東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都=3歳児のむし歯が半減
東京都福祉保険局のまとめによれば、都内に住む3歳児のむし歯が10年前のおよそ3人に1人から、2008年度で6人に1人まで減っていることが分かりました。
40年前にはむし歯は、10人中7人にあったことから大幅な減少を示しています。

都は2000年に策定した歯科保険目標が最終年度にあたることから、08年度の3歳児歯科健診の分析を実施。
その結果、むし歯がある3歳児は17%にとどまり、98年度の30%から大きく減っていました。
同保険局によれば、71年度にはむし歯がある3歳児は71%とのデータがあり、歯磨き習慣の定着やむし歯予防のフッ化物塗布などが功を奏し、年々減少したものと思われます。

85年度に50%を切り、その後も全区市町村でなだらかな減少傾向が続いていました。
また担当者によれば、数の減少だけでなく症状も軽くなってきているとのこと。

一方、自治体別にみた場合、最も良い千代田区が9%だったのに対し、対象人数が少ない町村を除くと福生市が最悪の28%、区部では足立区が22%と、地域的にばらつきのあることが分かります。
福生市の担当者は「在住外国人が比較的多く、ジュースなどを日常的に飲むなどの食習慣が影響しているのではないか」と、また足立区の担当者は「理由がはっきり分からないが、多くの親子に、歯科衛生の学習会への参加を促したい」とコメントしています。

なお2008年度の調査では、首都圏のむし歯がある3歳児の割合は、神奈川が20%、埼玉24%、千葉26%でした。


ところで、当院も三浦市において、学校医としてむし歯の予防活動に力を入れてきました。
三浦半島先端の地域では、以前は神奈川県内でも児童のむし歯罹患率が高いことが指摘されていました。
原因として、農作業の合間に子どもがおとなしくしているようにと、釘で小さな穴を開けた缶ジュースをおやつ代わりにあてがわれていたり、不規則な間食の取り方に問題があることが分かりました。

その後、市健康づくり課と歯科医師会が共同で、幼稚園・保育園・学校での保健指導の徹底と、家庭内う蝕予防事業としてフッ素洗口液の配布を実施。

その成果が評価され、現在は「ぶくぶくクラブ」として規模を全市(中学生までの希望者)に拡大して行われています。


 人気ブログランキング参加中・・・う蝕予防に対する親の意識も向上、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1208-c20f0465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。