東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉からレアアース回収
秋田大学の柴山敦教授(資源・リサイクル工学)と石山大三教授(鉱床学)らの研究グループが21日、秋田県仙北市の玉川温泉の源泉から湧き出る温泉水に含まれる微量のレアアース(希土類)を500倍に濃縮して固形で回収することに成功したことを発表しています。

玉川温泉水は高温の地底から噴き出す火山性酸性水で、多くのレアアースを溶かしていることから、同教授らは約5年前から取り出す研究を続けてきました。

源泉の下流500mの地点で水素イオン指数(pH)1.2の強酸性の温泉水を採取。
これに水酸化ナトリウムを入れて中和し、主成分の鉄と共にレアアースを沈殿させ固形物として抽出しました。
その結果、ハイブリッドカーのモーターに使うジスプロシウムなど、沈殿物1トンあたり計82g、14種類の取り出しに成功しています。
結果を基に計算すると、玉川温泉は年間750kgのレアアースを流出させおり、このうち520kgのレアアースを回収できる可能性のあることが分かりました。


レアアースの生産量は9割を中国が占めており、同国から日本が年間に輸入する量は3万5000トンに上り、不安定な供給と、価格の高騰がたびたび問題となっています。
今回、試算通りに回収できたとしても量が少なく純度も高める必要があり、すぐに商業利用に結びつけるのは難しいと思われます。

柴山教授は「微量でも温泉水のレアアースを濃縮して固形で回収できた意義は大きい。調査地域を広げ、可能性を探りたい」とコメント。
同大では、回収技術の向上や、純度の高いレアアースの生成などの研究を進めるため、専門機関の設置を検討、総力を挙げて支援していくとしています。


 人気ブログランキング参加中・・・温泉は新たな供給源として注目されるところ、こちらもポチット→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1611-ce3e71c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。