東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3種の神器はPC・携帯・デジカメ
クラレが「現代家庭の情報生活」をテーマ行ったアンケートによれば、現代の3種の神器は「パソコン」「携帯電話」「デジタルカメラ」との結果がでています。

  現代家庭の情報生活


調査は昨年9月、首都圏と近畿圏に居住する計500世帯を対象にインターネットにより実施。
それによれば「現在所有している情報化製品」(複数回答)のトップはパソコンで、99.2%を占めています。

  ①パソコン-------99.2%
  ②携帯電話-------98.0%
  ③デジタルカメラ----92.4%
  ④ネット回線------87.4%
  ⑤テレビ録再機-----66.4%
  ⑥ケータイゲーム機---60.8%
  ⑦テレビゲーム機----59.4%
  ⑧ハイビジョンテレビ--58.0%
  ⑨ラジオ・オーディオ機器54.0%
  ⑩ファックス------53.8%


前回2000年調査では1位のパソコンは64.0%で、2位以下はファックス59.3%、携帯電話(通話のみ)56.1%、ビデオカメラ55.6%、携帯電話(ネット機能付き)44.9%と続いていました。
またデジタルカメラは18.1%で10位となっており、同社ではこの10年でもっとも普及した製品の1つと分析しています。

また「近い将来購入したい情報化製品」としては携帯情報端末機器が17.6%で最多となっています。
2位以下は、ハイビジョンテレビ、デジタルフォトフレーム、ビデオカメラ、テレビ録再器、パソコン、携帯音楽プレーヤーと続いています。


今や電子書籍やスマートフォンなどの新型情報端末機器が登場、携帯電話の高機能・多機能化により、さまざまな情報が得られる時代になり、通話のみの携帯電話が存在した10年前が懐かしくさえ思われます。

暮らしの中で液晶に代表されるフラットパネルディスプレイを眺めている時間が長くなり、1日平均5時間半という結果も出ています。

時刻表や地図、辞書といった、かつては一家に1冊常備されていたものも、今やネットワークツールで見ることが普通になりつつあります。 
今後、旧来の情報ツールである新聞や雑誌、書籍との住み分けもまた気になるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・ただしネット調査であることも考慮に、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1507-5bb93f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。