東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンレム睡眠に導くタンパク質を解明
ストレスの多い現代社会においては不眠症に悩む人とも多く、睡眠研究に対する社会的関心と要請がますます高まっています。
これまでの研究では、様々な脳内ホルモンが、睡眠の誘導に重要な役割を果たしていると考えられてきましたが、その放出や作用が脳の中でどのように調節されているかについては不明な点も多く、今後の大きな課題となっています。


自然科学研究機構 生理学研究所(岡崎市)の山中章弘准教授(神経生理学)らの研究チームは、眠りの深い「ノンレム睡眠」に導く新たなタンパク質の働きを解明したとして、22日付の米国の睡眠専門誌「SLEEP」(電子版)に発表しています。

  Neuropeptide B induces slow wave sleep in mice



一般的に睡眠は脳波によってノンレム睡眠とレム睡眠に分けられます。
レム(REM)睡眠は人で言えば夢をみるときの状態で、急速眼球運動(Rapid Eye Movement)のみられる睡眠です。
身体が眠っているのに、脳は活動している状態で、この時の脳波は比較的早い脳波(θ波など)が主体となります。

これに対して、ノンレム睡眠はゆったりとした脳波(δ波など)がみられる睡眠であり、脳の活動が抑制された(脳が休んでいる)状態で、徐々に深まっていく睡眠状態であると言えます。

人の場合、入眠時にはまずノンレム睡眠が現れ、続いて約1~2時間ほどでレム睡眠に移ります。
以後、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れ、レム睡眠はほぼ90分おきに20~30分続き、一晩に4~5回のレム睡眠が現れるといわれています。


山中准教授らのグループは2002年に人の脳内にある神経タンパク質「ニューロペプチドB」(NPB)を発見、しかしこれがどのように働くかといった生理機能についての解明には至っていませんでした。


グループはマウスの脳に、NPBを投与すると夜行性のマウスが夜になっても眠り続けることをつきとめました。
また、自由に寝たり起きたり行動するマウスから1日中連続して脳波を取ることにも成功。
今回の研究では、このNPBを脳に注射したマウスと通常のマウスの脳波の解析を行っています。

さらに、マウスの脳波と筋電図を同時に記録する装置を使い、NPB投与マウスの睡眠状態を調べたところ、脳も体も休んだ状態のノンレム睡眠であることが分かりました。


広報展開推進室資料より


山中准教授は「これまで作用の知られていなかった新しい神経タンパク質NPBの作用を明らかにできた。また、睡眠の中でもノンレム睡眠を誘導できることは注目されるポイントであり、今後、ノンレム睡眠を引き起こす神経メカニズムの解明にもつながると期待できる。さらに、新しい作用機序の睡眠薬の創薬の可能性も期待できる」とコメントしています。


ニューロペプチドBの作用の概念図


これまでの睡眠薬は脳の神経活動全体を抑制するものでしたが、このタンパク質は眠りを促す神経を選んで作用するため、少量で質の高い眠りに導くことが期待できそうです。

ただし、NPBは脳の扁桃体の神経の作用を抑えることによって、睡眠を誘導すると考えられることから、今後新薬開発につなげるためには、どのようにしてNPBを直接扁桃体へ送り込むかといった投与方法に対する課題が残ります。

  プレスリリース


 人気ブログランキング参加中・・・W杯・ウィンブルドンでここのところ不眠症気味 、こちらもシャキッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1271-a46ae4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。