東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算26年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光で曲がる新高分子材料を開発
理化学研究所の相田卓三グループディレクター(化学生命工学)らのチームが、光をあてるとヒトの筋肉と同じような仕組みで曲がる高分子フィルムの開発に成功し、5日付の米科学誌サイエンスに発表しています。
筋肉のように効率よくエネルギーを力に変換できる技術は、今後ロボットなどへの利用や、太陽電池の素材として応用できる可能性もあり注目されるところです。

  Large-Area Three-Dimensional Molecular Ordering of a Polymer Brush by One-Step Processing


チームが開発に成功したのは、5mm四方の大きさの高分子フィルムで、光をあてただけで大きく曲がります。
このフィルムのもとになる1個の高分子は、光があたると変形する性質を持っていますが、これまでの技術では、フィルムのような大きさにすると、こうした曲がる性質はみられなくななりました。

ポリマーブラシで作ったフィルム


研究グループは、フィルムを作る方法を改善し、特殊なシートの上で熱と圧力を加える方法で作製したところ、光をあてただけでフィルムが大きく曲がるようになったとのこと。

このフィルムがどのような構造をしているか、大型放射光施設「SPring-8」(兵庫県佐用町)で特殊な光を使って調べたところ、一つ一つの高分子が規則正しく並んでいることがわかりました。
これは、ヒトの筋肉が一つ一つの筋繊維を同じ方向に動かすことで、効率よく力を発揮する構造とよく似ていることから、研究グループの福島孝典チームリーダーは「筋肉のように効率よくエネルギーを力に変換できる技術で、新材料研究に応用したい」とコメントしています。

また、高分子の伸び縮みする部分を、光を当てると電気を流すような構造に置き換えることで、太陽電池の素材への応用も可能になるとのこと。

  プレスリリース


 人気ブログランキング参加中・・・人工筋肉の開発につながる成果か…、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1406-8c430446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫、アマ無線、落語、音楽(J-POPから現代音楽までジャンルを問わず)。
シニアスキーヤーとしてシーズン中は道央エリアを中心に活動中、ススキノへも度々出没。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。