東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規則正しい食事が血糖値を抑制
自然科学研究機構生理学研究所(岡崎市)の箕越靖彦教授らのグループが行ったマウスを使った実験によれば、食事を規則正しく味わって取ることにより血糖値の上昇を抑える効果のあることが明らかになりました。
脳の神経回路を効率よく刺激できれば、今後糖尿病の新しい治療法に結びつく成果であるとして、論文が米学術誌Cell Metabolism(電子版)に発表されています。


  Hypothalamic Orexin Stimulates Feeding-Associated Glucose Utilization in Skeletal Muscle via Sympathetic Nervous System(Abstract)


糖尿病は、膵臓から出るホルモン「インスリン」の作用が弱まることで血糖値が高く、重篤な障害が出る病気で、先進国においては近年急増しており、日本でも糖尿病またはその疑いがある患者数は2000万人に及ぶともと言われています。

今回グループは脳視床下部で働き、食欲や睡眠、体内リズムなどに関わるホルモン「オレキシン」を放出するオレキシン神経に注目。

このオレキシン神経は「食事をよく味わいながら、美味しく、規則正しく摂る」ことにより活性化されます。
これによって視床下部内へのオレキシンの放出が促進され、その働きで同量のカロリーの食物摂取であっても、筋肉での糖の利用が活発になり、血糖の上昇を抑えることが明らかになりました。


これまでにもオレキシンは食欲や睡眠と深い関係を持ち、糖尿病患者では正常に分泌されないことが分かっていましたが、糖の代謝との関係は未解明でした。

箕越教授らはマウスの脳にオレキシンを投与して調べたところ、交感神経を刺激して筋肉による糖の吸収を促し、血糖値の上昇を抑制することが確かめられました。
その上で、マウスの好む人工甘味料を毎日定時に与えると、4日目以降に食事後の血糖値上昇が抑制されることが判明。
また、甘味料を胃に直接入れるよりも口から取らせた方が血糖値が抑えられることも分かりました。
いずれもオレキシン分泌が活発化して血糖値が抑制されたとみられ、「規則的な食事で脳にリズムを覚えさせて食事への期待感を高めることや、口で味わって食事することが血糖値の抑制につながる」と結論付けています。


  プレスリリース


一方、オレキシン神経は、睡眠―覚醒のリズムを作り出す脳の働きに関わっており、睡眠中は活動が抑えられます。
そのため、夜中に食事をしてすぐ寝てしまうと、オレキシンによって促される筋肉での糖の利用が抑制され血糖がより上昇してしまうことが予想されます。
そして、上昇した血糖は筋肉ではなく脂肪組織などに蓄えられ、肥満の原因になる可能性があるとしています。

私も開業以来、夕食は10時以降が通例となっていますが、近年生活時間のボーダーレス化など、社会環境の変化に伴って、夕食を夜遅くに取る人が増えていると聞きます。
就寝2時間以内に夕食をとることがある人は、男性の61%、女性の42%にも上っているとのデータもあり、こうした人たちは朝食を取らない傾向が強いことも指摘されています。
夜食症候群(Night Eating Syndrome)とも呼ばれるこのような現象はメタボリックシンドロームを招く原因の一つとも考えられていますが、個人の努力ではままならない環境要因もからんでいるだけに、なかなか改善し難いといった事情もあるようです。


箕越教授は、「オレキシンの分泌は強い動機を伴う行動において活発になります。したがって、美味しい食事による味覚刺激やそれに対する期待感だけでなく、肉食動物が餌を捕獲する時やスポーツの開始時などにおいてもオレキシンによる筋肉での糖の利用が活性化され、食事によって得たカロリーを効率よく筋肉のエネルギーに変えて、行動のパフォーマンスを高める可能性があります。今後、このことをさらに詳しく調べて行きたい」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・さらによく噛んで食べることも重要、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1069-220e77a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。