東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GFPを使い有害金属検出に新手法
宇都宮大学農学部前田勇准教授(微生物工学)らの研究グループが、緑色蛍光タンパク質(GFP)を利用し、ヒ素やカドミウムなどの有害金属の有無を容易に検出できる手法を開発、論文がオランダの専門誌に発表されています。

  Application of fluorescent protein-tagged trans factors and immobilized cis elements to monitoring of toxic metals based on in vitro protein–DNA interactions


前田准教授らは、様々な環境変化に順応して生きている微生物の能力を有害物質バイオセンサーとして活用できないかと、微生物のもつタンパク質と環境中の有害物質、あるいはタンパク質とDNAの相互作用について研究を続けてきました。

新手法では、特定の有害金属と結び付く性質を持つタンパク質の一種とGFPを融合させた組換えタンパク質と,その結合領域DNAをセンサー素子として利用しています。

組換えによる人工タンパク質と検体を容器に投入、容器内には金属と結び付かずに余った人工タンパク質が付着するよう特殊な加工が施してあり、金属と結び付いた分を洗い流し、容器に付着した分の光量を測定します。
金属濃度が高ければ付着は少なく弱い光になり、逆に濃度が低ければ付着は多く、強い光になる仕組みです。

これまで有害金属を調べるには大がかりな装置を必要としましたが、この手法によればその場で検査が可能となるほか、所要時間も約30分と迅速、かつコスト面においても10分の1程度に圧縮できるとのこと。
さらに、人工タンパク質は粉末にできるため、保存性も良く測定装置も手で持ち運ぶことができます。
グループでは関西電力の協力を得て、1~2年後の実用化を目指すとしており、今後食品や土壌の安全確認をはじめ、発展途上国での井戸水検査など、多方面での活用が期待されるところです。


前田准教授は「現段階で有無が分かるのはヒ素とカドミウム、鉛の3種。他の有害金属も調べられるようにし、所要時間も5分にしたい」とコメントしています。」

 人気ブログランキング参加中・・・微生物の環境順応能力にも驚き、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1342-6d52884e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。