東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然ウナギの卵発見される
東京大大気海洋研究所行動生態計測分野の塚本勝巳教授らの研究チームが、日本から約2000km南にある太平洋・マリアナ諸島西方沖で、天然のニホンウナギの卵31個の採集に成功したことが明らかになっています。

ウナギの生態には謎が多く、亜種も含め19種いるウナギの天然卵を見つけたのは世界初の快挙となり、産卵場所の特定のみならず、新月に合わせて産卵するとの説も証明された形となりました。

日本は世界のウナギ消費量の70%を占め、その殆どは半養殖で、回遊する天然の稚魚(シラス)を捕獲しウナギの養殖業者が買い取って1年以上かけ成魚に育てて出荷されています。
資源の激減が大きな問題になっているなか、チームは「(卵からの完全な)養殖技術の促進や、ウナギの保全と国際管理の科学的根拠になる」として、1日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表しています。

  Oceanic spawning ecology of freshwater eels in the western North Pacific



ウナギの卵は古代ギリシャから続く謎で、哲学者アリストテレスは「ウナギは泥の中から自然発生する」と書き残しています。
また、ニホンウナギの回遊や産卵生態の調査をめぐってこれまでブログでもたびたび紹介してきたところです。

  ウナギの生態解明に道
  ウナギの産卵場確定か?


ニホンウナギの産卵場所


ニホンウナギの産卵地探しは、1930年代から始まっています。
塚本教授らは、2006年2月、マリアナ諸島の海域でふ化直後の仔魚の大量採取に成功したと発表。
海流などから逆算し、産卵地点をグアム島北西部の海底火山「スルガ海山」付近と特定されていました。

さらに周辺海域を調べた結果、09年5月22日未明、マリアナ海溝近くの10km四方の海域で、ニホンウナギのものとみられる受精卵を発見、遺伝子解析で31個を天然卵と確認しています。
ニホンウナギは水深200mで産卵し、卵は1日かけて水深約160m、水温約26℃の海中までゆっくりと上がりながらふ化することも分かりました。
卵の直径は平均1.6mmで受精後約30時間とみられ、約36時間でふ化することから、船上でふ化した卵もあったとのこと。

昨年4月グループは世界で初めて、ニホンウナギの卵からふ化させた仔魚を成魚に育て、その成魚から採卵して再びふ化させる完全養殖に成功していますが、稚魚が育つ割合が低く、コスト面の課題もあって、実用化には至っていないのが現状です。
今回現場を押さえたことにより、産卵場所の海中の塩分濃度などを詳細に調べることで、より養殖に適した環境を再現できる可能性があり、養殖技術の発展にも大きく貢献することが期待できそうです。


天然の稚魚の漁獲量は乱獲や環境悪化で、最盛期の70年代の1~2割まで減少しており、またウナギの産地を偽装する事件も後を絶ちません。

同センターでは「天然卵採取で分かった適切な塩分などの水質や水温は、養殖技術に役立つはず。完全養殖の実用化にも応用が期待できる」とコメントしています。


 人気ブログランキング参加中・・・蒲焼きの将来は明るいぞ、こちらにも期待→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1486-9a0d9b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。