東山歯科クリニック  ~Information~
三浦での開業以来通算25年となりました。これからも身近な話題や、プライベートなことなど気ままに報告したいと思います。お暇な時にふらっと立ち寄っていただければ幸いです。
メインページは東山歯科 HPです
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁国民審査
今回の師走に行われた異例の総選挙は、大方の予想通り自民党の大勝で決着が付きました。
被災地の復興とともに、原発政策のあり方、消費税や憲法9条改正問題など、わが国の今後の進路を決める重要な意味合いを持った選挙にもかかわらず、投票率は59.3%と戦後最低を更新。


「民意」はどこへやら、他党批判に明け暮れた選挙戦にもいい加減うんざりといった声が渦巻く中、結局有権者の4割以上が棄権、国政に対する不信感が浮き彫りとなりました。

また、投票所には行ったものの今回ばかりは入れたい候補者がおらず、白票を投じた有権者も少なくなかったのではないでしょうか。
朝日新聞の集計によれば、小選挙区で、白票や候補者以外の名前が書かれた無効票が約204万票に上り、これは投票者数の3.31%と、最低の投票率にもかかわらず過去最高となる皮肉な結果となっています。



ところで、選挙会場に行くとおまけに付いてくる「最高裁裁判官国民審査」の用紙。
こちらはほとんどの人が白紙で投票しているのではないでしょうか。

憲法第79条において最高裁の裁判官は、任命後初の衆議院議員総選挙の投票日に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙時に再審査を受け、その後も同様とすると定められています。

そのため公示後には、有権者投票の判断材料のひとつとして、審査対象の各裁判官の略歴や関与した裁判で出した判決(少数意見を含む)、心構えなどを記載した「審査公報」が配られています。
しかし、「憲法の番人」と呼ばれる大事な役割を担う判事の情報としてはあまりにも簡単すぎて、各人の顔が見えるまでには至らず、これを持って罷免する裁判官を決めろと言われても判断に困るのが現実でしょう。

棄権(辞退)することも可能だそうですが、かといって受け取った用紙に×印を書かずにそのまま投票箱に入れれば、衆院選の白票とは異なり、すべての判事を信任したこととなります。

投票者の過半数に×印をつけられた裁判官は罷免され、罷免の日から5年間は、最高裁判所裁判官に任命されることができないとされています。
しかし、現在までに国民審査によって罷免された裁判官はいません。


裁判所法では、最高裁は長官と判事14人の計15人で構成されており、長官は内閣の指名に基づき天皇が任命、また判事の任命は内閣が行い、天皇が認証するとされています。
選任にあたっては「識見が高く法律の素養がある40歳以上の者から任命される」と定められているものの、その課程はまったくのブラックボックス状態といえます。

同様の制度を実施している米国では、大統領に指名された連邦最高裁の判事候補者は、上院議会の承認を受ける際に公聴会で様々な厳しい質問を受けることによってチェックされるそうです。


今回審査の対象者となった10人について、審査広報の名前や顔写真、略歴などをじっくり見ましたが、さっぱり分かりません。
最高裁判決は国民生活に直結する重大な事柄だけに、司法への信頼を高めるためにも、任命段階での透明化とともに、メディアを通して判事の情報を国民にもっとわかりやすく公開することが求められるところです。


 人気ブログランキング参加中・・・総選挙も×印を付ける様式にしてみては…、こちらもよろしく→ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://os7.biz/u/iX8E1
【2012/12/19 00:34】 URL | まゆみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://infohdc.blog55.fc2.com/tb.php/1674-436ebee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター


ブログランキング参加中。
こちらもご協力お願いします!
↓ ↓ ↓

MEMO

  • 東山歯科クリニックは京急日ノ出町駅前(横浜市中区)の“インペリアル横浜パークサイド”2階にあります。
    スリーエフ横の通路をぬけると、近道です。
  • 土曜・日曜日も診療しています。

    東山歯科のご案内


    当院では口腔癌検診を行っています。お気軽にご相談下さい。 


ブログ内検索

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

お世話になっている方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

Kiyoshi Higashiyama

Author:Kiyoshi Higashiyama
1981年 東北歯大卒、歯科医師免許取得
      東京医歯大 第2口腔外科入局
1985年 健保川崎中央病院 口腔外科医長
1991年 三浦市にて歯科診療所開設
2007年 横浜市中区に移転
・横浜市歯科医師会会員
・日本口腔外科学会会員

Hobby:猫にこだわる、元祖アキバ系

星陵フィルハーモニー管弦楽団結成に参画、特に現代音楽には造詣が深い。

スキーは学生時代からアルペン競技をかじり、expertを自任。
シーズン中は道央エリアを中心に活動するが、ススキノでの目撃情報多数。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。