東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ過ぎを尿で判定
計量器メーカーのタニタが尿中の微量な糖分を計測することにより「食べ過ぎ」であるかどうかを手軽に判定できるダイエットチェッカー「QM-300」の試作モデルを発表しています。

  プレスリリース


食事で摂ったご飯やパン、イモ類などの糖質(主に炭水化物)は、ある一定ラインを超えると脂肪になり太る原因となります。
同社の研究によれば、食事で過剰に糖質を摂ると、尿中の糖分が多くなることが判明。
尿中に排出される微量な糖分を計測することで食べ過ぎを判定できる携帯型の試作機を開発、2年以内の商品化を目指すとしています。


食後における尿中の糖分変化    ダイエットチェッカー試作機


試作機はハンドバッグに入るサイズで、食事をしてから2時間後に、センサー部分に尿をかけて糖分量を計測。
尿中の微量な糖分を3極式4層の薄膜機能層からなるシングルチップのバイオセンサーで検知し、同社独自のアルゴリズムで解析、食べ過ぎかどうかを数値と5段階のアイコンで表示します。

なお、食べ過ぎを判定する新指標としては「ミール」という独自に設定した単位を使用し、0~1000ミールの範囲を計測・表示する機能を持ています。

同社では2時間後のミール値が一定ライン以下のであれば糖質が原因で太ることはないとみていますが、この境界値については現在調整中で、もう一段の研究が必要になるとのこと。

なお、製品化に向けては糖分だけでなく、尿中のさまざまな成分を総合的に測定できる仕組みを開発し、価格も1万円前後に抑えたいとしています。


日本人男性の7割 女性の9割体重管理を心がけているとの調査結果もあり、ダイエットに対するニーズは年々高まっています。
しかし、これまで食べ過ぎを判断する指標はなく、摂取エネルギ量が使われてきました。
摂取エネルギは食品に表示されているエネルギ量から求めることができますが、すべてを計算するのは手間がかかり、またエネルギーの吸収率には個人差もあるため、正確には分からないのが現状です。

同社では、食べ過ぎを容易に判定できるようになれば、ダイエットに成功しやすくなるとともに、さらなる健康ニーズを創出していきたいとしています。


 人気ブログランキング参加中・・・2時間後に後悔することになりそう、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1508-323bb397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。