東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型流感ワクチンが大量に余る?
輸入予定の海外メーカー製新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会が26日開かれ、英グラクソ・スミスクライン(GSK)社とスイスのノバルティス社製の新型インフルエンザワクチンについて「承認して差し支えない」とする意見をまとめたそうです。

海外メーカー製のインフルエンザワクチンをめぐっては、成分が凝集していたり、動物実験でモルモットやマウスが死亡したなどの報告がありましたが、部会は現時点での海外での使用実績などから、問題はないと判断、ただし情報収集は続けるとしています。

今後一般からの意見募集を実施し、早ければ2月上旬にも健康な成人を対象に使用できる見込みとなっています。


新型インフルエンザワクチン


一時は足りないと、大騒ぎになった新型インフルエンザワクチンですが、国立感染症研究所の推計では流行はやや下火になりつつあるとのこと。
輸入ワクチンは、9900万人分(1回接種の場合)が供給されるそうですが、当初の国産ワクチン5400万人分と合わせると1億5300万人分と、日本の人口を軽く超えてしまいます。
2回接種としていたものが1回でも十分な効果が得られることが判明したためですが、流行のピークを越えれば高いお金を出してまで接種する希望者はますます減ると思われます。

ワクチンの輸入に使われた税金は1126億円にもなるそうですが、余剰分は期限(検定合格日から1年間)が来れば破棄されることとなります。
厚労省血液対策課は「確かに余るだろうが、再流行や来年の流行にも使える可能性はあり、直ちに無駄になるとはいえない。大きく構えておくのが危機管理の基本。検証は必要だが、当時の判断は間違っていなかった」とコメントしています。

ちなみに輸入を決断したのは舛添要一前厚労相でした。
もしもこれからインフルエンザのワクチンを接種するのなら、季節性のワクチンを打っておいた方が懸命なようです。


 人気ブログランキング参加中・・・笑ったのは製薬会社だけ? こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1094-4b75ea8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。