東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなるスカイウォーク?
開業から20周年を迎えた、横浜ベイブリッジの展望施設「スカイウォーク」(鶴見区)が、入場者数の激減で巨額の赤字が続いていることから、横浜市では施設の閉鎖や撤去を視野に検討に入ったことが明らかになっています。

市の担当者は、今後も収支の均衡は難しく全体的な見直しが必要だとして、本年度内にも何らかの方向付けをしたいとしています。


スカイウォーク


スカイウォークは自動車専用道路に併設された、日本では初めての歩行者専用道路で、スカイタワー、スカイプロムナード、スカイラウンジの3つから構成されています。
海面からの高さは50~60mあり、横浜港をはじめとする、富士山、箱根、新宿副都心、房総の山並みなど360度の展望が楽しめ、ラウンジのパーティー利用もできます。

入場者数は、90年度にピークの約79万人を数えましたが、08年度には約6万人と激減。
これにより93年以降は赤字が続いており、最近は年間5000万円程度の赤字となっていました。


市道路局事業調整課によれば、昨年度、民間会社(目黒区)に約7800万円を支払い運営を委託しましたが、入場料収入は約2600万円と低迷。

入場者激減の背景には、周辺にほかの集客施設がないことや、みなとみらい地区などに観光客を奪われたことなどが挙げられています。

これまで、市は市議会などで、赤字解消について「集客増が最重要課題」と答えてきましたが、昨年度決算の監査委員会で「20年の経過で改修期を控え、あり方の検討が必要」と指摘されたことなどを踏まえ、抜本的な見直しに着手することを決めています。


私もベイブリッジは時々利用しますし、スカイウォークの下を船で通過したこともありますが、実際に上ったことはありません。
また、横浜駅西口ではスカイウォーク行きのがらがらのバスをよく見かけますが、ちょっと行ってみようかという気にならないのは、ほかに何もないことに加え、宣伝不足が否めないでしょう。
色々と魅力的なイベントを打ってアピールするとともに、いっそのこと無料開放してしまってはどうかとも思います。

ところで、10月12日体育の日には 「スカイウォーク運動会」が開催されるそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・撤去するのはもったいない、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1002-fe6833e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。