこととなります。

投票者の過半数に×印をつけられた裁判官は罷免され、罷免の日から5年間は、最高裁判所裁判官に任命されることができないとされています。
しかし、現在までに国民審査によって罷免された裁判官はいません。


裁判所法では、最高裁は長官と判事14人の計15人で構成されており、長官は内閣の指名に基づき天皇が任命、また判事の任命は内閣が行い、天皇が認証するとされています。
選任にあたっては「識見が高く法律の素養がある40歳以上の者から任命される」と定められているものの、その課程はまったくのブラックボックス状態といえます。

同様の制度を実施している米国では、大統領に指名された連邦最高裁の判事候補者は、上院議会の承認を受ける際に公聴会で様々な厳しい質問を受けることによってチェックされるそうです。


今回審査の対象者となった10人について、審査広報の名前や顔写真、略歴などをじっくり見ましたが、さっぱり分かりません。
最高裁判決は国民生活に直結する重大な事柄だけに、司法への信頼を高めるためにも、任命段階での透明化とともに、メディアを通して判事の情報を国民にもっとわかりやすく公開することが求められるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・総選挙も×印を付ける様式にしてみては…、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 




FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。