東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤクルトの立体商標認められる
乳酸菌飲料でお馴染みのヤクルトの容器の形状を他社商品と識別できる「立体商標」として認めないのは不当だとして、ヤクルト本社(東京都港区)が特許庁審決の取り消しを求めていた訴訟の判決で、知的財産高等裁判所は16日「長年の使用、販売実績から他社商品との高い識別力を持つ」との判断、請求通り審決の取り消しを命じています。


ヤクルトのプラスチック容器


日本の立体商標をめぐっては、1997年商標法改正によってこれまで文字や模様などに限られていた商標登録が、人形や容器、看板などの立体物にも拡大され、商標法で保護されるようになりました。

今回の判決のように、長年使用されて認知度が高く、他商品と識別できることが認定の要件となっていますが、文字や図柄のない、容器の形そのものが認められたケースとしては、以前ブログでも紹介したコカ・コーラの瓶に次ぐ2例目となります。


  立体商標って何だ?


知財高裁の中野哲弘裁判長は、コカ・コーラ訴訟と同様にヤクルトが現在の容器になった68年以降、40年以上形が変わらず、販売実績もあると判断。
さらに「容器の立体的形状は、商品名と同等かそれ以上に顧客の目につきやすい強い印象を与えるものと認められ、他社商品との識別力を得ている」として、販売時の容器にヤクルトの商品名が付され出願商標と同一でないとする特許庁審決を覆しています。

特許庁によれば立体商標の登録件数は昨年末の時点で約1600件に上り、今後長年にわたる販売実績で身近に親しまれている商品保護をめぐり司法判断に委ねる動きが加速しそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・マグライトが認められるなか角瓶の逆襲は? こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1416-5409bf11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。