東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外務省が北朝鮮からの支援を黙殺
外務省のHPの「東日本大震災関連情報」によれば、諸外国からの物資支援・寄付の一覧リストが公表されています。

それによれば4月28日現在、これまでに146カ国・地域及び39国際機関から支援の申し出があったとのこと。

  各国・地域からの支援状況



すでに計104の国・地域・機関から寄付金70億円以上と物資を受領しています。

リストを見ると、米国の物資支援が充実しており、寝袋、簡易ベッド、石油ストーブ、灯油などの生活物資のほか消防車2台、ポンプ5機、淡水を積載したバージ船2隻など、群を抜いていることが分かります。

支援は日本と国交のある国に限らず、台湾は発電機680台、防寒着を含む衣類4488箱などを、実質的な外交窓口となる財団法人「交流協会」を通じて支援しています。


ところで、朝鮮中央通信によれば、北朝鮮の朝鮮赤十字会は3月14日「多くの人命被害と損失に深い同情と慰めの言葉を送ります」との見舞いの文を日本赤十字社宛に送付。
その後、北朝鮮は東日本大震災の被害者向けに10万ドル(約810万円)の支出を決め、25日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の代表者が日本赤十字社に支援金を手渡しています。

しかし、外務省の支援表明国一覧に北朝鮮の国名は見あたりません。
今回の北朝鮮の支援金寄付は日本のメディアでも報道されており、同省報道課の担当者は黙殺した理由を「日本の外務省に支援の通知があった国・地域だけをHPに載せている。北朝鮮は赤十字社を通じた支援であり外務省には通知がなかった」と回答。
今後も通知がない限り載せることはないとしています。

なお、過去にも95年の阪神大震災、04年の新潟中越地震の際にも同じく赤十字ルートで見舞金が送られている経緯があり、拉致問題などで解決すべき重大な外交問題があるとはいえ、外交儀礼上謝意だけは伝えるべきではなでしょうか。

もしも両国が逆の立場だったとすれば非礼な国だとして問題となったかも知れません。
また、本音では北朝鮮との対話を進めたい外務省にとって、寄付の機会を逆に利用する手もあっただけに外交の停滞を招いたことは否めません。


 人気ブログランキング参加中・・・助け合いは人類共通の理念、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1554-37d9dfb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。