東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むし歯の原因酵素の構造を解明
静岡県立大学伊藤圭祐助教京都大学の岩田想医学研究科教授などの研究チームが、むし歯の原因となる酵素の立体構造を分子レベルで解明したことが明らかになっています。

構造情報を基に、酵素の働きを抑える虫歯予防物質の開発が期待できるとして、成果が米科学誌Journal of Molecular Biology(電子版)へ掲載されるとのこと。

  虫歯の病原因子である酵素の立体構造を世界で初めて解明(プレスリリース)


むし歯(う蝕)は全世界人口の7割、日本人の約9割がかかる身近な生活習慣病であり、糖類の摂取が原因となって発症することは周知の通りです
う蝕は進行に伴い、痛みや歯を失うのみならず、長期間放置すると場合によっては敗血症を併発し死亡することもあります。
また、う蝕発症の原因となる歯垢(プラーク)は口臭や歯周病、誤嚥(ごえん)性肺炎の原因ともなります。

う蝕の病原因子としては、これまで口腔内に常在する細菌ストレプトコッカス・ミュータンスに由来する酵素である「グルカンスクラーゼ(GSase)」が同定されています。

口腔中に砂糖があると、まずGSaseにより粘着性多糖であるグルカンが合成されます。
さらに、グルカンは食べカスや他の口腔細菌を巻き込んでプラークを形成し、内部で口腔細菌が増殖します。
プラーク内部で口腔細菌が産生する酸のために歯が脱灰して、う蝕が進行します。


虫歯の発症メカニズム


GSaseの働きを抑えればう蝕の発症リスクが減り、これまで緑茶に含まれるカテキンなどのポリフェノール類に抑制効果があるとされてきましたが、より効果的に抑制するには酵素の分子レベルでの解明が不可欠でした。

研究チームは、この酵素を結晶化し、規則的に並べた上でX線を当てて結晶内部の配列を特定、立体構造を解明しました。
またグルカンが合成される際に、酵素が分子レベルでどう働くかについても明らかになっています。


近年、う蝕の治療方法に重きがおかれた従来のむし歯研究に対して、その原因や成り立ちを研究する分野、カリオロジーが注目されてきました。
カリオロジーとは、う蝕を意味する「カリエス(Caries)」と、学問を意味する「オロジー(ology)」が結合してできた言葉です。
これまでう蝕はミュータンス菌などを原因とする感染症であることは分かっていたものの、予防のためにはプラークコントロールや食生活改善などに頼るしかなく、私たち歯科医も期待した効果がでなく歯がゆい思いをさせらることも少なくありません。

今後、ポリフェノール類などのう蝕抑制効果の作用機序が明らかになることによって、GSase阻害物質の探索・設計が可能となり、より効果的なう蝕予防につながるものと期待されます。


 人気ブログランキング参加中・・・治療法が一変する可能性もありそう、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1502-45b04c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。