東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生率上昇するも人口自然減最大に
厚生労働省が発表した人口動態統計(概数)によれば、女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が、2010年は1.39と上昇していることが明らかになりました。

  2010年人口動態統計月報年計の概況


05年に過去最低の1.26となった後に2年続けて上昇したことはブログでも紹介したところです。
その後、08年と09年は1.37と横ばいでしたが、今回0.02ポイント上がり再び上昇傾向となっています。

  出生率が2年連続で上昇

出生数から死亡数を引いた自然増減はマイナス12万5760人で、初めて10万人を超えました。

出生率について厚労省は、30代後半や第2子以降の出産が増えたためと分析していますが、「上昇に転じたものの、少子化傾向は今後も続くとみられる」としています。


出生率の推移


年齢別では、10代後半~20代前半は09年より下がったものの、20代後半~40代後半は上昇。
第1子出産時の平均年齢は29.9歳で0.2歳高くなっています。

また、都道府県別では沖縄が最高の1.83で、次いで島根、宮崎が1.63、熊本1.61、鹿児島1.60の順で、最低は東京の1.12でした。


10年の出生数は107万1306人で、前年の107万35人より1271人増加、また死亡数は119万7066人で、前年の114万1865人より5万5201人増えています。


主な死因別死亡数の割合


死因の最多はがんの35万3318人で30年連続、次いで心疾患18万9192人、脳血管疾患12万3393人と続いています。
がんは81年以降一貫して上昇、昨年の全死亡者に占める割合は29.5%となり、3人に1人ががんで亡くなったことになります。
さらに、がんの死亡数・死亡率を部位別で見ると男性では「肺」が、女性では「肺」と「大腸」が上昇傾向にあることが分かります。


一方、結婚は70万213組で7521組減少、離婚は25万1383組で1970組減っています。
また昨年の平均初婚年齢は、夫が0.1歳上昇し30.5歳に、妻は0.2歳上昇し28.8歳でした。


 人気ブログランキング参加中・・・日本の人口は減少傾向が著明に、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1581-52d06699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。