東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の人口が5年後には14億人に
中国各紙が伝えるところのよれば、中国の人口が2015年に約13億9000万人に達する見通しであることが明らかになっています。

  China's population to near 1.4 bln by 2010(News.Xinhuanet)


人口が世界で最も多い中国では、1人っ子政策により人口の爆発的な増殖は抑制されていますが、長寿化もあって年平均800万人以上のペースで増えており、09年には約13億5000万人に達しています。

国家人口計画出産委員会の李斌主任は、今後、高齢者人口が急増すると予測。
60歳以上の人口は11年からの5年間、現在を上回るペースで増え続け、15年には2億人に達すると見込んでいます。

さらに中国の人口は、33年頃にピークの15億人に達し、その後は徐々に減少するとみられ、50年頃にはインドに抜かれる見通しだとしています。


右肩上がりの経済成長を続ける中国ですが、いずれは出生率の低下によって、将来の労働人口の減少とともに優秀な人材やリーダー型人材の不足が懸念されるところです。



また高等教育を受けたにもかかわらず、臨時的な仕事にしか就いていないか、失業あるいは半失業の状態にある若者たちが大中都市の近郊に集まって暮らす集団(蟻族)の急増も伝えられています。

彼らの多くはこれまでにも紹介してきた「80后(バーリンフォー)」と呼ばれる80年代生まれの甘やかされて育った新人類であり、今や思い通りにならぬ世間にいら立ちを覚えているのが実情でしょう。

  北京、人口爆発に備えて-2020年の常住人口は2100万(北京週報)


そんな中、巨大な人口増に直面する首都北京では、水やエネルギーをはじめとする自然資源の不足が極めて深刻な問題であることも伝えられています。


 人気ブログランキング参加中・・・80后はメディアでも話題の主役、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1284-4f702a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。