東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国でスイカ爆発事故?
国・江蘇省で収穫前のスイカが次々に爆発する奇妙な現象が発生し、中国国内のみならず海外でも大きな注目を集めています。
中国メディアは「地雷」と称して大きく扱い、また海外メディアも「中国最新の食品安全問題のスキャンダル」などと報じ、植物の成長促進に使われる農薬が原因である可能性を指摘、中国における食品安全の問題が改めて浮き彫りとなっています。
なお、地元当局は「スイカ爆発事故調査チーム」をつくり、調査に乗り出しているそうです。

  外媒关注中国西瓜变地雷 称是食品安全新丑闻



国営中央テレビ局(CCTV)などによれば、スイカの爆発現象が起きているのは、同省丹陽市のスイカ畑で、今月初めに植物成長促進剤のホルクロルフェニュロンを散布したところ、その数日後に収穫期を迎えていたスイカが、次々と自らはじけて割れてしまったとのこと。

スイカ農家の男性は、「7日の朝には80個のスイカが割れているのを確認した。だが、午後には100個に増え、2日後には数えるのをやめた」と語っており、最終的には、収穫の3分の2以上に相当する50ヘクタール分のスイカが台無しになってしまったとしています。


爆発したスイカ    原因は成長促進剤か


農業におけるホルクロルフェニュロンの使用は、中国では法的に認められていますが、米国の場合はブドウとキウイフルーツ栽培に限られています。


一方、中国メディアは、ホルクロルフェニュロンを使用していないスイカ農家でも同じ現象が起きていると報じ、専門家の話として、日照りが続いた同地で突然に豪雨が降ったことが原因との見方を伝えており、またスイカがはじける現象は、皮が薄い種において珍しいことではないとしています。

しかし、このような農薬は一種のホルモン剤で、植物の成長が非常に悪い時に使用され、スイカの場合まだ卵くらいの大きさの時期が対象だとして、使用法の誤りを指摘する声もあります。


何れにしても今回のように出荷を前に大量のスイカが割れる現象は尋常ではなく、化学物質に依存する中国農業に対し、見て見ぬふりを続けてきた当局の姿勢がまた問われることになりそうです。


 人気ブログランキング参加中・・・割れたスイカは近所の豚の餌に、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1564-f240f75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。