東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の主流はA香港型
秋田県北秋田市綴子の病院で高齢者8人が集団感染で亡くなるなど、インフルエンザが流行の兆しをみせており、今シーズンは例年に比べ早くなることが予測されています。
全国約5000の定点医療機関からの報告を集計している国立感染症研究所によれば、この時期としては2000年以降で3番目に多い患者数とのこと。


インフルエンザ予防で実践していること


昨シーズンは新型(H1N1)が猛威をふるいましたが、今夏からの中国本土や香港での大流行をはじめ、先の北秋田の病院でも検出されたウイルスはA香港型(H3N2)でした。
ここ5週間で最も多く検出されているのはA香港型で、次いで新型、B型と続いています。


元小樽市保健所長で以前ブログでも紹介した、医学ジャーナリストの外岡立人氏は「この4年間、日本でA香港型は流行しておらず、日本全体でこの型に対する免疫が下がっている。季節性の流行は例年では最も寒い1月ごろに始まるが、新型流行で昨シーズンの季節性の流行が抑えられていたこともあり、今年はもっと早く始まる可能性がある」と指摘しています。

  鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集(外岡立人HP)


流行に備え、ワクチンの接種は有効ですが、ワクチンは接種後、2~3週間ぐらい経過しないと抗体ができないため、本格的な流行が始まる前の接種が求められるところです。
なお、高齢者8人が亡くなった北秋田市の病院でも10月末に入院患者患者全員に予防接種を実施していましたが、まだ免疫がついておらず効果が出なかったものとみられます。

また、昨シーズンに新型や季節性のワクチンを接種した人も、改めて今年のワクチンを打つ必要があります。
さらに、乳幼児や高齢者はインフルエンザで肺炎を合併する率が高いので、できれば肺炎球菌ワクチンの接種も一緒に行なうことが勧められます。

外岡氏は「今シーズンは流行期間も長引きそうで、適切な対策がとられないと10年ぶりに2万人を超す死者が出る可能性がある」と指摘。
感染症研究所でも「昨シーズンは、新型インフルエンザの流行が夏に始まり、11月下旬がピークとなる変則的な状況だったが、今シーズンは昨年、07年に次ぐ患者数だ」としています。

昨シーズンの新型は15歳以下の若年層の感染が中心でしたが、A香港型は若年層から高齢者まで幅広く感染する傾向があります。
同研究所では感染を広げないためにも、電車やバスで通勤する会社員は発熱などの症状が出たときは出歩くのをやめ、自宅で療養すること。
せきやくしゃみが出たらマスクをするなどして、口と鼻を覆い“せきエチケット”の励行のほか、症状が出たらすぐに医療機関を受診するよう呼びかけています。


 人気ブログランキング参加中・・・予防接種は早めに、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1417-205daba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。