東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンモニアが次世代エネルギーに?
アンモニアを合成する際に大幅なコストダウンが期待できる新手法を、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻西林仁昭准教授(触媒反応工学)らのチームが開発し、5日付の英科学誌ネイチャー・ケミストリー電子版に発表しています。

  A molybdenum complex bearing PNP-type pincer ligands leads to the catalytic reduction of dinitrogen into ammonia


アンモニアは現代生活において、医薬品、工業製品を合成する上での一次原料として重要な化合物です。
また窒素と水素からできており、燃やせば化石燃料と同じようにエネルギーとなって、しかも排出されるのは二酸化炭素ではなく窒素と水だけであることから、西林准教授は環境にやさしい21世紀を担う次世代のエネルギーとして注目してきました。

比較的液化しやすく貯蔵に向くほか、簡単に水素と窒素に分解できるので、期待が大きい燃料電池の開発のネックになっている水素の供給源としても期待ができます。
しかし、アンモニアを工業的に作るためには、400~600℃、200~400気圧という高温高圧状態での過酷な反応条件を要し、そのために相当な化石燃料が消費されます。


一方、自然界では大気中の窒素を植物が取り込み(窒素固定)、アンモニアへと容易に変換し、生物はそれを窒素源として体内に取り込み生活しています。
西林准教授はマメ科の植物ゲンゲ(レンゲソウ)が根の中で、バクテリアが持っているモリブデン含有酵素ニトロゲナーゼの力を借りてアンモニアを作ることに注目。
この酵素の主要部分の構造をまねた化学物質を触媒として使い、常温常圧でアンモニアを合成する方法を編み出しています。

その後、工業化に向けさらに改良を加え、省エネルギー型の新しい窒素固定法の開発に取り組んできました。
チームは、反応を促す触媒としてモリブデンを含む化合物を新たに開発。
有機溶媒にこの触媒と、水素供給のための物質などを混ぜ、窒素を満たした試験管に入れると、20時間ほどで効率良くアンモニアができました。

この方法なら、ほかのエネルギーは不要で、常温常圧という穏やかな条件でも化学反応が進むとしており、西林准教授は「今回の発見は、化石燃料に代わる次世代エネルギー源への重要なステップ」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・アンモニアが人類を救うかも知れない、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1438-76fe3c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。