東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙できない理由は多忙?
10月からのたばこの値上げを控え、製薬会社や、衣料品大手などが行った調査によれば、半数以上の人がこれを機会にたばこを止めようと考えていることが明らかになっています。

禁煙を決意した理由としては、これまでトップだった健康に留意してを抑え、お金のためとする人が最も多いことも分かりました。

  職場における受動喫煙防止対策等実施状況調査結果概要


一方、人事院が行った受動喫煙防止対策調査によれば、庁舎内を全面禁煙にしている中央省庁や出先機関は5年前の83官署(9.8%)から2倍以上に増えたものの、まだ全体の24%・192官署にとどまっている実態も公表されています。

特に中央省庁で全面禁煙なのは、禁煙を推進する立場にある厚生労働省と、同じビルに入居している環境省だけで、残りは分煙でした。


全面禁煙が広がらない理由について、人事院の担当者は「たばこを吸うたびに外に出ると席を離れる時間が増える」と指摘、多忙が原因との見方を示しています。

なお、調査は非現業の国家公務員(約30万人)が勤める国の機関のうち、中央省庁36、出先の管区機関173など計800を対象に、今年5月1日時点で実施。

指針に示されているように、すべての官署において全面禁煙もしくは空間分煙が実施されており、喫煙場所として中央省庁の86%、管区機関の82%が個室型の「喫煙室」を設けていました。
しかし、喫煙場所の管理権を持つ533機関のうち、中央省庁の87%、管区機関の91%では、全面禁煙への移行を「今のところ考えていない」と回答しています。


 人気ブログランキング参加中・・・歩行喫煙は何とかしてほしい、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1364-8909f3b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。