東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身長が低いほど脳卒中になりやすい?
厚生労働省の研究班「多目的コホート研究」によれば、身長が低いほど、脳卒中のリスクが高いとする結果が発表されています。
遺伝的な要因のほか、幼少期の栄養状態や生活環境などの影響が考えられるとしています。

身長と循環器疾患発症リスクとの関連(多目的コホート研究)

「多目的コホート研究」は、厚生労働省研究班により、全国の約10万人の地域住民から、生活習慣や健康に関する情報などを提供してもらい、10年以上にわたり、どのような生活習慣を持つ人が、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などになりやすいのか、なりにくいのかというデータを追跡調査しています。
これまでブログでも「お酒がリンパ系腫瘍のリスクを低下」「せっかち男性に心臓病少ない?」など紹介したところです。

ちなみにコホートとは、共通の性格をもつ集団のことで、コホート研究とは、そうした「ある共通点を持つグループ」と「属性を持たないグループ」を設定し、それぞれのグループにおける、病気の発生率を比較・検証しています。


身長と脳卒中発症リスク


国立がん研究センターのグループは、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部の4保健所管内に居住している女性1万5564人(40~59歳)について、1990年から2005年まで追跡調査を行っています。
研究開始時に測定した身長によって4つのグループに分類し、脳卒中の発症リスクとの関連を調べたところ、約16年間に、脳卒中565人、虚血性心疾患90人の発症が確認されました。

調査結果によれば、出血性と梗塞性いずれのタイプの脳卒中も、身長が低いほど発症リスクが高かったことが明らかになっており、4グループのうち最も身長が低いグループのリスクは、最も高いグループに比べて約1.6倍に達していました。

欧米の研究で既に同様の報告があり、同センターの研究班は「日本でも、脳卒中の発症リスクに身長による差があることが示された」としています。
さらに、低身長グループでは、身体活動量が少なく、肥満や高脂血症、喫煙、飲酒量が多いなどの特徴があったことを指摘。
「身長は、幼少期の栄養や物質的・社会的環境の影響を受ける。身長と脳卒中リスクとの関連性は、遺伝的要因に加え、こうした影響が考えられる」と分析しています。


 人気ブログランキング参加中・・・私も死ぬ時は脳卒中か…、こちらもオネガイ→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1610-73b4ba11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。