東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4割以上が子どもは必要ない
内閣府が5日付で発表した男女共同参画社会に関する世論調査によれば「結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないか」との質問に賛成と答えた人が「どちらかといえば賛成」を含めて、過去最高の42.8%に上り、前回2007年8月の調査と比べ6.0ポイント増えたことが明らかになっています。

  2009年男女共同参画社会に関する世論調査

調査は今年10月、全国の成人男女5000人を対象に面接方式で実施されています。
賛成が最も多かったのは20代女性の68.2%、次いで30代女性61.4%、20代男性56.6%、30代男性56.3%の順となっており、全体でも女性46.5%、男性38.7%と、特に若い女性に突出していることが分かります。


子どもは必要か


1人の女性が産む子どもの数を示す合計特殊出生率は06年の1・32以降微増に転じ、07年は1・34、08年が1.37と上向きを示していますが、団塊ジュニア世代を中心とした30代後半の“かけ込み出産”が上昇要因の1つとみられています。
また、昨年度はうるう年で1日多かった影響もあるかと思われます。

少子高齢化により出産可能な女性人口が大きく減っているなかで、出生率減少に歯止めがかかったとは言い難く、数年後には再び減少に転じることも確実視されています。

さらに、子どもを育てる環境に恵まれない人が依然多く、時代の反映とはいえこうした若い世代の意識変化はよりいっそう少子化への加速が危惧されるところです。



女性が職業を持つことに関しては「子どもができても、ずっと職業を続ける方がよい」が前回より2.5ポイント増の45.9%と過去最高を更新。
2位の「子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業を持つ方がよい」は1.7ポイント減の31.3%でした。
一方、行政への要望(複数回答)としても「子育てや介護中であっても仕事を続けられるような支援」が63.3%と、7.6ポイント増となっています。


かつては、夫が外で働き妻は家庭を守るという伝統的な男女の役割分担が当たり前とされてきた日本の社会ですが、近年では、価値観の多様化から、女性の社会進出が進んでいます。
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考え方に反対とする人は79年の調査では20.4%であったのが、今回55.1%と年々増加を示しています。

それに伴い、出産を機に仕事を辞める必要はないとする意見も一般化するなかで、行政支援が叫ばれながらも、追いついていないのが現状です。


内閣府は「意識に実態が追いついていない点は残念。10年度に改定される男女共同参画基本計画に有効な施策を盛り込みたい」とコメントしています。



さらに調査では、結婚について、70.0%の人が「結婚は個人の自由であるから,結婚してもしなくてもどちらでもよい」と回答、反対の28.0%を圧倒しています。

昔とは違って、結婚することにより、仕事上や社会的に信用度が増すといった動機がなくなり、法的・社会的な責任、義務、束縛といったデメリットを考えれば、あえて結婚する必要性が見いだしにくい時代なのかも知れません。



 人気ブログランキング参加中・・・今だったら私だって…、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
出生数
全国の主要都市の最新の年齢別人口を見ると、09年の出生率や出生数はガタ落ちしている可能性があります。詳しくは私のサイトをご覧下さい。

それにしても、未婚の人が多い世の中になりましたね。出産適齢期を過ぎたのに独身のままという30~40代女性がウジャウジャいます。
【2009/12/07 23:44】 URL | ponpon #qbk0ineE [ 編集]

Re.出生数
ponponさん
詳細なデータありがとうございます。
ちょうど私たちの世代は、1次と2次のベビーブームの谷間に当たっていることが分かります。

現在のような少子高齢化は、70年代から予測されており、
専門家の間からも有効な対策が求められてきたところです。

「子供を産まない女性」発言で物議を醸した“センセイ”がいらっしゃいましたが、
子どもを生んで育てたくなる環境造りこそ、これまで政治が怠ってきた課題でもあります。

【2009/12/08 13:49】 URL | 管理人@ハマネコ #00scrUbg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1073-0b82842f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。