東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチ公はがんだった
東京大学大学院獣医病理学研究室の中山裕之教授らのグループが、同大学で死後76年間保存されていた忠犬ハチ公の臓器を分析したところ肺と心臓に広範ながん病巣が見つかり、ハチ公の死因として重要であったとの見解が発表されています。

  新たに判明した忠犬ハチ公の死因について


飼い主の上野英三郎氏が亡くなった後も約10年間にわたり渋谷駅前で帰りを待ち続け、忠犬として有名になったハチ公ですが、1935年3月8日、渋谷川に架かる稲荷橋付近の路地で死亡しています。
その後、遺体は剥製にされ、国立科学博物館に保存されていますが、飼い主が東京帝国大教授だったことなどから、心臓と肺、肝臓、脾臓などもホルマリン液に漬けて農学生命科学研究科で保存されたのだそうです。

死後間もなく同大において病理解剖が行われ、心臓と肝臓に大量のフィラリアが寄生し、そのために腹水が溜まっていた事が明らかになり、長年これが死因とされてきました。


しかし、この臓器を詳細に観察した記録がないことに気づいた中山教授は、昨年暮れから磁気共鳴画像装置(MRI)と顕微鏡を使って分析を行いました。
その結果、心臓と肺の広範囲に悪性腫瘍を確認、肺で発症し心臓に転移した可能性が高く、死因の1つと結論付けるとともに、フィラリア症に感染していたこともあらためて確認しています。

中山教授は「どちらが直接の死因になったかは分からないが、両方とも死因になりうる重大な病気だ」とコメントしています。


ハチ公         ハチ公と銅像


ハチ公は雄の秋田犬で23年生まれ、生後約2カ月で上野氏のもとに貰われてきました。
ハチという名前は、同氏が育てた8番目の犬であること、また、座った時に足の揃え方が「八の字」みたいだったから、と言われています。
しかし25年5月に上野氏が大学内で急死したため、ハチ公は近所に住む上野家の庭の手入れをしていた植木屋に引き取られていきます。
その後も渋谷駅周辺に出没することになりますが、帰らぬ飼い主をずっと待ち続けているとして、32年10月の新聞が写真入りで紹介したことがきっかけになり、一躍有名犬となります。

折しも時代は第2次大戦直前、主人に忠節な犬というのが「お国ために命を捧げろ」という当時の道徳教育上、好都合であったことから、教科書にも取りあげられました。

  忠犬ハチ公のおはなし


しかし、ハチ公の忠犬ぶりには異論もあるようです。
主人の生前も死後も毎日のように渋谷駅に現れる本当の理由は、駅前の屋台の焼き鳥屋から貰えるエサが目当てだったという説があります。

今となっては生前のハチ公を知る人も少なくなってしまいましたが、いつも改札の前に寝ていてじゃまな犬だったなどと、祖父母(故人)が語っていたのを覚えています。
主人を待っていたというよりは、むしろ暇つぶしに来ていたようで、当初の評判はあまり芳しくなかったものの、昼にはよく駅員さんの弁当を分けてもらって食べていたとのこと。
映画やテレビドラマではアイドルとして美談に仕立てられた感がなくもありません。

ところで、晩年の写真では左耳が垂れていますが、これは生まれつきのものではなく、皮膚病による後遺症によるものだそうで、国立科学博物館に展示されているハチ公の剥製の耳は両耳ともピンと立っています。


 人気ブログランキング参加中・・・ハチの銅像は生前に建立されていた、こちらもポチッと→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
Radiation detector
安価なガイガーカウンター http://www.soeks.co.uk
【2011/06/22 03:37】 URL | Stas kahn #NCaTpkDw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1516-4e6629b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。