東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる遺伝子組み換えサケ
FDA(米食品医薬品局)は、米国のバイオベンチャー企業アクアバウンティ・テクノロジー社が開発した遺伝子組み換え(GM)技術により通常の2倍の速さで成長するアトランティックサーモン(大西洋サケ)について、食べても安全性に問題はないとする評価結果をまとめ、食品流通が認められる公算が高くなってきました。


このサーモンは「アクアドバンテージ」と命名され、今月19日から開かれる専門会合や公聴会で承認の是非を検討。
「食品としての安全性は通常のサーモンと同等」などとする評価案を提示し、数週間後に最終判断する予定となっています。

評価案などによれば、サーモンは水が冷たい季節は成長ホルモンを作らず成長が遅くなり、出荷する大きさになるまで30ヶ月前後かかります。
そこで、年間を通して成長ホルモンをつくるゲンゲ科の魚の遺伝子をサーモンに組み込み、寒い季節も成長を続けさせ、16~18ヶ月と養殖機関の大幅な短縮が可能になりました。
さらに飼育期間が短い分、餌の量も2割近く少なくてすみ、排泄物が減るため病気や寄生虫も発生しにくいとしています。


これまでにも紹介してきたように世界では、穀物などにはGM技術が広く取り入れられていますが、食用の動生物での承認例はなく、肉などへの安易な技術拡大、養殖場から逃げ出したGMサーモンが野生化し、天然種と交雑する遺伝子汚染を心配する声も出ています。

FDAの分析では、ビタミンやミネラル、脂肪酸などの成分は通常の大西洋サケと変わらず問題はなく、養殖も内陸に限定され、生産されるGMサーモンはすべてメスで生殖能力もないことから、生態系に深刻な影響を及ぼすことはまずないとしています。


現在日本にも年間2万5000トン前後のアトランティックサーモンが輸入されていますが、トウモロコシや大豆などと同じように加工品として知らないうちに私たちの口に入る可能性についても気になるところです。

米国でもGMサーモンが実際に食卓に上るのは2~3年後とみられますが、輸入食品を審査する厚生労働省は「今回のサーモンの輸出については、打診も含めてまだ何も来ていない」とコメント。
また消費者庁は「日本に入ってくる状況ではないので未検討」としていますが、遺伝子を含むタンパク質が残る食品については、GMの表示義務を課す可能性が高いとしています。

GM穀物を原料にした食用油やしょうゆ、GM穀物を飼料に育った牛肉などについては、GM遺伝子が残らないとされていますが、今回のサーモンはそれ自体がGMであるため、養殖コスト節減を狙い、各国に広まる可能性もあります。
今後、表示をどうするかなど今から考えておくべき問題点は多々あるようです。


こうしたFDAの動きに対し、長期的に食べた場合の安全性が分からないなどとして、食品安全の専門家や環境保護団体は承認反対に向けた活動を予定しています。

一方、アクアバウンティーは許可が下り次第、遺伝子組み換えサケの卵を世界中に売り出す構えをみせており、スーパーの鮮魚売り場で「遺伝子組み換え」と表示されたサケの切り身やイクラのパッケージを前にして悩む日も近いかも知れません。


 人気ブログランキング参加中・・・苦労して釣ってこそ価値があるのでは、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1353-28ffa76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。