東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口減少社会に突入か
総務省が発表した2010年3月末時点の住民基本台帳に基づく人口の動態調査によれば、日本の人口は07年以来3年ぶりに減少に転じ、昨年より1万8323人少ない1億2705万7860人になったそうです。 

  住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成22年3月31日現在)


少子高齢化のため死亡数が出生数を上回る自然減少が3年連続で拡大し、過去最多の7万3024人を記録。
帰国者などの転入が転出より多い社会増加は5万4701人でしたが、差し引きでは減少となっています。

総務省は「高齢化を受け死亡数は増加する傾向で、本格的な人口減少社会に入った可能性がある」と分析しています。


死亡数は1980年3月の調査開始以来、最も多い114万6105人、また出生数は2年連続減で、06年に次いで過去2番目に少ない107万3081人でした。
自然増減は06年に初めて減少に転じ、07年に一時増加したものの、08年以降は減少が続いています。

また、08、09年には企業の海外展開縮小などの影響から日本人が帰国する傾向が強まり、社会増が自然減を上回っていましたが、これには引っ越しで転出届を出したが転入届を出していないケースや、外国人の日本国籍取得も影響したのではとしています。


人口の多い市と少ない市


都道府県別では人口が多い順に東京都(1260万9912人)、神奈川県(888万5458人)、大阪府(868万3035人)、愛知県(723万7612人)、埼玉県(712万3084人)となっており、これに千葉県、兵庫県、北海道、福岡県を加えた上位9都道府県で、全国人口の半分以上(52.60%)を占めています。

一方、人口が少ないのは、鳥取県(59万5331人)、島根県(72万3182人)、高知県(77万2401人)、徳島県(79万6897人)、福井県(80万9465人)の順でした。


地域別では東京、名古屋、関西の3大都市圏の人口が6417万1324人と、全人口の50.5%を占め、過去最高を更新しています。

また合併で町村が減って市が増えたこともあり、全国の市と東京23区を合わせた人口が全体の90.5%と、初めて9割を超えたことも明らかになっています。


 人気ブログランキング参加中・・・100万人都市は11市、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1311-95a022d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。