東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球審のカウントコール国際化へ
日本野球機構(NPB)の審判部会議が25日、東京都内のホテルで行われ、今季から球審がボールカウントをコールする際に従来の「ストライク-ボール」の順を「ボール-ストライク」の順に変更することを決定したそうです。

日本では「1ストライク、2ボール」のようにストライク、ボールの順にコールするのが一般的なので、時おり流される米大リーグのテレビ中継などを見ていていると順番が逆で違和感を感じることがあります。
しかし、国際的にはボールを先にしてコールするのが通常で、国際野球連盟主催の大会や国内でも日本高野連では1997年の選抜大会から採用されています。


Fenway Park のスコアボード


NPBの井野修審判部長は「国際大会も増えてきたし、メジャーでもやっているのでプロ野球でもやろうということになった」と説明し、2月1日からのキャンプで12球団への周知徹底を図り、オープン戦から正式に導入するとしています。
なお、今回のプロの変更を受けて、今季の開幕前に大学野球と社会人野球でも足並みをそろえる可能性もあります。


ところで、日本でストライクを先に表記するようになった経緯については諸説ありはっきりしないようです。
大リーグでは攻撃を中心に考え、カウントの数えかたも攻撃側の立場からボールを先に表記しているのに対し、日本のプロ野球は投手、守備側をメインとした見方から、ストライクを先に表記するようになったのではないかとする説が有力なようです。


しかし、多くの球場のスコアボードには、既にストライク-ボール-アウトの順に表記されており、すぐに変更をを行うのは困難かと思われます。
ドーム球場に多い全画面タイプの大型ビジョンでは変更は容易ですが、地方球場などでは設備の改修が必要となることから、当面は各球場の対応に委ねられることとなりそうです。

変更の可能性について巨人の本拠地、東京ドームの広報担当者は「(主流が)変わってくるのであれば検討していくことになるのでは」とコメント。

一方、メディア側の反応は「国際規格に合わせることには賛成。数字の後にストライクやボールの単位を付ければ分かってもらえると思う」と肯定的な意見がある反面「審判員の声が中継に乗るわけではない。ボールを先に表示することは今年はないと思う」などまちまちな対応となっています。

当初は、実況中継や新聞での表記に戸惑う人も多く、メディア間での対応が割れれば混乱することは必至と思われます。


統一することに合理性はあるものの、これまで慣れ親しんできたものが突然変えられてしまうことには居心地の悪さを感じます。
子規が生きていたなら、どんなコメントを出すか興味のあるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・独自色を出すことも時に必要かと…、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1123-8159860b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。