東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春節
旧正月を祝う中国の行事「春節」のイベントが14日、横浜市中区の横浜中華街で開かれました。

大通りでは、中華風の獅子舞が商売繁盛を願って各店舗を踊り歩く伝統の「採青(サイチン)」が行われ、日曜が重なったこともあり、中国人をはじめ、獅子が移動できないほど大勢の観光客でにぎわいました。


中華風獅子舞「採青」


なお、21日午後2時からは、民族衣装をまとった人や獅子、龍が舞いながらパレードする「祝舞遊行」が予定されています。


ところで、中国メディアによれば、春節に故郷に帰ることを望まない若者が増えていることが伝えられています。
お年玉などで出費がかさむとに加え、両親に結婚予定や収入などについてあれこれと聞かれるのが面倒なようだとしており、こうした人たちを指す「恐帰族」なる言葉も生まれています。

中国紙、中国青年報が若者を対象として行った調査によれば、4割が自らを「恐帰族」と認識しているとのこと。

このうち7割が「お年玉やおみやげにかかる金銭的負担に耐えられない」と答えており、また「長時間移動が疲れる」、「親からの結婚の催促がプレッシャーだ」、「実家での人付き合いが面倒」などが理由として挙げられています。

一方、北京では帰省の際に「彼女」として女性を1日500元(約7000円)で貸し出す商売も出現し、親を心配させたくないとの思いから、仲良く手をつなぐ姿を見せるために申し込む男性もあるとのこと。


改革開放後の中国では、経済発展と生活水準の向上の陰で「80后(バーリンフォー)」と呼ばれる消費意欲や行動範囲が減退する若者達が増えていることは以前にもお伝えしてところです。

背景には一人っ子政策もからみ、春節には一家だんらんで過ごす中国の伝統が失われていくなど、新たな社会現象を生み出す要因となっているようです。


 人気ブログランキング参加中・・・こちらもご協力感謝→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1141-be1e443f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。