東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光促進付加金って何だ?
4月分から電気料金請求書の項目に新たに「太陽光促進付加金」なる項目が追加されています。
一方で、今回の原発事故の賠償金確保のため、政府が引き上げを画策している「電源開発促進税」は明記されないままとなっています。


太陽光促進付加金


一般家庭にある太陽光パネルで作った電力の余剰分を、電力会社が買い取る制度が既に導入されていますが、太陽光促進付加金は、この買い取りにかかる費用を、利用者すべてが使用する電力使用量に応じて負担するものだそうです。

東京電力の場合、1kwh当たり3銭が料金に上乗せされ、月に300kwhあまりを使用する標準家庭では、約10円の負担となります。
ちなみに金額は各電力会社によって異なり、中部電力は6銭、北陸電力は1銭で計算されています。

  太陽光発電促進付加金(太陽光発電の余剰電力買取制度)


政府は太陽光発電に加え、12年度からは風力、水力、地熱で発電した再生可能エネルギーの全量を買い取り対象とする方針で、現在国会で法案が審議されおり、これらが加わると、標準家庭での負担額は月150円程度になる見込みです。

資源エネルギー庁の担当者は「全量買い取りとなっても、透明性を保つために付加金額の明示は続けたい」とコメントしています。


ところが、明細書に一切登場しない電源開発促進税が問題となっています。
原発被災者への巨額の補償額に対し、政府は「原発賠償機構(仮称)」をつくり、東電を支援する枠組みを検討しており、電力各社の負担金や東電のリストラなどでも不足する分を、電源開発促進税の引き上げで補おうと目論んでいます。
東電が起こした不始末のツケを、全国民に回してしまおうとの考えに他なりません。


同庁によれば電源開発促進税は、1000kwhにつき375円で、標準家庭で年間1400円程度を負担しているそうです。
歳入は本年度予算で約3460億円、大半がエネルギー特別会計に入った後、電源立地対策交付金などとして、発電所がある自治体や都道府県に支給されています。

利用明細書に税額が明示されていないのは、電力会社が電気料金を税金額に発電所の建設費や燃料費、人件費などを加え、一定の利益を乗せして算定する「総括原価方式」を取っているためです。

これまで庶民の電気料金に上乗せされ徴収されてきた電源開発促進税は、原発などの立地に対する見返りとりして自治体に流れていた経緯があります。
多額の交付金は財政難に苦しむ地方自治体にとっては甘い果実となり、反原発運動が封じ込められてきたことは容易に想像がつきます。

増税となれば電気料金に跳ね返ることは避けられませんが、毎月の負担額を明らかにしないままの値上げには疑問が残ります。
しかも、原子力関連の公益財団法人「原子力環境整備促進・資金管理センター」が抱え込む積立金は3兆円を超えることは以前ブログでも紹介したところです。

  原子力関連法人の積立金


使用済燃料再処理等積立金には6年間で2兆4491億円が積み立てられており、この約4割が東電が庶民から徴収したお金であることを考えれば、まずこの原発埋蔵金を還元してから、料金値上げのお願いをするのが筋ではないでしょうか。

また送電と発電の分離により、風力や太陽光、水力など新たな民間発電業者が低額で使用できるよう、電力の自由化路線への転換が求められます。


 人気ブログランキング参加中・・・東電救済のための値上げはおかしい、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/06/14 20:09】 | # [ 編集]

Re: 電源開発促進税について
たなべ さん
原発から火力発電に切り替えに伴う燃料費の増加分が電気料金に上乗せされ、12年度から一般家庭で月額1000円程の値上げになるとの試算が報じられています。

値上げをちらつかせて庶民の反応を見ながら、このまま原発を動かし続けたいとの意図が見え隠れしているようにも思えます。

一方、節電の次は値上げと事故の責任を国民に転嫁、電源開発促進税の金額明示など都合の悪いことは煙に巻きながらやり過ごし、ほとぼりの冷めるのを待ちたいのが本音ではないでしょうか。

【2011/06/16 19:39】 URL | 管理人@ハマネコ #00scrUbg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1570-765766e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。